ヒロシの日記

たくさんの人たちの幸福を願いつつ、常に自然な生き方を望む私の日記です。

新品種でトウモロコシの抑制栽培にチャレンジです

2017-07-11 22:19:48 | トウモロコシ
品種は「イエロークイーン」と「優作」です。

イエロークイーンは、抑制栽培向きでもあることをうたっていますが、優作は穂重が大きいことで興味を持ちました。
夏に花が咲き、秋になってから収穫するトウモロコシの抑制栽培は、一般的に穂が夏に収穫するものより大きくならないので、その商品価値が下がります。
これを何とかしたいとの考えでチャレンジしてみることにしました。
 
ポリポットへの土入れ作業の様子です。

 
 
イエロークイーンです。

 
 
優作です。
入れ目はイエロークイーンと同じ35mlですが、イエロークイーンより圧倒的に粒の数が多いです。

 
 
いつものように播種したポリポットを育苗トレイに入れて並べました。
大豆の「小糸在来」もポリポットで60分播きました。(手前の3枚のトレイです)
 

 
『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 収穫時期をむかえたゴールド... | トップ | スイカは収穫が遅れてしまい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。