気がつけばアラ還

ブログも13年目に突入しました。足跡はつけていませんが、皆さんのところへはお邪魔してます。

谷崎万華鏡 谷崎潤一郎マンガアンソロジー

2017年05月18日 11時55分41秒 | 読書

ボツボツと本は読んでるけど、最近は軽めのものが多い。

谷崎潤一郎は、文豪の中で大好きな作家。
メジャーなものから、あまり知られていないものまで読んできたけど。

この本読んで、知らない作品がたくさん。

「少年」や「人間が猿になった話」なんて知らなかった。
この「少年」がえげつないこと・・・特に漫画なんで、具象化されてるから読むのが恐くなってきたくらい。

この本買おうかなと思ったのは、「痴人の愛」を描いてる作家が今日マチ子だったから。
女優の京マチ子と掛けている?京マチ子は、映画化された一番目にナオミ役で出ているもんね。

私が、見たのは船越英二と叶順子コンビと小沢昭一と安田道代の。
かなり古い~

谷崎の作品で好きなのは、やっぱり「細雪」これは、古いのも新しいのも見てるけど。新しいといってもかなり前。


台所太平記」も好きな作品で、これはドラマ化されて前の前の中村勘三郎が出てた。
痴人の愛」と合わせてmybest3です。

変なカップ麺を好んで食べてるというか探してるというか・・・

↑これ。

スーパーのレジで「色々変わったものが次々に出るねえ^^」と言われたぞ!

のりたまの小袋がついてて、それかけて食べるんだけど。このだし醤油が割と辛くて。薄口やったけど。うちって、かなり塩分控えめにしてるんやわ~

こんな感じですね。

これからも色々探したいけど、だんだん暑くなってくるし~
シマダヤの流水麺の季節がやってくる~

先日、そんなつもりやないのに私のラインの書き方が悪かったのか?誤解を招く表現があったのか?妙に反論めいたラインが・・・
誤解を解くためにレスしようかな?と思ったけど。

ちなみにブログじゃないですよ。リアル知り合いです。

顧客対応なら即するけど。よく考えたら、この先残りの人生で会うのは3回あるかないか?
「もうええかあ」と思ってそのままに。
もちろん、失いたくない人間関係ならちゃんとするけどね。

仕事で(なかなか)気を使い、プライベートで(それもどっちでもいい)も気を使うのは、もうええか?と。

人間関係もそこそこ断捨離していかないとね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どん兵衛 ギョーザラブうどん | トップ | こんなの見っけ! »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは(^-^) (もなか)
2017-05-18 15:13:45
いつも 美味しそうな商品、楽しみにさせてもってます。(先日の、抹茶モコ はまりました!!) この、のりたま焼きうどん 気になるので、探してみます♪

相手の顔が見えない、電話やメール.お返事などの時は、まったく文章力 表現力がないので、下書きして 細心の注意をしているんですが、大丈夫かな?と思う時、たくさんあります。私も 全くその気はないのですが、hirorinさんに嫌な思いをさせてしまっていたら、すみません…。表現力.文章力Up出来るように、頑張ります!!

もなかさま (hirorin)
2017-05-18 15:28:13
こんにちは~
ゆるーい糖質制限しながらも新製品漁りに余念のない食い意地の張った私です。抹茶モコ、なんやったか?もう忘れてる私・・・・
どんだけ食べてるねん?です。

ええ~
全然、もなかさんのことじゃありませんよ。
実は、ラインなんです。
ブログ関係者じゃなく、リアル知り合いです。
よって、誤解を招いたらあかんので本文を少し書き直しときました。

電話は、まだ分かるんですよね。顔は見えなくても相手の声のトーンや間合いで。恐いほど、相手の感情出てます。
私も仕事柄気をつけていますが、たまにどこかに問い合わせした時、すごい対応悪かったら「顔見えてへんと思って気を抜いたらあかん」と心の中でつぶやいてます。

