ヒロシの日記

たくさんの人たちの幸福を願いつつ、常に自然な生き方を望む私の日記です。

寒い朝でした

2017-03-28 20:27:10 | あれこれ畑日記
こちら関東では、桜のつぼみが膨らみ始めた先週の末頃から冷え込みが強くなり、今朝の最低気温は実質的に氷点下を下回っていたと思われます。
 
デッキの上でも零度に近い温度で一部に氷結が見られましたが、枯れたり萎れたりするまでには至りませんでした。
 
 
 
畑の方も気になりましたが被害はなかったようで、先日設置したトンネルとインカのめざめの畝を中心に温度を測ってみました。
 
インカルージュをトンネルの中で育てている畑です。

 
 
トンネル内部の温度が30℃を超えないように、通気孔を開けました。 
 

 
インカのめざめを中心に植え付けてある畑です。
黒マルチで覆ったインカのめざめは、まだ芽が地表に顔を出していません。 

 
 
インカのめざめの畝の一部には、氷結も観察されました。 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下の娘の誕生祝いの食事をしました

2017-03-25 22:47:17 | 家族
娘は先日、5年間付き合っていた彼氏と同棲を始めましたが、引っ越す荷物がまだ残っていたので、それを取りに来た里帰りの機会に誕生日の祝いをすることにしました。



翌日には、2人で帰宅の途につきました。

 
 
娘よ。 どうか幸せにね。 お父さんもお母さんもお前を無事に送り出せて幸せです。

○○さん。 娘をどうかよろしくお願いします。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソラマメに追肥をしました

2017-03-25 22:35:01 | ソラマメ
ラマメは栽培期間が長く、収穫まで後2ヶ月近くもありますので、莢が育つ時期の肥切れ(成熟期に株がダウンする原因になります)対策です。 
 

 
端の方で乱れている株がありました。 
 
 
 
生育の悪い株がひとつありましたので引き抜きましたが、他には見つかりませんでした。 
 
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今シーズンのジャガイモの植え付けが終わりました

2017-03-25 21:36:21 | ジャガイモ
品種はインカルージュですが、直売所に出荷して店頭に並んだ状態で売れ残り、芽が出てしまったもの3袋(約1500グラム/24個)と最後に北海道から届いたSサイズ5キログラムからの108個(残りが4個)です。

今シーズンの最後、3月20日に入荷したインカルージュは保冷材で保管してあり、今日の温度は3.6℃でした。
食材としての保管状態は完璧でしたが、最初から植えるつもりだったら室温に置いておけば良かったと反省です。

 
 
植付前の準備です。
左側の2枚のトレイにあるのは、直売所で売れ残ったものを芽出しのために保温しておいたもので、芽も根も適度に出ていて植え付けのタイミングです。 
  

 
遅れた植付ですので、いくつもの実験を組み合わせます。 
 
<その①>米糠を多用してみます。
 


<その②>Sサイズは密植してみます。 
 
 
 
<その③>マルチにクラフト紙を使ってみます。
 
 
 
紙を畝の上に置いてから水を撒くのがポイントです。 
 
 
紙の端に土をかけて抑えます。   
 
 
 
<その④>トンネルで保温します
 

 
先に植え付けが終わって一部で葉が展開し始めた畑に米糠を畝間に撒きました。 
 
 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソラマメは昨年より順調に育っているようです

2017-03-24 20:56:45 | ソラマメ
昨年は、今頃の時期から生育不良の株が目立っていて、それらは見つけるたびに抜いていましたが、今年は今のところそのようなことはありません。

昨年は2か所の畑でソラマメの連作に挑戦し続けて、3年目くらいにしての失敗となりましたが、今年は半アールくらいの一ヶ所が連作の続きで、残りの一ヶ所が連作とはならない場所です。

-問題が多かった昨シーズンの状況-
 
3月18日の記事「ソラマメは生育不良と見られるものを10株ほど引き抜きました」
3月21日の記事「ソラマメは、今日も育ちの悪い株を引き抜きました」
3月26日の記事「今シーズンのソラマメは、勢いが弱くて葉の縮れた株が目立ちます。」
5月9日の記事「ソラマメの連作に挑んで、ほぼ全滅しました」
 
連作ではない新しい場所で育つソラマメです。

 
 
昨年も含め、連作が4~5年続いている畑のソラマメです。
 
   
 
昨シーズンより良いとしても、ソラマメは栽培期間が半年以上の長い作物ですので、まだまだ油断がなりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加