気がつけばアラ還

ブログも13年目に突入しました。足跡はつけていませんが、皆さんのところへはお邪魔してます。

指輪

2006年06月29日 15時35分42秒 | 日々のこと

ビバさんが、指輪5個つけてるのが大騒ぎになって、私も冷静に考えてみることに(そんな大したことじゃないけど)一体、どうやったっけ?って。

普段、つけてるファッションリングです。もちろん、一遍にこれだけつけません。右手と左手に一個ずつです。

一応、服の色とか、シチュエーションに合わせます。
学校とかの用事の時は、おとなしめのもの。病院で、術前カンファレンスの時は、(えらい先生もご同席)真珠。パパのオペの時(5時間かかった)は、気分を落ち着かせるためにブルー系とかね。(病院ネタ多し

特に気に入ってるのは、この3つ。

ブルーのは、馬蹄の中にアクアマリンが入ってるの。(この中では、一番高かった)もう15年以上前にパパが買ってくれました。今思えば、馬蹄型って、今の職場に縁があったのかも?

ピンクは、ピンクトルマリン。ハートのは、ティファニーの(子供生んだ後、買ってもらった。)

本当は、もっと、いろいろなカラーの欲しいけど、我慢我慢。

「キットカット」マーブル模様になってました。USJ開業5周年記念だそうです。「星に願いを」って、Disneyを思い出します。

新製品の「チーズプリッツ」モッツァレラチーズ10%練りこみです。しつこくなくて、おいしかった。

 ごめんなさい。今日は、オチがありません。強いて言えば、アクアマリン、子供の去年の手術の時、落として、あきらめてたら、かばんの中から出てきて、アロンアルファでくっつけたってことかな?

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

我が家の赤ちゃん

2006年06月27日 09時28分12秒 | 

私は、とっても赤ちゃん好きです

でも、我が家には赤ちゃんがいないし、生むわけには、いきません。
小ちゃくて、可愛いものが大好きなのです。それで、ももをもらったんですよね。でも、ももは、大きくなりました。

けれど、たまに赤ちゃんみたいになってくれます。それをパパと一緒に「もも、赤ちゃんみたい」と言い合ってる時は、幸せなひと時です。(息子に見つかると大変。すねるのです。すねる巨体の高3の息子)

最後に「抹茶あずき

あずきは、底に沈んで、浮き上がってきませんでした(当たり前か)

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

「虹の彼方」 小池真理子

2006年06月26日 09時02分00秒 | 読書

前にがっちゃんが紹介してた本です。リクエスト出してて、やっと回ってきました。

新聞や雑誌の書評欄でも大きく取り上げられていたし、ご存知の方も多いと思います。まあ、48歳の女優と43歳の作家の不倫ですね。

しかし、ほとんど感情移入が出来なかったです。なんか、メンドーそうだし、ややこしそう。まあ、おしゃれなお話とは思いますが。

主人公と私の共通点は、48歳(今年、私なるの)と、ももという名前の猫を飼ってるところ。

だから、主人公が悲しい時、もも~と言って、猫を抱きしめるところや夫と別れることになって、ももを思うところ、ももがさびしがってるところでは、泣きましたが。

あと、「虹の彼方」副題に「Over the Rainbow」となってて、えっ、これ、「虹を渡って」?クラプトン?オズの魔法使い?と思ったら、やっぱそれからでした。

鮎巻で有名な鮎屋から出てるお菓子「琵琶湖 恋の湖岸通り」です。スティック状のフィナンシェです。なぜ、このお菓子買ったかというと、びわこ放送で、天気予報のときこの曲が使われてて、鮎屋のCMでも。

なんか、三浦弘とハニーシックスというグループが歌ってます。近江八景をテーマにしてるんですが、その歌詞がめちゃくちゃ、ベタ。

もうはまりました。ゲラゲラ笑いました。でも、一回だけしか見てません。もう一度見たい。味のほうは、いまいち。甘くて、生地がザラザラで。フィナンシェは、やっぱり「アンリ・シャルパンティエ」が一番です。

新製品のハウスの「ギャバンポテトチップス あらびきブラックペパー」です。あんまり、ブラックペパーの味はしませんでしたが、後口よく爽やかです。一本の中に個包装で二つに分かれてたので、一度に食べきらなくていいですよ。

グリコの「フルーツプリッツ」生地にいちじく、ぶどう、りんごが練りこんでます。酸味の効いた甘さで、夏向きかも?全粒粉配合なので、つぶつぶ感もあります。

きなこチョコボール」私は、きなこが大好きなので、つい買ってしまいました。チョコボールの芯が、黒豆なのがいやでしたが。側のチョコときなこ部分は甘くておいしかったです。

ビバさんが紹介してた「プチチョコうさぎ」可愛かったですよ

最後にもも 珍しく舌を出してます。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

「かもめ食堂」

2006年06月24日 14時57分05秒 | 映画

やっと、滋賀県に来たので、今日朝一の回、行って来ました。

ヘルシンキに日本人が開いた小さな食堂「かもめ食堂」

大きな事件もなければ、激しい営業努力もないけれど、丁寧な食堂の様子が綴られます。こんなに、ていねいにきれいに料理したことあるかしら?と反省。作られる料理もごくごく普通の日本の家庭料理。おにぎりや、とんかつ、焼き魚などです。シナモンロールも焼いてました。

