私のPC自作部屋

これまで作ったPCの苦労や失敗談、今取り組んでいるアイテム等を綴っていく予定です。

Windows10 Creators Update を非力な AtomD510 マシンで安定稼働する設定をトライ中(その3)

2017-05-06 01:51:28 | OS・ソフト
残した4ケは以下です。

まず、アプリの働きがよくわからなかった3ケ。むやみに削除すると、動作上問題になるリスクがあると判断しました。

「NET.Native.Runtaime」「VCLibs.120.00」「VCLibs.140.00」



ストアからダウンロードするために必要と思われる、ストアアプリ

「windowsStore」


アンインストールしたアプリは以下です。

「3DBuilder」・・・ 3Dビルダー
「Advertising」・・・ UWP広告用ライブラリ
「BingWeather」・・・ 天気予報
「DesktopAppInstaller」・・・ アプリのインストール・サポートツール???(正直、よくわかりません。削除しても特に問題は感じらませんでした)
「Getstarted」・・・ Windows10の機能ガイド「さあ始めよう」
「Messaging」・・・ メッセージング
「Microsoft3DViewer」・・・ 3Dビューワー「View 3D」
「MicrosoftOfficeHub」・・・ Office を呼び込ませるツール?(実際に使ったことないので、定かではありません。。。)
「MicroftSolitaireCollection」・・・ ゲーム「ソリテア」
「MicrosoftStickyNotes」・・・ メモ帳みたいな付箋「StickyNotes」
「MSPaint」・・・ 3Dペイント
「Office.OneNote」・・・「OneNote」
「OneConnect」・・・ OneDrive 関連のアプリ?スマホで使うもの???(正直、よくわかりません。削除しても問題有りませんでした。)
「People」・・・ 名簿アプリ
「SkyApp」・・・ スカイプ
「StorePurchaseApp」・・・ ストアでアプリを購入する場合に必要なアプリ?(これを削除しても、ストアから無料アプリのダウンロードはできました。)
「Wallet」・・・ 個人情報保存アプリ(Webでクレジットカード情報を入力する場合の保護?)
「Windows.Photos」・・・ フォトアプリ(ペイントを使っているので私には不要)
「Windowsalarms」・・・ アラーム・クロック アプリ
「WindowsCalculator」・・・ 計算アプリ
「WindowsCamera」・・・ 画像取り込みアプリ(カメラ等の画像デバイスが無いと無意味)
「windowscommunicationsapps」・・・ メール + People + Messaging を統合するアプリ?
「WindowsFeedbackHub」・・・ フィードバックHub InsiderPrevew を使ているなら、必要か。
「WindowsMAps」・・・ マップ・アプリ
「WindowsSoundRecorder」・・・ サウンドレコーダー
「Xboxapp」・・・ ゲーム Xbox アプリ
「XboxGameOverlay」・・・ Xbox 関連アプリ
「XboxIdentityProvider」・・・ Xbox 関連アプリ
「XboxSpeechToTextOverlay」・・・ Xbox 関連アプリ
「ZuneMusic」・・・ 音楽アプリ
「ZuneVideo」・・・ ビデオ再生アプリ


これらアプリのアンインストール方法は PowerShell を管理者権限で起動し、以下のコマンドを入力すればOKです。

 Get-AppxPackage *・・・・・・* | Remove-AppxPackage

*・・・・・・* の ・・・・・・ 部分については、上記の「   」で囲まれた文字を入力します。(「3DBuilder」等です)

尚、詳しくは過去に紹介しているので、以下ブログを参照ください。

Windows10 UWP アプリを削除する

例として、Office.OneNote 削除しているところを紹介します。



この後、Enterキーを押すと、実行されます。




これを31回繰り返しました。





この後、これら31種類のアプリ・プログラムが格納されている隠しフォルダー「C:¥Windows¥ProgramFiles¥WindowsApps」の該当ファイルの削除も行います。(やり方は上記リンク 「Windows10 UWP アプリを削除する」を参照方)

残したのは、以下4種類のアプリ関連ファイルのみにしました。




その結果、最初1GB以上あったものが、以下のように 70MB ほどのサイズに縮小できました。





最後に、動作確認を兼ね、システファイルのスキャン(コマンドプロンプト: sfc /scannow)を実行しておきました。





特に異常有りませんでした。


これでOSの占有領域も13GBを切り、だいぶ軽くなったはず???


今のところ、ブルー画面の再発は起きていません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Windows10 Insider Preview 1... | トップ | Windows10 Insider Preview 1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL