LOVE NATURE

釣りとかグルメのページ。
昔は、山と旅とスキーを標榜するも、体力の低下にともない、緩い趣味に変わってしまった。

哀愁の町に霧が降るのだ

2016年10月17日 | 日記

 若いころに読んだ椎名誠の私小説。絶版になってたらしいんだけど、最近になって復刻版が出たそうな。KINDOLでも読めるというので即ゲット!!。

 初版が出たのがもう30年以上も前。椎名誠をよく読んでたのが大学生の頃だな。おもしろ文体といわれる軽妙な語り口で、肩が凝らずにどんどん読める作風が特徴でしたね。同時期に大ヒットした村上春樹のノルウェイの森なんかと正反対だった。

 あらためて読んでみると、学生時代にこの本を読んだ時の、なんとも言えない遠いノスタルジックな気分が蘇って来ます。この小説は椎名誠が中年になってから自分の若かりし頃を描いた私小説だけど、一世代違う私がこの歳になって学生時代の自分を振り返る目線と大きな違いはないと思う。若い頃読んでたときはそんな風には思わなかったけど。

 椎名誠を真似したわけではないけど、テント担いで山に登って酒飲んでた頃。椎名誠の本を貸し借りしてた友人と、谷川岳や穂高や八ヶ岳や戸隠なんかに行って、ああだこうだと語ってましたね。多感な時期だったんですね。今から思えば。若いってだけでそれだけで素晴らしいんですね。歳とってみると。

 結婚式で私が友人代表スピーチをやったその彼はもうこの世にはいません。30年振りに読んだ椎名誠と共に、もういない昔の友人だとか若かった自分を思い出した秋の夜長でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春は来ぬ | トップ | パナソニック社員90人が中国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。