おだやかな、きれいな、心安らぐ映画です。珍しく、通常料金で映画見たのですが、1800円、わたし的には価値があったと思います。

フィンランドは、子供の頃からの憧れの国ですが、絶対に行きたいと思いました。息子が大学卒業したら行きたいなー(お金がかからなくなってね)

それにしても、「やっぱり猫が好き」の恩田三姉妹-1は、よかったです。

今年の初収穫です。ガレージの横にほんのちょっぴり、野菜を栽培しています。もちろん、夫がするのです。私はこういうのに、全く興味がなく。

食べるの専門。ピーマンは、お弁当の彩りに必要です。

カルビー関連グループのソシオ工房が出してる「じゃが彩いもささめ」じゃがいろと呼びます。
普通のじゃがいもとインカレッド、インカパープルというじゃがいものスナック菓子です。ポテトそのままの風味が残ってて、フライドポテトにとっても近いですコンビニで売られてるみたいですが、セブンイレブンでは、見かけませんでした。私は、デパ地下のお菓子売り場で発見。(ブログ魂が炸裂してすぐさま手に取りました。)同じ種類で、角切りのキューブタイプもありました。

ももは、においをかいでます。

映画から帰ってきた私を出迎えるももです

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

こんなとこにまで「炭」が・・・・

2006年06月22日 16時37分15秒 | 日々のこと

今日は、仕事に出かける頃から雨が降ってきました。

そして、「雨ひどいから早く帰ってね」とおまけに、事務所で40分ほど、昼寝してました

セブンイレブンで買った、「炭バニラプリン」です。怪しい雰囲気にひかれ、ついつい手にとってしまいました。

炭キャラメルソース」が別添えでちょうどかけたとこです。プリンとソースに「竹炭」を使ってすっきりした味わいに仕上げたと書かれてます。プリン本体もちょっとグレーぽかったです。でも、炭の味はせず(当たり前か。しかし炭の味とはどんなんやろ?)とろーり・なめらかです。あっさりして、後口もよかったですよ。

 

サッポロポテトバーベQあじ ブラックペッパー」なんですが、バーベキュー味が濃すぎて、肝心のブラックペッパーの味がほとんどしないという。ブラックペッパー好きやから買ったのに残念

小枝ココア」文句なしにおいしかったです。ココア味、大好き。普通の小枝より柔らかかったです。

今、パソコンしてる私の膝の上で、もも、ねんねしてます。可愛いけど、起きたらうるさいから、写真はパスです。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

水難の相

2006年06月20日 08時11分36秒 | 日々のこと

昨日は、忘年会のメンバーで半年振りにランチです。前にも書いたけど、このメンバーは、みんな同い年の子供がいるけど、子供の話はほとんどしません。健康や趣味、節約ネタです。

上から、前菜・スープ・メインディッシュ・デザートです。これにパンと食後のコーヒーがつき、税込み2千円です。

その後、バームクーヘンで有名な「たねや クラブハリエ」でお茶です。ここは、いつも混んでて、車留めるのがやっとでした。

またまた、ここで、デザートを。チョコレートの葛ゼリーです。

昨日、私は「水難の相」が出てたのでしょうか?友達①が、コップの水をこぼし、私のスカートが濡れました。まあ、ガーデンテラスだったし、風も吹いてたので、すぐに乾きました。そしたら、今度は、友達②が、また、水をこぼし、スカートが私は、あんまりこだわらないほうなので、別にいいんですが、昨日の私の運勢は、「食べすぎに注意」だったのですが、絶対に「水難の相」ですよね。

最後にもも

 

朝から、玄関で、みんなの靴をかじってました。

コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

「沖で待つ」 絲山秋子

2006年06月18日 18時41分28秒 | 読書

 

芥川受賞作です。仕事を通して結ばれた男女の信頼と友情を描いた作品です。同期入社の男女って、仲間なんですね。私は、短大だったし、就職の同期も女子ばかりだったから、こういう感覚は、いまいち想像できません。でも、うんうん、あるかも?友達、同士感覚ですよね。急死した同期入社の太っちゃんのために、約束を果たすべく、部屋にしのびこみます。それは、信頼関係あってのこと。涙が出て、せつない気持ちになりました。短編、ありがたいことに字が大きい(老眼の身には助かります)あっという間に完読です。

 

 

カステラ食べたいけど、甘いしなーと。ローソンで、中村屋のいちごみるく味発見。練乳の味がしておいしかったです。

 

ローソンで、105円のお菓子発見。「バターワッフル」私、これ好きなんですよね。前もおいしいの発見したら、韓国製でした。これも、そう。なんで、韓国かわからないけど、おいしいです。

 

 

