ブックサファリ

本の紹介ブログ。サファリには狩猟[探検]という意味があります。読書は膨大な文字情報の中に飛び込む冒険。

欲張りな女」になろう。 経済的に自立する61の方法

2017年09月10日 | ことば
「欲張りな女」になろう。 経済的に自立する61の方法
クリエーター情報なし
大和出版

【本文内容】
稼げる人は、字・声・姿勢にお金をかけている。

初任給で両親にプレゼントする人より、
高級スーツを買う人の方が成功する。

行動が減ると、お金の減り方は減る。
増え方も減る。

安い服で20万円の現金を持っている人より
20万円の服を着て、現金0円の人が面接で通る。

面接で通るのは、貯金がある人ではありません。
貯金を勉強に投資して、貯金がなくても、成長した人が面接に通ります。

お金持ちはいい服を365日着る。
お金持ちになれない人は、いい服をとっておく。

いいものを着ていると、「いいもの」と「イマイチ」の差がわかります。

お金持ちの住む場所に住むと、お金持ちになる。

結果ではなく、原因をマネします。

稼げるようになってから、稼げる人の思考回路になるのではありません。
稼げる人の思考回路になるから、稼げる人になれるのです。

社内で浮こうが、嫌われようが、ちゃんとした格好をしていると、
社外からヘッドハンティングされて、年収は10倍になるのです。

お金持ちになりたければ、社内で浮くことをビクビクしてはいけないのです。

今日の給料より、一生の能力をつけよう。

ストレスが、ムダづかいを生む。

自分を成長させるチームをつくればいいのです。
習いごとは、単に先生のところに自分が習いに行くというだけではありません。
たとえば、自分の声や姿勢をよくしていくためのチームをつくるのです。

いい借金は、知恵と人脈と時間が増えます。

痛いことをするのが、投資であり哲学なのです。

大欲張りな人は、「もっと痛いこと」を探します。
自分を成長させる投資を、初めてする人は、「高いなあ」という痛みを感じます。
その痛みは、やがて消えていきます。

依頼主があらわれることを信じて、コツコツと一生懸命ブログを書いたり、
少人数相手に一生懸命セミナーをしていると、必ず見つけてもらえます。

世の中の人の情報収集能力は侮れません。
少しでも能力のある人のところには、依頼が来ます。

稼げるのは、経理の人に愛される人です。

儲からないと言いながらしていることが、稼げる。

ギャラの安い仕事で頑張ると、学ぶことが多い。
安い仕事のほうが学ぶチャンスが多いのです。

リスクをとるチャレンジに強くなれば、年収を10倍にできるのです。

哲学とはムダなことをするということです。

付加価値は、哲学から生まれます。
哲学とは、非効率なことをすることです。
非効率なことをしているから、お客様はリスペクトするのです。

形のないものにお金をかける人が、稼げる人になる。

「勉強したら何が手に入るんですか」と聞かれます。
何が手に入るかは、分かりません。
勉強と買い物が違うところはここです。
買い物は、何が手に入るかが先に分かります。
勉強は、何が手に入るかは、勉強してからでないと、わからないのです。
それが、楽しいのが勉強です。

※ユダヤ人は、お金を知恵や能力に替えてしまえばそれらは誰にも盗まれないと
いう考えを実践しています。習い事、勉強にお金を使うのが最強の投資であると実感できました。
女性用に書かれたようなタイトルの本ですが、男性にも必読です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リーダーの一流、二流、三流

2017年09月10日 | ことば
リーダーの一流、二流、三流
クリエーター情報なし
明日香出版社

【本文内容】
野村克也氏の名言のひとつです。
「財を遺すは下、事業を遺すは宙、人を遺すは上なり」
一流は、部下の成長を重視する

一流は、夜にセミナーや食事会の予定を入れる

一流は、ムードメーカーやナンバー2から発言させる

一流は、好かれようとも嫌われようともしない

一流は、無能なリーダーを演じる


※一流は、人を動かす技術を勉強する。
野球監督がホームランを打つ必要はありません。
ホームランを選手たちにどう打たせるか、ホームランを打たなくても
勝利できる戦術を実行したり、選手のモチベーションを上げるのが
監督の仕事です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この「こだわり」が、男を磨く

2017年09月05日 | ことば
この「こだわり」が、男を磨く (単行本)
クリエーター情報なし
三笠書房

【本文内容】
「陰徳」を積め

お金でも時間でも才能でも、自分が持っている「何か」を
差し出さずに欲しいものを得られることはない。

「成功」するのを期待して神社に行っても無駄だ。

あなたは生涯勉強をしていないと成功するチャンスも逃すし、
名誉も得られないという悲惨な人生になってしまうのである。

「高貴な魂のありかたはこうである。彼らはどんなものでも、
無償で手に入れようとしない。まして人生をー」ニーチェ

「バカ」と群れるな
誰かと群れている時点でその男は成功者ではないし、成功も遠のく。

今の世の中はなんでもバカの味方になっていると思ってもらいたい。

あなたは、本を読まなければならない。

今、人は、スマホで自由を満喫しているようで、常にスマホに支配されている恐怖に
苛まれているはずだ。

美しいものを嫌う人間は醜い人間と決まっている。
醜いおばさんは若い女の子を嫌う。


※今までブログでアップしてきた内容と似たような里中先生の
考えを載せました。論理的にこれらの事は信憑性が高いと証明されている
ように思えるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成功する人は、なぜ、 墓参りを欠かさないのか?

