輝くあした

毎日楽しく好きな被写体求めて出掛けよう~!

秋の越後路へ…③

2016-10-15 | 旅行

 

酒蔵見学(越後ゆきくら館)

二日目も朝からどんより小雨の降る中 予定を変更して酒蔵を見学しました。

日本屈指の豪雪で知られる 越後ならではの雪中貯蔵「ゆきぐら」と言う万年雪の貯蔵庫があり

年間を通して一定した温度と 理想的な条件で熟成出来るそうです。

10種類の試飲コーナーでは 越後武士「さむらい」は46度もあり 日本酒のウオッカと言える程の

高アルコール酒でしたが 物は試しでなめて見ましたが 凄く美味しく感じました。

 

 

 

 

 

 

 

お酒の好きな人が飲む一生の酒量は 一升瓶(1800CC)換算で3987.9本だそうですよ。

 

代表銘柄である「玉風味」は お手頃価格で飲みやすく美味しいですよ。 お土産に求めました。

 

これが「さむらい」と言う46度のお酒です。 ラベルからして風格が感じられますね。

 

此処では仕込み水の湧き水が飲めます。 美味しい水でなければ 美味しいお酒は造れないそうです。

 

これが雪中貯蔵です。 パンフレットをお借りしてアップしました。

 

売店には漬物はも勿論 酒ケーキもありました。 どんなお味か後でゆっくりと味わう事にしています。

(続きます)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の越後路へ…② | トップ | 秋の越後路へ…④ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雪中酒蔵 (かえで☆)
2016-10-17 11:15:26
お酒好きな ひろりぃさん
素敵な試飲が出来たでしょう~♪
ん? 
一升瓶(1800CC)換算で3987.9本??
へぇ~~お酒好きはそんなにも??
小雨なので予定を変更して (ひろりぃ)
2016-10-17 18:38:04
かえでさん~♪
こちらにもコメント頂き有難うございます。
朝から小雨なので 谷川岳ロープウェーを変更して酒蔵見学にしました。 皆さんお酒好きの仲間ですから。
タンク一本を換算してそうなるらしいですよ。
雪中貯蔵は雪国ならではの貯蔵法ですよね。
一定の温度で貯蔵されるので 美味しいらしいですよ。
豪雪地帯ならではの方法なんですね。 日本酒好きの私は玉風味をお土産に買って来ました。 お値段も魅力ですが 口当たりが良くてどんどん頂け美味しい!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。