人間らしく

日記です

「自由」は宝

2017年04月21日 08時51分57秒 | 日記
入院当初は、「不自由」そのものであった。
身体は自由が利かず、したいことはできず、思いはままならず、「不自由」そのものであった。
人間の基本「立つこと」「座ること」「歩くこと」がままならず、何もできなかった。
この時ほど、不自由なことはなかった。
「人間」自由に立ち回れることほどありがたいことはないと感じた瞬間であった。
「囚人」のことや「不自由」な人のことを思う時、「自由」に行動できることほど、素晴らしいことはないと思った。
頭では判っていたが、初めて身体で理解できました。
普通にできることが、どんなに素晴らしいことかが解りました。



                長崎港の夜景
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御礼 | トップ | ナースは天使 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む