2017年08月02日 | ことば
成功する人は、なぜ、 墓参りを欠かさないのか?
クリエーター情報なし
総合法令出版

【本文内容】
もともと自然界とは無秩序なものであり、そこに人間が、自分たちに都合のいいように、
「言語」や「数式」といった秩序を与えて、わかったような気になっているだけなのだ。

成長者たちが共通して持っていたのは、この畏怖の念だ。

親に感謝できない人は、誰に対しても本質的に感謝を伝えることができない。
あらゆる人間関係は、自分と親との関係の応用版だからである。

究極の先祖は、自然界である。

自然界の前では、人間というのはとてもちっぽけな存在なのだ。

寺や神社でお参りするのは、あなたがあなた自身を頼れる存在になるためなのだ。

自分と対話していない人は、単純に話がつまらないからだ。

この世のあらゆることにおいて、見返りを期待しないで先に与え続けることによって、
巡り巡って良いことが返ってくるものなのだ。

自己を低めることで得られることは、絶対の存在に近づくことである。

善悪は我々人類が自分たちの都合のいいように考えたものに過ぎず、
自然界の前では何ら意味を持たない無力で脆い存在なのだ。
その証拠に、自然界では何十億年も前から淡淡と同じ営みが繰り返されているのに対して、
人間社会においては、わずか数十年単位で善悪の価値観がガラリと変わっていまうことは珍しくない。

運が良くなることよりも、運のいい状態を維持することのほうが、長い目で見れば遥かに大切だからである。
運のいい状態にいる時に、自分からマイナスを創ればいい。

運のいい人はますます良くなり、運の悪い人はますます悪くなる。
中間は存在しないのだ。
それが自然の摂理だからだ。

私たちは、自分で生きているのではなく、生かされているのだ。

産んでもらえる可能性よりも、産んでもらえない可能性のほうが桁違いに高いという現実を踏まえれば、
感謝を超えた「畏れ」が、あなたの心の中に生まれるはずだ。
人がこの世に産まれる確率を計算した学者もいるが、それは宝くじの1等賞が連続で何度も当選するくらいに、
あり得ない奇跡だ。

その紙一重に、運気は宿る。
「細部に神は宿る」というのは、サービス業で働くプロなら誰もが知る名言である。

紙約束が信用とすれば、口約束は信頼となる。

人類が自然界を100%客体化することは、不可能である。

あなたの人生の集大成は、人前で褒められたり叱られたりしたことではなく、
誰にも見られていない時に何を考え、どう生きたかで決まるということだ。


※「自然界の前では、人間というのはとてもちっぽけな存在なのだ。」については、
ディスカバリーチャンネルのベア・グリルズさんのサバイバル・ドキュメンタリーを彷彿させます。
大自然を相手にサバイバルをするドキュメンタリーです。
私は実際にサバイバルを体験したことはありませんが、動物の死骸の内蔵に湧いたウジ虫や、
昆虫を食べるベア・グリルズさんを観て人間も大自然の一部であり、それらの前ではとても
ちっぽけな存在であることに気づかされていたからです。
この本を拝読して、自然の摂理に改めて畏怖の念を抱いていることに気づかされました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「このまま人生終わっちゃうの?」と諦めかけた時に向き合う本。

2017年08月01日 | ことば
「このまま人生終わっちゃうの?」と諦めかけた時に向き合う本。
クリエーター情報なし
藤田聖人

【本文内容】
今までと同じ選択肢を選べば、今までと同じ人生になる。

素直とは、常に勉強して謙虚な姿勢を保っておくことだ。

「努力はいつか報われる」という嘘から卒業する。

自然の摂理は、弱い正義よりも強い悪を好む傾向にある。

ヒソヒソ話をするのが生き甲斐になったら、人生は終了だ。

現在属しているランチ軍団は、あなたの未来だ。
冴えないグループと一緒にランチするくらいなら、迷わず独りランチを選ぶべきた。

どん底に落ちたから人生は終わるのではなく、ふて腐れた瞬間に人生は終わるのだ。

成功者になりたければ、泣き寝入りを習慣にしないことだ。

地位と名誉とお金より大切なものがある人が、地位と名誉とお金を獲得する。

※7年前に千田本を読んだときは、自分が出来ていないストレートなことが
書かれていて憤りを感じていましたが、今では淡々と千田本に書かれている事実を
受容して実行に移していくことに生き甲斐を感じています。
なぜならば、そのほうが悩んだり、愚痴を言ったりするよりもずっと楽しくて
自然の摂理に則っているように思えるからです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加