折々スケッチ

「はがき絵」透明水彩、ペン、墨などで描いています。想い出話 等も時々・・・

菖蒲 アヤメ

2017年05月16日 | 日記

  「アヤメ」


アヤメは我が家にはないし、花屋さんに切り花として見かけることもあまりない。

先日の同好会でいただいてきたアヤメは翌日つぼみがスッキリ咲きました。
花菖蒲ほどの華やかさも杜若のきりりとした気品も少ないけれど親しみやすい気がします。

まだ10代の頃、学校近くのお宅の塀際にアヤメが沢山咲いていました。
あまりきれいなので私は断りもなく道端に座り込んでスケッチしていました。
しばらくしてその家の方が出てこられ何をお話したか覚えていないのですが玄関の内で
お茶をご馳走になりました。

今ではすっかり様子が変わりそのあたりの道を通ってももうアヤメの家は見つかりません。
あの頃からずっと描き続けていたら・・・いえいえ、まだ、これから・・・と、思いましょ。


今日から「第17回彩青展」が始まります。
昨日は出品者全員と額縁屋さんのGAROさんに手伝っていただいて2時間ほどワイワイと
飾りつけ、持ち寄ったお花も飾って準備OK! 
お客様をお待ちするばかりになりました。


  
「第1回彩青展を開催した蔵のギャラリー」  あら、16年前のこの日は私の誕生日だった
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒトツバタゴの並木 | トップ | ちょっと休憩 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (koto)
2017-05-16 10:57:02
はじめまして
お花の絵、ステキです!!
こんにちは (のびた)
2017-05-16 17:38:20
あやめは古来から楽しめたものですね
潮来や佐原あやめ祭りが有名ですが 実際には花菖蒲が主流です
「第17回彩青展」正解になりますこと願っています
kotoさんへ (ひろ)
2017-05-16 18:30:17
こんにちは。
kotoさんのようにお庭のバラを描くことができると
いいなぁ とうらやましいです。
コメント有難うございました。
のびたさんへ (ひろ)
2017-05-16 18:35:30
今度バスツアーでアヤメ(花菖蒲)を見に行かれるのですね。
彩青展へのびたさんのブログから飛んでこられた
「すーさん」が来てくださいました。
とってもさっぱりした良い方で、東京のうたごえにも
参加されたことがあるとか。
ブログ、のびたさん、・・・どんどんつながります。
感謝!
Unknown (テクテク)
2017-05-16 21:25:18
ひろさん、お疲れ様です(*´ω`)

紫のアヤメが、私には懐かしい感じです。
花びらの質感さえ感じてきます(*´ω`)





素敵なはがき絵でした (スーちゃん)
2017-05-16 21:59:56
きょうは本当に素敵な はがき絵の作品数々を観せていただき、ありがとうございました。
優しさの溢れる絵で、繊細な筆のタッチ、なんだか拝見している私の心のなかもほんわり温かいものを感じる絵でした。
初めてお会いでき、とても嬉しく思いました。
ひろさん、素敵な方でした^^
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
今後益々のご活躍をお祈りしています。
追伸です (スーちゃん)
2017-05-16 22:07:32
あのあと久屋大通のフラリエ庭園に寄ってきました。
初めてなんです、一度行ってみたいと思っていました。
確かひろさんのスケッチにもありましたよね。この場所・・・
まったり散策をしてきました^^
そして、帰りは地下鉄を利用せず、名古屋駅までウォーキングのつもりで歩きました。
帰宅したら万歩計は18,000歩ほどになっていましたよ^^
もう少しお話をさせていただきたかったのですが、次々に来られるお客様の接待でお忙しいことと思い、かえってご迷惑になっては・・と、失礼させていただきました。
テクテクさんへ (ひろ)
2017-05-16 23:10:28
有難うございます。
とっても楽しい一日でした。
アヤメの紫、日本の色だなと思います。
一日でしおれてしまうのが惜しい花です。


スーちゃんさんへ (ひろ)
2017-05-16 23:21:26
今日は遠くから来ていただき本当に有難うございました。
会場に入っていらしても お顔が分からなくてすぐに
ご挨拶できず失礼しました。
それにゆっくりお話しする時間もなくて、ごめんなさい。
フラリエいい所でしょう。
でも、名古屋駅まで歩かれるなんてビックリです!
ブログのご縁に感謝です!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。