折々スケッチ

「はがき絵」透明水彩、ペン、墨などで描いています。想い出話 等も時々・・・

名古屋市野鳥観察館(藤前干潟)

2016年10月19日 | 日記


秋晴の好天、こんな日にはスケッチにと思い立って藤前干潟へ。

絵の橋は「トリトン」名古屋港にある3つの橋の一番西にある赤い橋。
東に白、青の橋へと続きます。

名古屋市港区にある「野鳥観察館」私は初めてでした。
ラムサール条約湿地「藤前干潟」にやって来る鳥たちを見ることができる
施設です。庄内川に面していて中央あたりの干潟のその西には新川、日光川。
潮が引き始めると干潟に沢山の鳥が集まります。
観察館では30倍の望遠鏡が設置され自由に見ることができました。
目で見ただけでは点々なのに望遠鏡で見ると驚くほど鳥たちがはっきり。

狭い干潟に大小の種類の違う鳥が羽を休めているのが不思議でした。
我が家の庭に来るメジロ、シジュウカラ、ヒヨドリは争うのに
「なぜ・・・けんかしないの?」
稚拙な疑問に施設の方は「それぞれ食べるものが違うから争わない」と明快。

鵜は飛んできて水に降りる時、水を蹴立てて水面を滑り、止まると同時に頭を
水に突っ込むのです。まるで頭がブレーキのよう・・・なんだか面白くて。
誰もいない観察室でしばらく楽しんできました。

そのあと館の近くでちょっとスケッチ。



   対岸は三重県の山
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌舞伎の思い出 | トップ | 藤前干潟・野跡(のせき)あたり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (のびた)
2016-10-19 11:48:15
トリトン橋 ツアーで何度も往復した橋です
そしてフェリーで仙台行きの時は ここを2.3度
くぐりましたね 懐かしいです
干潟の鳥 いつまで見ていても飽きないですね
Unknown (ひろ)
2016-10-19 12:12:27
のびたさん
何度も往復ですか・・・私はまだ渡ったことはないです。
近くで魚釣りしたりながめてばかりなのですが
デザインとても好きです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。