広島友好戯曲プラザ・シアターボトム

劇作家広島友好のブログです。

公演パンフの文章です。

2017-06-30 16:43:58 | 日記

「逆引き辞典的な」                    広島友好

 

  先日、妻の職場で送別会があった。定年退職のお別れ。

「退職記念に何をあげるん?」

 聞くと、ン千円の図書カードだという。「女性なら、花束添えるとこじゃけど、ね」

 図書カードも悪くない。だけど、思い出には残りにくいかも。

「じゃったら、あなたは、何がほしい?」

「はて……?」改めて聞かれると、困るのぅ。

 そういえば、何年か前に、妻に辞書を買ってもらって、えらい調法した。

 なかでも、「逆引き辞典」が優れもの。言葉のシッポから、言葉を探す辞典。

 例えば、「○○とり」という言葉なら、辞典で「とり」の項目を引くと、出てくるわ出てくるわ。

「青い鳥」「相撲取り」「見劣り」「おっとり」……という具合。

 台詞を書くのに困ったり、度忘れしたり、ダジャレを考えたりするときは、大変助かる。

 ところで、後ろから考えて何かを探すっていうのが、今回の演目選びに似ている。

「わしももう52じゃし、あと何年バリバリ動き回れるやら。体力的に逆算して……」

 と、年齢を「逆引き」して、今できるギリギリの演目を考える。

 動き回り、しゃべり続けるメロンパン伯爵のこの芝居、大好きで思い入れもたっぷりあるけれど、5年後にはもう無理でしょう。10年前も息ゼェゼェだったのだから。

 とすると今がラストチャンス?!

 てな、「逆引き辞典的な」発想で、この芝居に決めました。

 それからは、公演日までを「逆引き」して、きょうはここまで、明日はここまでと、稽古の日々。

「ところで」……と話題は元の退職記念に。「あんたじゃったら、何がほしい?」と、少ぉし先のことだけど、妻の望みも聞いておく。

「モチロンわたしは、世界平和!」

「ゲゲッ、まさか?」

「じゃったら、現金」

「飛躍しすぎ!」

「あははっ、大皿に山盛りのメロンパンでガマンしたげるわ」と妻の軽口。

 よし、愛する妻のため、その時までに……なんて、「逆引き辞典的な」発想で、メロンパンの作り方を覚える気でいる。

          【メロンパン伯爵のアラビアンナイト 2017.6/24・25】

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無事終演しました。 | トップ | 日々なんとか。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。