行政書士受験2回目合格しそっぱのページ

今年は突破塾で行政書士試験を突破する!日々の勉強、あとは模試やら答案練習、日々思ったこととかをつづりたいと思います。

大原模試 ネタバレ注意(爆)復習

2016-10-15 21:05:35 | 日記
会場受験は今年初でした。本番とは少し違う場所ですが、移動時間はほぼ同じ。開始時間が14時20分ってことを割り引いてもいろいろシミュレーションになりました。
20分早く終わりました、、正直迷ってしまった、、帰りの電車で採点し一通り復習そして帰宅する。
本日の模試の復習
特に記述行政、、最初に書いていたのを書けば合格点突破だった、、行政不服審査法で何とか主義って3つしか出てこない。「職権探知主義、一般概括主義、列記主義」列記主義は再調査や再審査の話が全然出てこないのでまずカット、そして二通りの答を作る。
最初は職権探知主義かと思った。しかし結局答案には一般概括主義を書いた、、正解は職権探知主義、、記述こみで自己採点が172点、、これ書いとけば180点、、、しかも下書きでは内容まであってたのでもっと点数が入ったところだ、、記述は水物だが、、正直悔しい、、本試験でなかってよかったと思いたい。本試験でもギリギリの勝負になるのできちんと正解に転ぶようにさらに学習を積み重ねたい。。
6/7 14/19 3/9(民法苦戦、、単純知識系の問題(知らないとまず正解できない)が増え難しくなると基礎学力がない民法はやはり厳しいようだ)1/5 10/12 多肢選択は修正できたと思う。7/14 文章理解 憲法の並び替えを含め1/4 これでは厳しい。。
記述 行政 × 民法1 引換給付判決書いて8点 民法② ほぼ満点
情報分野、、毎日用語を見て今朝も見ていた用語だが、正解できなかった。意味が分かっていないと答えられない、、
デジタルデイバイド 情報通信を使う機会がある人とない人の差 誰もが隠さなく情報通信を利用することができる仕組みではない。
でも情報分野は4問中3問正解 法令はとれたのでまあまあかな。
政治 法定得票数 有効投票の6分の1以上
公職選挙法 戸別訪問 特定の候補者を支持する署名運動共に禁止
大日本帝国憲法 地方自治に関する規定なし
1888年東京市、大阪市、京都市 市長は置かない 職務は府知事が行う 自治権は拡大しない
2015年ニューヨーク 開発サミットアジェンダ30 
食糧需給価格安定法 強制減反を選択的減反とする
カロリーベース 近年は40パーセント
一般常識の復習はこんなものか、、文章理解は指示語等に苦しんだ。
そういうこと 「直前に注意」
そして「添加、付け加え」
前半の内容と後半の内容を表題をつけて分ける作業
行政法 
行政代執行 条例で義務の履行確保の手段を定めることはできない
直接強制 義務が存在する場合
氏名の公表 条例の根拠でできる
不利益処分を書面でするときは同時に理由示さなければならない 原則としてであり必ず書面ではない
弁明の機会の付与 資料の閲覧 認められていない
行政指導の継続の中止 「申請の取り下げ又は内容の変更を求める行政指導」
標準審理期間 定めるよう努める 定めた時は義務 今回の問題は前半部分しか書いていない選択肢、、
弁明書 必ず求めるものとする 提出があったら審査請求人 参加人に送付 義務 全部認容でも送付
弁明書とくれば義務規定なのか?
市の要件 地方自治所定の要件 「条例×」
都道府県の名称 法律 都道府県以外の地方公共団体 特別の定め除き 条例
市は議会を置かないことができない できるのは町村のみ
行政憲法一般常識択一を一気に復習終わり。しばらく休憩して多肢、記述、民法、会社法行ってみよう。
模試は大手の残っている分はやろうと思います。市販予想は記述や多肢選択だけ見るかも
残り 10月19日 山当てLEC 21日 大原全国②会場受験(本番前最後の会場受験予定) 27日伊藤最終
突破塾教材 情報分野が残っています。17-20回
大原記述演習 直前まとめ
最後の一週間はファイナルチェックやろうと思います。去年記述の新権原を当てていた今年はどうかな。 
後は模試の特典といままでコツコツやってきた模試とテキストと各問題集をぐるぐる回ってみる予定
市販模試は上記の通りやれそうならやる程度、、21日の会場模試頑張ろうと思います。

>帰宅後カープがすごいゲームやって日本シリーズ出場を決めていました。すばらしい。私も負けないように合格に突き進みたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝から模試受けて、、 | トップ | 民法をなんとかしよう! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。