ヒロシの日記

たくさんの人たちの幸福を願いつつ、常に自然な生き方を望む私の日記です。

牛ふん堆肥約150キロを入れた1.5アールに、米糠と籾殻を入れました。

2017-02-26 20:26:09 | あれこれ畑日記
作業としては、2月18日の続きとなります。 

米糠は50キロくらいで、籾殻は200リットルくらいです。
米糠を大量に使うのは、牛ふん堆肥の分解を促進させてアルカリ性を抑えるため(米糠が発酵して乳酸が発生)で、籾殻を入れたのは土の通気性を改良し、根菜類を収穫する際の土離れを良くするためです。

 
 
米糠を撒いてからミニ耕運機で一往復耕転し、その後に籾殻を撒いてから一往復させて作業が全て終わりました。
これで豆以外なら何でも作れます。(枝豆など蔓場合は苦土石灰を入れます) 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キタアカリ、ベニアカリ、レッドムーンなどを植え付けました

2017-02-25 20:09:11 | ジャガイモ
今日植えた種芋は、購入したものもありますし、昨年の秋作で得た収穫物の残りもあります。
又、一個を3つに切って植えたものもありますし、見た目明らかに50グラム以下のものは、切らないで一個のまま植えました。
 
種芋にするために取っておいたジャガイモを全て広げてみました。 

 
 
食材として購入したベニアカリです。
ドンキホーテで売っていました。 
 

 
秋作の自家種レッドアンデスです。 
 
 
 
種芋として購入したシンシアです。 
 
 
 
購入した種イモのベニアカリ(奥)とキタアカリ(手前)です。

 
 
秋作の自家種ジャガキッズパープル(手前に多い)とさやあかね(奥に多い)です。 
 
 
 
秋作の自家種グランウンドペチカ(奥)とレッドムーン(手前)です。


 
シャドークイーンです。 
 
 
 
秋作の自家種の色々(レッドムーンが多い)です。

 
 
ノーザンルビーです。
秋作の自家種と食材のものが一緒です。
 
 
 
植え付け前の準備で、切ったり選別など始めました。
右側のピンク色のものはノーザンルビーですが、自家作の秋作の方が北海道産の食材のものより色が鮮やかです。
ノーザンルビーでこれだけ肉色の違いがあるとは思いませんでした。
出来れば、色鮮やかなものだけを選別して育て続けたいものです。 
 
 
 
植え付け前のものを育苗箱(トレイ)に並べました。
土が敷いてあるものは今日はまだ芽が殆ど出ていないので、芽が出るまで養生して「時間稼ぎ」をするためのものです。
 

 
これが「時間稼ぎ」のための準備が完了したトレイです。 
この後で大きなポリ袋を被せて保温と保湿をします。
 
 
 
今日植え付ける分はこれだけです。 
 
1.レッドアンデス(自家種/秋作):15片(切らないで植えたものも含む)
2.ジャガキッズパープル(自家種/秋作):16片(同 上)
3.レッドムーン(自家種/秋作):44片(同 上)
4.キタアカリ(購入/北海道産):81片(同 上)
5.ベニアカリ:55片(同 上)
 
植付けの様子です。
土かけは鍬でやりました。

 
 
今更ながらですが、省力の土かけ方法を会得しました。
今までは土かけをする畝の横に畝と並行の向きに立って鍬も畝と並行に振ってから寄せた土を持ち上げて畝にかけていましたが、改良したやり方は畝に対して斜め後ろに立って、鍬を斜めに一度だけ降って土寄せと土かけを一動作でやってしまうことです。
こうすることで動きに無駄がなく、土をかけることが出来ると分かりました。 
 

 
夕方5時半くらいに今日予定していた植え付けの全てが終わりました。 
 
 


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出勤前に少しだけジャガイモの土寄せをしました

2017-02-24 20:43:49 | ジャガイモ
ジャガイモを植え付けた畝は、10メートルくらいの長さのものが既に12本くらいありますが、現時点で土寄せが必要なのは9本で、そのうち4本までを30分で終わらせました。

土寄せが必要なのは、植え付けの時の土かけを意図的に少なくしていたためです。 
 
土寄せは鍬だけでやりましたが、朝に体を動かすとその日一日調子が良いです。

 
 
土寄せが鍬一本でこれだけ速く出来るのも、予めミニ耕運機を入れてあるおかげですし、素人で3アール近いジャガイモ栽培に挑戦出来るのも同様です。

不耕起栽培は、一定の条件が揃っていることでのみ続けることが可能になりますので、それを理解できない方が実行すると無残な結果になります。



 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大嵐の後の畑を見て回りました

2017-02-22 20:51:00 | 買い物
一番近い畑です。
今のところソラマメしか植わっていません。

一昨日の嵐が原因とは限りませんが、根元が絞られるようになって枯れてしまった株があります。
あの嵐の被害は、あと数日経過しないと判明しません。
 
  
 
少し離れた大根が植えてあった畑です。
こちらにもソラマメがあります。
 
多くの資材が散乱していますが、畑の被害は僅かだと思います。
牛ふん堆肥の袋に被せてあったポリ袋が数枚飛ばされてしまっていました。

   
 
畑に出たついでに、紅菜苔を収穫しました。
直売所に出荷する時間的余裕はありませんので、ご近所の生協仲間に配る分だけ持ち帰ることにして、残りは無料野菜行きにしました。 
 

 
風で飛ばされて畑に舞い降りたポリ袋ですが、大きくてチャック付きで丈夫そうなので、持ち帰って利用することにしました。 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日は大嵐の一日でした

2017-02-21 20:07:36 | 害虫の駆除、畑のトラブル対策
昼間勤めに出ている私の代わりに妻が見回って対処してくれたのでこの程度ですが、先日吹き荒れた春一番どころではない、大変なことになっていました。
 
こちらデッキの上です。

 
 
立て直した後です。
 

 
こちらはデッキの下です。
コンテナのひとつが道路に飛ばされていたと、ご近所の方から教えてもらいました。
そのコンテナは、そのご近所の方に拾って戻していただいて、更にはまた飛ばないように重しを乗せていただきましたが・・・。 

 
 
3ヶ所ある畑は、まだ見回っていませんが恐ろしいですね。
 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加