ヒロシの日記

たくさんの人たちの幸福を願いつつ、常に自然な生き方を望む私の日記です。

ソラマメは昨年より順調に育っているようです

2017-03-24 20:56:45 | ソラマメ
昨年は、今頃の時期から生育不良の株が目立っていて、それらは見つけるたびに抜いていましたが、今年は今のところそのようなことはありません。

昨年は2か所の畑でソラマメの連作に挑戦し続けて、3年目くらいにしての失敗となりましたが、今年は半アールくらいの一ヶ所が連作の続きで、残りの一ヶ所が連作とはならない場所です。

-問題が多かった昨シーズンの状況-
 
3月18日の記事「ソラマメは生育不良と見られるものを10株ほど引き抜きました」
3月21日の記事「ソラマメは、今日も育ちの悪い株を引き抜きました」
3月26日の記事「今シーズンのソラマメは、勢いが弱くて葉の縮れた株が目立ちます。」
5月9日の記事「ソラマメの連作に挑んで、ほぼ全滅しました」
 
連作ではない新しい場所で育つソラマメです。

 
 
昨年も含め、連作が4~5年続いている畑のソラマメです。
 
   
 
昨シーズンより良いとしても、ソラマメは栽培期間が半年以上の長い作物ですので、まだまだ油断がなりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先に植えたジャガイモ畑の様子です

2017-03-23 20:41:20 | ジャガイモ
 
 
インカのめざめは大分葉が出てきましたが、まだ出揃ったとは言えません。 
 
 
 
3月8日に黒マルチをかけたインカのめざめは、マルチに穴を開けてみましたが、まだ早過ぎるのか葉どころか芽が出る気配もありません。
 
 
 
ジャガイモの葉は、インカのめざめ以外でも出ていました。


 
遅く植え付けた畑では、まだ一ヶ所も出ていません。 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今シーズンの春作ジャガイモの植え付け状況です

2017-03-21 20:42:48 | ジャガイモ
収穫時に品種が混ざることのないように、又、品種ごとの収獲量の概要が把握出来るように備忘録の代わりにEXCELに入れましたが、一部畑で再確認する箇所(黒いセル)があります。

植付済みの種芋の数は、概ね1,500株分でしょうか。  
 

 
 
ひと株分の収獲の全てを袋ひとつ(300グラム~1キログラム)に入れ、植えつけた分の全てを200円で買ってもらえるなら30万円の売り上げになりますが、取らぬ狸のなんとやらですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

育苗トレイに伏せて保温していた種ジャガイモを植えつけました

2017-03-20 21:02:42 | ジャガイモ
作業としては、昨日の続きとなります。

植付場所は、昨シーズンの秋作のジャガイモ畑だったところです。
連作ですが・・・全く気にしていません。

因みに今シーズンのジャガイモは、昨シーズンの秋作と春作の違いはありますが、全て連作となる場所で作ります。  
 
 
 
資材と機材を持ち込みましたが、時間がなくてホンダのぷちなFG201は使うまでに至りませんでした。

 
 
植付はドン・キホーテで売っていた食材のベニアカリからです。
いい感じで芽と根が出ています。
3月1日に芽が全く出ていない状態からここまでになりましたので、目的は達しています。
 
 
 
ベニアカリを47片植えつけた次は、昨シーズンの秋作の芋を種にしたグラウンドペチカです。 
 
 
 
その次が昨シーズンの秋作秋作の芋を種にしたシャドークイーンです。 
 
 
 
食材用のノーザンルビーです。
 


昨シーズンの秋作秋作の芋を種にしたノーザンルビーですが、食材用のものより色が濃いです。



食材のホッカイコガネです。
ジャガイモでキンピラが出来るシャキシャキ感が特徴です。

 
 
そうか病対策として米糠を撒きましたが、明らかにやり好きです。
堆肥をかなりぶち込んでありますので、そうか病のリスクはかなり高いと思われます。
それを米糠の効果でで帳消しにしようと言うのは、ある意味のるかそるかの大ばくちです。
 
 
 
撒いた米糠の上から土をかけました。 
週末に仕上げの土寄せをします。 
 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日は今シーズン最後となるジャガイモの植付です

2017-03-19 20:28:19 | ジャガイモ
種芋は育苗トレイに伏せて保温しておいたものですので、直接植え付けているより早く育つ筈です。

 
 
植付の前に耕運機をかけて発芽したばかりの雑草に打撃を与えます。


 
 
これで準備が完了しました。 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加