広瀬川のめだかの学校

ホームメイド! 北東北の家庭料理 !

2017年7月広瀬川のめだかの学校便り

2017-07-17 09:27:06 | 日記

   暑中お見舞い申し上げます。2017年7月仙台より

 盛岡駅吉次の油絵⇒ NO1花巻冷しそばの思い出⇒ 

 わが家の ↑プランター栽培のカサブランカが開花して感激しているところです。

現在、岩手県宮古市の自宅の津波と昨年の台風被害の家屋修理のため、勤務先の仙台⇔自宅の宮古市を

行ったり、来たりの生活を6月中旬まで6回、今年の台風に備えてのあまりの突貫工事のスピードに

少し、疲労を覚え、途中、花巻駅近くのお蕎麦屋さん、宮沢賢治記念館近くの花巻番傘の見学で

ほっと、一息で 仙台のアパートへ帰宅して『7月の広瀬川のめだかの学校便り』のメニューは、

仙台⇔宮古⇔花巻市⇔盛岡 の道中の思い出になりました。メニューは、下記になります。

↓ ㋐卵の殻に入ったプリン    ㋑夏のわが家のご飯の友↓『なす、しそ、ピーマンのクルミ入りごま味噌炒め』

⇐㋐仙台駅で出会った殻付きプリン⇐㋑夏のわが家のご飯の友

⇐㋒冷やし鴨焼き花巻風蕎麦の思い出

⇐㋓2016年7月のお問い合わせの多かった『青梅の蜜煮』

上記 ㋐㋑㋒㋓の材料と調理は、下記です。

㋐の材料と調理

カラメルの材料 グラニュー糖120g水大匙強3杯 『止め水は、大匙3杯は、必ず火を止めてから入れる』

小鍋にグラニュー糖+水を中火で茶色に色付く煙が出初めて来た時に火を止めてから止め水を入れ冷ます。

①カラメルを手芸用鋏で穴を開けた卵の殻に少しずつ注いでおきます。残ったカラメルも他のをプリン型に入れます。

プリンの材料と調理

牛乳450cc、生クリーム50cc、全卵4個、卵黄のみ2個、グラニュー糖120g バニラオイル少々

②全卵+卵黄を泡立て器でほぐしておく ③牛乳+生クリーム+グラニュー糖を85度まで沸かし70度まで冷まします。

④ ②に③を少しずつ注ぎ、泡立て器で混ぜ、バニラオイル少々を入れ漉し器でこし①に静かに注ぎ入れます。クッキング

ペーパーを敷いた鍋にぬるま湯を入れ、エッグスタンドに立てた卵とプリン型を湯煎で静かに沸騰しない様に蒸し上げました。

~㋑の夏のわが家のご飯の友の材料と調理~

①茄子3本小口スライス、玉葱1/2個粗みじん切り、長葱1/2本小口スライス、大葉7枚粗みじん切り

ピーマン1個2cm角スライス、クルミ30g粗みじん切り、白すりごま大匙1杯、味噌、砂糖、各大匙2、5杯

炒める油大匙1杯(今回は、太白白胡麻油)

②玉葱、茄子を炒め、しんなりして来たらピーマン、長葱を炒め、くるみを入れて炒めてから

砂糖、味噌、白すりごま、大葉を入れて炒めて火を止めます。

~㋒おすすめメニュー『冷やし 焼き鴨 花巻風蕎麦 』~

㋒の(材料と調理)

材料は、〇細目の干し蕎麦、長葱、レモンスライス、カイワレ大根、練りワサビ、もみじおろし

鴨肉スライス(鶏肉も可)、太白白ごま油、麺つゆ適宜、日本酒

(調理)多めのカイワレ大根がポイント!です。(写真をご参考に!)

①日本酒を少しかけた鴨肉(鶏肉)のスライスを太白白ごま油(無臭)少々でしっかり炒めて冷します。

②茹でた蕎麦を冷水で冷やし水切りをして上に麺つゆ、焼き鴨肉、長葱、レモン、カイワレ大根を

散らし、薬味に練りわさび、もみじおろし、レモンスライス、長葱を添えました。

~㋓青梅の蜜煮の調理のこつ~

㋓の材料 青梅3kg 塩 砂糖ですが青梅は、1晩水に漬けあく抜きをします。

その後に青梅の塩漬けを白梅酢が出るまで塩漬けします。梅を4日間水を取り替えながら塩抜き

をしてから、ほうろう鍋でゆっくりと砂糖でとろ火で煮ます。途中、絶対、梅に

触らないのが秘訣でした。仕上がるまで1週間かかりました。

◎幻の青梅煮は、江戸時代にもあったレシピです。◎驚きでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
郷土料理
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年6月の広瀬川のめ... | トップ | 平成29年8月の広瀬川のめ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。