図書館で借りたCD。以前やってた「その時歴史が動いた」のテーマ曲集です。ピアノ演奏のも入ってますが、やっぱオーケストラ演奏がしびれます。私は、歴史好きなんで、毎回見てました。歴史に現れて消えて行った人たちの姿、本当によかった。個人的には、やっぱ「忠臣蔵」が好きです。赤穂浪士。義に生きた人たちの。もう、涙ボーボーです。いまさらながらの発見なんですが、この作曲者、谷川賢作なんですね。谷川徹太郎~谷川俊太郎~谷川賢作、恐るべし智の連鎖です。すごい。

 

 

最後にもも。暑さのせいで、倒れてます

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

「Bランクの恋人」   平 安寿子

2006年06月17日 16時32分18秒 | 読書

 

愛にもいろいろありましてと、効き目たっぷりの人生レシピとなっております。短編集ですが、いまいち、ラインを外れたような、いけてない、そんなにかっこよくない男女が出てくる愛のお話です。

男女間の恋愛もあれば、親との愛もあり、少し涙がでます。軽いタッチなので、ずんずん読めます。私なんて、今日、半分を事務所で読んじゃいました。(事務所は、誰の邪魔も入らないので、思いっきり読書ができるのです。もちろん、仕事はした後ですよ

 

 

以前、ビバさんが、ブログで紹介してた「ひんやり夏みかんゼリー」です。もっと、固まるのかと思ってたら、かなりゆるゆるで、飲めそうです。よう考えたら、缶の小さな口から飲むんやから、固かったら困りますよねあんまり、甘くなくて、ほどよくすっぱく、おいしかったです。あとは、サイダーの「がっつり」を見つけなくてはなりません。

 

 

今日、コンビニで見つけた、「森永あずきキャラメル」です。色は、まるで紫芋のようです。かんでたら、あずきの風味が出てきました。あんまり、甘くなかった。十勝産小豆使用となっています。

 

 

取り込んだ布団の上で、お休み中のももです

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

彼女はその後・・・・

2006年06月16日 14時31分31秒 | 日々のこと

 

先日のメールストーカーの彼女「○○さんに相談した私がバカやった」の件ですが。

今週の火曜日にメール来たんですよね。「あれから音沙汰ないけどどうしてんの?元気?」ですよ。そんなー、うそー。私が、一週間、どんな気持ちですごしてたか?まるで、胸に鉛を詰め込んだみたいな重い気持ちで。(ただでさえ、Fカップで、重いのに。余計重いやん。)

むかついたけど、大人やから、「うん元気。来月大腸内視鏡受ける」って返信。(彼女は、ナースやから)そしたら、すぐにレスが来て、「私も子供のことが落ち着いたら、胃カメラ受けようかな?」って。

また、子どもかい?ずっと、胃が痛いとか言うてんねんから、早よ行かんかいと思ったけど、スルー

なんせ、彼女は、手術とかなったら、同居してる実母を道連れに心中するとか言うてた。

で、又、今日の昼ごろメール。「やっぱり、胃カメラ受けるわ。でも、子供がどうとかこうとか」もう、テキトーに返信したけどね。

まあ、向こうから来れば、返信はするけど、適度なとこで止めないと、ネバーエンディングストーリーになるから。

もう、私の中では、あなたの存在は終わってるよって、つぶやいた。
(恋愛じゃないのがちょっぴりさびしいね)

 

 

もも、お座布団3枚重ねないと、ご機嫌悪いです。

 

デブ猫になるのもそんなに遠くないうちにやってくるでしょう。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

「終末のフール」 伊坂幸太郎

2006年06月15日 16時06分53秒 | 読書

雨の日は、「早く帰ってね」と言われます。月給制だからお得です。

 

 

 小惑星が地球に衝突し、地球自体がなくなると発表があったのが8年前。それから、5年後の仙台の町を舞台にしてます。初めの5年間は、自暴自棄になった人たちが、殺人・略奪・暴行・脱出をしていたのですが、あと3年間を平穏に暮らそうとそれなりに落ち着いてきた状態の町です。いつものように、伊坂幸太郎の作品は、連作集になっていて、最後にはつながるのですが、このような絶望的な状況になっても、みんな、どう生きるべきか?よりよく生きよう、自分らしい生き方とは?と模索します。

 確実に終末が近づいてきているのですが、何か救いのようなものがあります。これは、伊坂幸太郎の他の小説にも感じたのですが、終末を感じながらも、いやそんなことはない。人間は、もっと何かを出来るはずみたいな作家の考えが少し、感じられるのです。ちょっぴり、涙も出ました。それにしても、最後の章では、変な宗教団体みたいなのも出てきて、終末には、怪しげな宗教は、つきものなのですね

 

 

ケロ子さんのブログで、紹介されてた「チョコレート効果+コラーゲン」です。結局、買ってしまいました。思ってたより、おいしかったです。

 

 

事務所で私用に支給されたキティちゃんのつっかけです。事務所は、普通のマンションなので、つっかけをはくのは、ピンポンが鳴ったときと、ベランダの掃除をするときくらいです。

いつの間にやら、事務所にキャラクターグッズが増え始めました。
あららー

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加