ブックサファリ

本の紹介ブログ。サファリには狩猟[探検]という意味があります。読書は膨大な文字情報の中に飛び込む冒険。

結果を出す人の話し方

2016年10月15日 | ことば
結果を出す人の話し方
クリエーター情報なし
水王舎

【本文抜粋内容】
社会に出たら、能力より、会話力で差がつく。

会話は、すべて行動のためにあるのです。
勉強は行動のための手段です。

私は、初めて聞いた職業の人には「感じがいいと思うのはどういう人ですか」と聞くようにしています。

知らなかったことを聞いて、
「そうなんですか」より「そうなんですね」と言う。

話し手が一番集中しているのは、聞き手の表情です。
表情が返事になるのです。

身近な人にふだんどれだけ言葉を発しているかが、
最も身近でない交渉の現場でどれだけ話せるかに連動します。

緊張するタイプの人は、控え室で無言です。
それで人前に出ると、状況が変わって緊張するのは当たり前です。

会話は、受け身にならず、能動的であることです。
「そこなんですよ」と言うと、相手は「何か用意されているのかな」と感じます。

サッカーではボールの保持率が高いと余裕ができます。
会話にもボール保持率があります。

パンチを出されたら前に出ていくのが、ボクシングの基本です。

断る時に好感が持てるのは、きっぱり短く断る人です。

一流のコメンテーターは、「そうですね」とは言いません。

結果を出せない人の会話は遅いのです。
遅い理由は、ムダな言葉が多いことです。

結果を出す人の会話は、圧倒的にムダな言葉がないのです。

結果を出す人が求めているのは、チャンスです。
稼ぐネタを求めているのです。
結果を出せない人の話題のほとんどが、グチです。

ネットでは、近況報告が一番多く流れています。
近況報告は、商売のネタにはなりません。

結果を出す人は、自分の興味のない話が聞ける人です。

話し終わりに、息を吸わない。

手品師が「よく見てください」と言ったあとも、息は吸っていません。
息を吸うと、イニシアチブを相手に握られます。

※この本を読んで、エレベーターの中で「何階ですか?」と必ず聞くように
なりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偏差値30からの企画塾 | トップ | ジョブズ100の言葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。