ラインとかも若干相手に悪意があると、微妙に感じるんですけどね。それでも誠意があれば伝わりますね。

ほんまに、全然もなかさんのことやないので、何もお気になさらないでくださいね。

おいしいと言ってもらえて、食べ甲斐があります。
これからも頑張ります。
Unknown (kinshiro)
2017-05-18 20:51:39
谷崎潤一郎は、その代表的な二つしか知らないの・・・二つとも途中まで読んで、たしかジャンにしたなぁ・・ア来ちゃうんですよ^;
文学に親しむ・・・とすると比較的読み安ですよね・・なんちゃって全部読み終わってない身が語っております^^;

面白い商品出てますね♪
試してみるところがいいですね♪

私はスマホ持ちじゃないので、ラインはやらないけど
そうねぇ・・・私なら返信する・・・でも、まぁ それほど~の時は、知らん顔♪
でも、行き違った時で誤解を解きたいとこは 必死で弁明してる・・情けない自分^^;

どうしたもんじゃろのぉ~~
 (ココア)
2017-05-18 21:25:19
谷崎潤一郎は読んだことがないです。
艶ぽい官能小説なイメージですが、どうなんですか?
私は、相変わらずホラーやミステリーばかり読んでいます。
今は本当は怖い日本昔話やグリム童話などハマっています。

LINEとかメールとか顔が見えない分、気を使いますね。
言い直せないし、書いたものは消せないし。
先ほど、ブログのメール欄からメールを送りました。
こんな本が (Ms.れでぃ)
2017-05-18 23:58:29
あるのですね。
谷崎の短編集をいろんな漫画家が描いているのですか?
面白そうですね。
カバーイラストも素敵です。

私が最初に読んだ谷崎の作品は「春琴抄」だったと思います。
きっかけは山口百恵の映画からです(笑)。

お知り合いの件は、実際にお話してみれば、多分ちょっとした受け取り違いで、本来ならすぐに誤解が解けるようなことなんでしょうね。
そんな話で今までの関係に亀裂が入るのはちょっともったいないような。
どちらも悪感情を抱かず収束するといいですね。
kinshiroさま (hirorin)
2017-05-19 10:37:32
谷崎潤一郎は、好き嫌いがあると思いますよ。
夏目漱石や森鴎外は、教科書にも採用されているしよく試験問題に出てくる作品もあるけど。
谷崎のは、ちょっと教科書的には無理ですかねえ~
私も長いのは、ダメなんです。
もう、しんどくて。
それと読後感が悪いいわゆる「いやミス」はダメですね。

返信はしてないです。
もうええかあと。平均寿命まで生きても健康寿命はどれだけ分からないしね。
まあ、縁が切れればそれまでのご縁ってことで。
って、なんか朝起きて返信された文面見たら、妙に必死さが伝わって。
そんなに私は彼女の地雷を踏んでしまったのか?地雷だったのか?と唖然としました。

もう、ええわあ~
ココアさま (hirorin )
2017-05-19 10:45:32
谷崎潤一郎、なかなか官能ぽいというか被虐的なのが多いです。かなり、Mですね。
でも普通?のもあるので面白いです。

本当は恐い~、あれほんまに恐いですね。
関西で、そういうのを解説した深夜番組を時々見るのですが、知ったら恐い~知らなんだらよかった~と言うのも。

ラインとかメールとか気を使いますね。
一応、気を使って書いてもそういうこともあるので、もうええかあと。

メールありがとうございます。返信しときましたので、又読んでくださいね。
Ms,れでぃさま (hirorin)
2017-05-19 10:49:29
アンソロジーやし、漫画やしいいかなと思って読みました。
漫画家さんもメジャーじゃない方も多くて。
知ってるのは、しりあがり寿くらいでした。
でも、面白くて。色んな知らない短編に出会えて良かったです。
山口百恵ちゃんのですね。
あれ、本読むと恐いです。目つくの・・・
後、卍とかも樋口可南子が出てたような。

私の一押しは、やっぱり「細雪」ですね。

ラインとか、難しい。
でも、彼女は割りとはっきり言うタイプでして。
前にも「えっ?そんなこと言う?」みたいなところがあったので、「もうええわあ~」て思ってます。
それより、私が書いたことがそんなに地雷を踏んだんか?と思って、そっちにびっくりしてます。

