不定期人生作業日報(仮)

ある時は医薬品卸商(正確には物流子会社)社員、ある時は通信制大学生、そしてある時は中途半端ヲタな、筆者の備忘録です。

ひぐらしのなく巡礼~靄晴し編 「探訪者魂」

2007年08月21日 01時58分14秒 | 「ひぐらし」関連
日付が変わりましたので昨日早朝夜行バスにて夏コミから帰宅した後、
貴重な休日を酔い止め薬の効果が残る眠気と戦いつつ雑事をこなしながらも、
早くブログの更新をしなければという興奮がずっと残っていたのでした。

先週の投稿でも記しましたが、18日から上京しているものの
2日目に査収予定のものが一切ありませんでしたので、かねがね思っていた
東京・千葉の「ひぐらし」背景元をたどって行くことにしました。
早朝千葉県南部?にて断続地震がおこっていたため、外房線の接続が
芳しくなかったのですが、猫山ぽるかさんはじめ「先駆者」の皆さんの
コンテンツを参考にさせて頂いたお陰で、10時台には千葉市緑区土気から
東京都江戸川区に戻ってくることができました。(皆さんありがとうございました)

下車した駅前の都営バスの本数の少なさに唖然として、歩きとおすことを決意。
『児童相談所』とか『エンジェルモート』とかを回った最後に、
いよいよ2年近く暖めていたある仮説が正しいのか否か、検証する時がきました。



※著作権法32条による比較研究のため、07th Expansionさんの著作物から引用させていただきました
これは「祭囃し編」でクラウドが大高警部と「刑事魂」比べで立ち塞がり、(伏線はあったが)
茜さんと三郎県議に稽古付けでボコボコにされるという、痛快な見せ場の一つでありますが、



実はこちらは、ある郵便局の窓口の入り口付近を撮影した画像なのです。
江戸川区には該当する候補が2ヶ所(厳密には3ヶ所なのですが、私の推論から
除外することができました)あるのですが、最初に伺った先で正解でしたので
バス代と時間が浮きホッとしたのでした。
もう年数が経っていますのでテーブル等の配置が異なっておりますし、
右奥の柱をより大きく写しこむ必要があるのですが、なにぶんATMを待つ間
涼む客のふり?をして、背後にいらっしゃる郵政内務の職員さんに不審がられない
ようにするためには、このポジションが精一杯だったということです・・・。


もう一つこの画像は、先の写真の私の立ち位置から左に4~5m進んで右向け右を
すれば撮影可能なのですが、あいにく土曜日で貯金・簡保の窓口が休みということで
なんと床の張替え工事中でした!
ちょうど右手から簡保・貯金・郵便の窓口の順です。郵便局の窓口は特徴的ですので
看板の色調等で推理した次第です。

・・・仕方ないので、壁一つ向こうのATM側から撮影した画像です。
もし関東近辺の「先駆者」の方で平日休暇が取れるのでしたら、ぜひチャレンジ頂いて
「探訪者魂?」を発揮して頂きたいと思います。
(ですが10月からの民営化で局内表示のリニューアルを全国的に行なっている
ようですので、同じ構図で見られるのもあとわずかかも知れません)

最後に無関係ですが通販分を含めた、夏コミ(3日目)限定の査収物一覧です。

離京する前の打ち上げの場にて、kannaさんから、見本誌をチェックしないで
同人誌を購入して時間が経ってから内容が気に食わないから返品したいお金返してと言い出す参加者や、
創作者側が熟慮して設定した頒布物の価格設定にコピーかオフセットかといった製本法や
P数から割高だと論戦?を仕掛ける参加者、そして例年以上に異常な購入部数なのにもかかわらず
部数制限等の対策を打たないサークルさんといった、
従来だと考えられない光景を見聞された旨伺い、
オタクの裾野が広がった故の諍いについて少し考えさせられました。

・・・私にできることはただ実社会人生活とオタク生活を
健全に?両立させることしかできませんから。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 属性はぶっちゃけ微少なので... | トップ | 年明け早々新ネタ投下・「薬... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。