LOVE NATURE

釣りとかグルメのページ。
昔は、山と旅とスキーを標榜するも、体力の低下にともない、緩い趣味に変わってしまった。

行動経済学

2016年09月18日 | 日記

一年後に100万円の金を手にすることが決まっていたとします。この時に例えば、70万円だったら今すぐ手にできるよ。。。。。。と言われたらどうするか。

こういう問題を時間割引率といいますが、70万円を選択する人は時間割引率を高く設定している人です。要はかなりの割引を受けたとしても目先の利益を選択します。

 こういう人を時間割引率の高い人と言って、いいかえると目先の利益を優先する人、目先の快楽や享楽にすぐ飛びつく人です。将来の価値を重要視しない。

 時間割引率の高い人はあまり得をしません。

 例えば、、、金利が雀の涙しかない時代に、20%もの金利で金を借りたり、クレジットカードのリボ払いをするような人が、時間割引率の高い人達ですが、こういう人(リテラシーが低い人)達が金融業界のカモです。さらに、金の使い道にしても、享楽に優先して使ってしまうのが特徴。常識のある人ならサラ金には手を出さないし、クレジットカードだって一括払いを選びます。散財も考えて行う。

 時間の使い方にしても然り。時間割引率の高い人は、将来の利益と目の前の利益を天秤にかけるということが苦手なので、自分の将来の投資になるような時間の使い方をせずに、刹那的な生き方をします。苦しくても勉強をしようとするより、今を楽しく遊んでしまう。

 この夏、大ヒットした貧困女子高生。これも相当に時間割引率の高い人だと思う。

 高校三年生で好きなアニメの絵をかいて、グッズに散財して、コンサートにも行って、高いランチを食べて、、、、、、楽しそうだと思うけど、世の中の高校三年生ってもっと違う事してるんじゃないのか?もっと時間割引率を見直せば、さらに付加価値があるパソコンやエアコンの一台も買えないとは思えないし、この先の進路にしたってそうだろ。これって、本当に社会がどうにかする問題なのか???

 と、行動経済学の側面から、この夏の大きな話題を考えてみた。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釣りは趣味!! | トップ | 東京オリンピック、、、、禁... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。