思わず「知らんがなあ」とつぶやきました。
文字で伝えるのは難しい (pukariko)
2017-05-19 12:09:47
こんにちは。
谷崎、父の本棚にあったのを初めて読んでみたのが
「痴人の愛」で、それがまだ中学か高校の時で、
以後 「もうええわ~」となりました^^;

日本語がそもそも難しい上に文字で伝えるのはもっと難しいですね。
たとえば、「・・・じゃない」 という表現。
「ではない」という否定なのか、後ろに「?」をつければ同意を求めるのか。
?とか、句読点の打ちかたひとつで意味が変わってくる。
だから、ほんとはメールやLINEに向いてない言語なのかもね。

こないだスマホにしたとき、
アドレス変更のメールを送ったのですが、
「了解。ひさしぶり~」とレスくれる友もいれば、
ナシのつぶての友もいる。
届いてないのかなと思ったり、
もう私のことはどうでもいいのかなと邪推したり。
私は今後さほどお付き合いはないだろうと思う相手でも
一応「了解」のレスはするけど、
この辺の感覚も人それぞれなのかな~。

pukarikoさま (hirorin)
2017-05-20 13:34:18
「痴人の愛」大すきですよ~
へ~こんなんもあるんだあ~って。
ナオミ、うらやましいです。

日本語は、難しいですよね。
疑問なのか否定なのか。
そして、若い子は文法とか変わったの使ったりするし~
「よくなくね?」は、「いいやんねえ?」って意味ですよね。
でも、どっちやねん?て叫びたくなるかも。

メアド変更ですね。
私、どうやったかなあ~
ラインが多いけど、多分「了解しました。お元気ですか?」くらいは打つかなあ?

でも放置の時もありますね。

メアド変更で一番気になるのは、一斉に送ったり同時にCCにたくさん入れたりしてるの。
他の人のも分かるやん、悪用はしないけどって思います。

読書 (モリオリママ)
2017-05-20 17:12:09
アロハ~!
全然、読書してないなあ~。
勿論、以前は日本の本は、簡単に手に入らないという事もありますが、今では電子本ができましたからね~。
今は、その気になれば、読めるかな。
お友達との行き違い、ちょっとショックですね。
思いもしない、取られ方したり。。
まあ、そういう時は、ご縁が離れて来てるって事でしょうね。
そうそう、自分ファーストで、ストレスになる事は、横に置くのが一番。。
でも、反対の立場だったら、気を付けたいですよね。
くち子達に年齢になったらさ (くちかずこ)
2017-05-20 18:58:58
不義理をする権利ってあると思っています。
でないと、残り少ない?人生の無駄遣いに・・・
くちこは、先日、ブログのコメントであったよ。
他の人、学生さん達に、くちこのブログを読ませたくないってさ。
言っていることは、正論だけれど、全くの机上の空論と言うか何と言うか・・・
でもさ、言い合うエネルギー使いたくなかった。
多分、自分の意見を曲げたくなくて断固変えない人だろうなって思ったしね。
感じ方は、人それぞれだから。
でもさ、社会悪にように言われるとねえ。
くちこは、どんどん人間関係整理してしまって、整理しすぎたかも状態です。
モリオリママさま (hirorin)
2017-05-20 21:16:55
そうかあ~そちらは、なかなか日本の本が手に入らないのですね。
電子ブックもあるけど、あれはわたし的には、なんか~
紙の質感とかも読書には重要な要素と思ってます。

気持ちの行き違いってありますねえ。
対面でもあるんだから、文章だけだと余計にですね。
私の「ご縁」と思っています。
縁があれば又繋がるし、あかんかったらそれまでやし~

人ってどんだけ、出会ったり別れたりを繰り返すのでしょうね。

そうそう、反対の立場になったら気をつけなあきません。私だったら、多分反論はしないと思います。スルーですね。
くちこさま (hirorin)
2017-05-20 21:20:17
そうそう、残りの寿命というか健康寿命がありますからね。
できるだけ、ストレスフリーで過ごしたい。
そうでなくても色々ありますから・・

