人間らしく

日記です

品質こそ・・・・・

2017年08月14日 03時23分37秒 | 日記
終戦から昭和20年~30年代の頃まで、舶来品崇拝の風潮があった。。
それが平成の頃には、中国からの粗悪品もあって、国産品が、品質・価格の両面で、国産品優位の時代と変わった。
恐らくは、国産品の質的向上は、品質管理の向上と、従業員による努力と、小集団活動の成果だろう。
私たちは、今、舶来品をありがたがらずに、国産品を安全・安心の商品として選ぶようになった。
考えれば、舶来品優位からの、コペルニクス的転回とあった。
これから将来を展望すれば、中国をはじめとして、発展途上国と厳しい競争の世界に突入する。
商品が「安かろう、悪かろう」であってはならない。
果たして日本は、その国々と対抗していけるだろうか、気になるところだ。
これからは品質第一であり、価格だけでないことを肝に銘じておきたい。



                   寂 地 峡 の 滝




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由自在に行動できる日を楽... | トップ | 青春談義・・・・・ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事