折々スケッチ

「はがき絵」透明水彩、ペン、墨などで描いています。想い出話 等も時々・・・

落ち椿

2017年02月22日 | 日記
 
風の強い夕方のウオーキングで落ちたばかりの椿の花を見つけました。
あまりにきれいなので拾って帰りちょっとスケッチ。

 「落ちざまに 虻を伏せたる 椿かな」  夏目漱石

中学だったか高校だったか国語の教科書にあった句です。

名句だとしてもほんとにそんなことが起きたのか、漱石先生の想像なのかと思いました。
それから随分たって何かの本で寺田寅彦も疑問に思い花の落下を観察したことなどを読んで
「ありえる」のだと知りました。高い枝から落ちると多くの花は上向きになり低い枝から
落ちると花はうつ伏せになるのだそうです。

でも、まだ私は家のあたりで「椿の咲く頃にはまだ虻は飛んでないのに」と少し思っています。
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チューリップの芽 | トップ | モデルの花たち »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (のびた)
2017-02-22 07:45:09
すごい観察力ですね
山茶花も終わり 椿も終わりかけて花がまるごと落ちていますね
武士は嫌う椿であったでしょう
伊豆大島の椿まっりは終わったかな?
こんにちは (ひろ)
2017-02-22 17:25:58
のびたさん
さざんかはバラバラ散って 椿はポトリと
季節が移ってゆきますね。
伊豆大島! ここも行ったことなて・・・。
行って見たいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。