不定期人生作業日報(仮)

ある時は医薬品卸商(正確には物流子会社)社員、ある時は通信制大学生、そしてある時は中途半端ヲタな、筆者の備忘録です。

TVアニメ「グラスリップ」PV第一弾舞台検証

2014年03月22日 00時10分14秒 | TVアニメ「グラスリップ」関連
※この記事では比較研究の目的でTVアニメ「グラスリップ」(glasslip project様製作)の映像を
 一部引用させていただいております。


以前の更新からずいぶん間が空いてしまいました。いつものこととはいえはずかしい限りです。
そんな状況にもかかわらず新規の記事を上げることにしたのは、
先日富山県南砺市に本拠を置くP.A.WORKSさんの新作アニメ「グラスリップ」の舞台が、
坂井市三国町を始めとする福井県嶺北地方?と思われるニュースが続き、
PV第一弾で描かれた背景について今日現地に確認しに伺いました。




「そこは、海と山に囲まれた、小さな町」
・・・坂井市三国町の緑ヶ丘の頂に建つ、みくに龍翔館を、
えちぜん鉄道三国駅付近から北に登る龍翔坂と呼ばれる市道の途中から撮影したカットです。

みくに龍翔館は明治から大正にかけて開校していた小学校の木造校舎を、
鉄筋コンクリートで再現した建物で、現在は坂井市三国町の博物館的存在となっています。









館内は全4階建てで、撮影は1F中央の北前船のモデルと別棟の三国祭の山車のみ許されています。




最上階は展望台を兼ねており、三国市街を中心に360度越前平野を一望することが出来ます。



西に公式HPのティザー画像の中で透子が立つ防波堤のモデルである、エッケル堤が見えます。


南にテクノポート・福井市鮎川方面を望む


東にあわら市方面を望む

北に石川県境を望む

北西に東尋坊・雄島方面を望む

※追記 後日ティザー画面のアングルに合わせて、エッケル堤に渡って撮影してみました。
多くの先達の方が確認・指摘済なのですが、報道以前から特徴的な灯台への電線と電柱で想像されたようです。









次のカット、多分深水透子の家であるガラス工房が描かれたシーンですが、
PV公開直後のある方のツイートでヒントが明らかになります。

これが事実とすれば三国市街地からR305を南に20kmほど下った、
福井市鮎川にモデルがあるということで、確認に伺いました。




「彼らは、一人の転校生と、出会ったのです」
・・・ワタリグラススタジオさんという、地元出身のガラス作家さんが国内や海外で修行後、
3年前にご夫婦でUターンされて興されたガラス工房です。
右側に別の建物が実際にはない理由は、ご夫婦のお住まいは
別の集落内にあって工房の建物に居住スペースがないことから、
ストーリー設定上アニメで用いるにあたって隣に住居を付け足したのだと思われます。
PV映像と比較して結構な高台に建っている上、海岸との間に多数の樹木が生えているので、
波打ち際まで離れて撮影を試みても、映像に近いカットが得られるかどうかは不透明です。
(この写真は国道の路肩から撮影しました。)






※追記 海岸ギリギリまで降りて撮影を試みましたが、
岩場が連続する海岸線、これが限界でした・・・。




何故こちらがモデルに選ばれたのか?についてHPを拝見しているとスタッフの方(奥様?)が、
富山でガラス工芸を学ばれた時にご縁があった?とか考えたのですが、
本放送後に余談のひとつとして語られるのかもしれません。

※追記 PV後半の透子たち6人が談笑するどこかの店内らしきシーンのモデルも、実在しています。
ところがこちらは坂井市三国町ではなくて、隣のあわら市旧金津町で営まれている
「カフェコトノハ」さんという喫茶兼ギャラリーなのです。





お店は金津創作の森内にあるのですが、正門(アートコア)じゃなくて
北側の創作工房の入口を入って最初のアトリエのそばに立っています。
駐車場は3台分くらいしかありませんので、正門(アートコア)前の駐車場に
止めていただいた上100m強北に歩いていただいてお越しください。
営業時間が10時~17時、座席数は6人テーブル(PV中のカット)×1
2人テーブル×2 カウンター×2(ですが荷物があって用を成さないかも?)
となっております。
また休日が不定期ですので公式ブログをご確認のうえお越しください。
アトリエ、つまり作家さんのご自宅兼工房に隣接していますので、
あまり騒がしい振る舞いとかはご遠慮いただきますようお願いいたします。






自分がお邪魔した時すでに何人も先達の方がお越しでしたが、マスターがとても気さくで素敵な方で、
舞台どうこう抜きにしてくつろがせて頂きました。
あとマスターのご好意で、巡礼者の皆様向けにグラスリップの発表記事が載った2014年4月4日付の福井新聞を、
お土産代わりに配っていただけるとのことですので、
よろしければ是非申し出てもらって帰ってくださいませ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【加筆しました】TVアニメ「... | トップ | JR芦原温泉駅前「あわらんて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

TVアニメ「グラスリップ」関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事