ヒロシの日記

たくさんの人たちの幸福を願いつつ、常に自然な生き方を望む私の日記です。

保温用に使っていたトンネルが、昨夜からの南風で壊れてしまいました

2017-01-23 20:56:15 | あれこれ畑日記
トンネルが壊れた以外の被害はありませんでしたし、養生していた最後のソラマメの苗は植え付けが終わっていましたので、トンネルの取りあえずの役目は終わっています。

 
 
シートが途中から千切れているところを見ると、トンネルが壊れた原因はトンネルの端から吹き込んだ風だと考えられます。 
 
 
 
畑に出たついでに明日生協仲間に配る大根を抜きました。 
 
 
 
ついでに無料野菜用の大根も出しておきました。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直売所に秋作のジャガイモを出荷しました

2017-01-22 20:43:59 | あれこれ畑日記
昨日の直売所で私が出荷した秋作ジャガイモで残っていたのは、皮が濃い紫色のものだけでしたので、急遽売れ筋のカラージャガイモを追加することにしました。

10袋くらい(5キロくらい)用意しましたが、ひと袋150円なので、全部売れても2,000円にすらなりません。
それでも種イモは自家作で春作の残りを使っているので、材料原価はほぼゼロです。

 
 
昨日一昨日で合計50本以上を出荷した大根は、半分くらいが売れていました。
残りが25本くらいありましたが、レジ担当の女性には悪くなったものは、店頭から引っ込めてくれるようお願いしておきました。

 
 
直売所の帰りに、ホームセンターの精米所に立ち寄って米糠を手に入れましたが、今シーズン初めての米糠の持ち帰りです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トンネルで養生していたソラマメの苗の植え付けが終わりました

2017-01-22 19:49:58 | ソラマメ
  
 
いつの日だったかは分かりませんが、強風でダメになった株がいくつかありましたので補植もしました。 
植え付けの途中の午後になってから強い南風が吹き始めたので、植え付け後に除草も兼ねた土寄せを行いました。
 

 
株の一部に芽先や葉先の枯れたものがありましたが、最近はあまり見ない霜焼けによるものと思われます。
 
 
 
以下は、今シーズンのソラマメの植え付けまでの記録です。

 -播種日-
 ①10月31日
 ②11月 3日
 ③11月13日
 ④12月 2日(最初の植え付け:1月3日→痛んだ苗のポット替え・養生開始:1月4日→植付:1月22日(今日))
 
昨シーズンは、最後の播種が2015年12月26日で、植付が翌年1月17日でした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トンネルで養生していたソラマメの苗をトンネルから出しました

2017-01-21 22:02:08 | ソラマメ
苗は一晩寒さに慣らせておいて、明日畑に植え付けるのですが、同じ日に播種して先に畑に植え付けたものとは大分様子が違います。 
育ちが悪かったり強風で葉が痛めつけられてしまったものがあったので、入院のようなつもりでトンネルの中で保温して養生したのですが、驚くほどの回復力です。

ソラマメの苗を従来より大きなポリポットで保温して育て、大きい苗にしてから植え付ける方法は今までやったことがありませんでしたが、来シーズンは積極的に採用してみたいと思います。
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2日続けて大根を出荷しました

2017-01-21 21:28:26 | あれこれ畑日記
今日の本数も30本近くになりました。  
 

 
昨日今日と合計で50本以上の出荷となりましたが、大根はまだ畑に沢山残っています。
 
 
 
今まで通り虫食いの目立つものや形の悪いものは、無料野菜行きか自宅で干し大根にします。
最近は無料野菜を心待ちにされている方もいるようで、通りすがりに持ち帰るのでなく、わざわざ取りに来る方もいらっしゃるようです。
 
 
 
昨日直売所に出荷した大根は、半分くらいが売れていました。
陳列棚の下に収めておいた予備品のコンテナから取り出して買われた方もいらっしゃるようです。
 
 
 
大根は相変わらず沢山出荷されています。
値段は80円が底値で、私の出荷した50数本のうちの40本も同じ値段です。(一部に100円のもあります)
農家の方の出荷の邪魔はしたくないのですが、大根は今が一年のうちで一番美味しく、又、どこでも一番多く出荷されている野菜だと思いますので、直売所ではスーパーとの差をつけないと買ってもらえないと思うからです。 
 
   
 

 
 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加