えっ?そんなことがあったんですか?
マジですか?社会悪って。
何それえ~そんな、変なこと書いてはるかなあ?
まあそういう方は、議論してナンボの方なんで。
ほっときましょう。
私も前にそんな方いましたよ。でも、どうでもええわい!
イヤなら読むな!と言いたいですね。

お友達、たくさんいらっしゃるのに断捨離してって。
ええ~す、す、すごい。
私も段々人と出かけるのしんどくなってきて~
老化かも?
Unknown (佐恵子)
2017-05-21 10:51:30
以前カウンセリングのお話の時にコメントさせていただき、とても丁寧なお返事をいただいていたのにお礼も申さず失礼をしていまいました。
あの時はとても親身なアドバイスを下さり有難うございました。
あれから半年近く過ぎました。友人の声を聴くとホッとできるので、たまに電話をしていましたが、彼女に重荷(わたしにアドバイスする責任を感じさせること)を背負わせても申し訳ないし、キチンと払うべきものは払う!ことにしました。
hirorinさんのお返事がストーンと胸に。
あれからの行動は速かったです^ ^
有難うございました。

友達は少数精鋭で。挨拶は愛想良く、どなたにもですが。
そして今年の目標は質実剛健^ ^
でも文学の世界は華やかが好きですね。着物も好きですが、着る機会もないので、皆さんがされてるように思い切ってリメイクしようかしら。

いつかhirorinさんとお話したかったことがあります。わたしも良く訪問する大好きなブロガーさんがいらっしゃるのですが、コメント欄でhirorinさんのお名前発見。
わたしも神戸が大好き〜。
19歳の時、一年だけ神戸にいました。阪急電車の音、匂い…。阪急電車から見える山手の景色に憧れ、将来はここで住みたいと思っていましたが夢は叶わず^ ^
懐かしい場所です。
佐恵子さま (hirorin)
2017-05-21 11:10:33
お礼だなんて、とんでもないです。
私のささやかな経験がお役に立てれば嬉しいです。
カウンセリングへの行動、早かったんですね。
やっぱり、思い切って一歩踏み出すのがいいんですよね。
私くらいの年になりますと、なかなか億劫になるのですが。
それでも何とか元気に動けるうちにと思います。

私も友達関係は、それほど広げなくても良いかなあと思ってます。
少数精鋭で、もちろん誰にでも挨拶はして親切には、しますが。
限られた時間・限られたお金、有効活用したいと思いつつ、多分しょうもないものを買ってる私。

着物は私の場合、多分柄や色を見るのが好きなんだと思います。
リメイク三点しましたが、良かったと思ってます。
まだあるけど、どうしようかなあ~
息子しかいないしねえ~悩みどころです。
バッグに三点リメイクした時は、それなりな金額が(私にしたら)かかったのですが、海外旅行好きの友達は「ええ~そんなんどこそこ軽く行けるのに~」って言われたけど。
その時の私には、海外旅行よりリメイクの方が重要事項でした。
みんな、それぞれだから~

神戸、いいですよね。
私は、ずっと阪急沿線で育って学校やお勤めは三宮だったので。
車窓から見る夙川~芦屋~岡本~御影あたりの風景が大好きで。
だから、当然阪急沿線から離れないと思ってたのに。
JRしかないところに来てしまいました。

近所に芦屋出身の友達がいるのでいつも2人で「ああ~私ら流されたわ~」て言うてます。

今は、一月に一度くらいかな?阪急乗るのは。
でも阪急愛、健在です。
Unknown (juraku-5th)
2017-05-22 17:43:06
こんにちは。

固め読みに参りました_(._.)_

谷崎潤一郎は父が買いそろえた日本文学全集で読みました。
ただし中学生の時で、思春期ありがちな動機だったと思います。
当時のことはほとんど覚えていませんが、
ごく最近読んで、腑に落ちたのが、「陰翳礼讃」。
文字通り、陰翳についての随筆ですが、その描写、すばらしい感性だと思いました。
jurakuさま (hirorin)
2017-05-23 11:11:24
かため読み、ありがとうございます。

谷崎潤一郎は、実家にも日本文学全集の中で読みました。
でも子供やから、よく分かったような分からんような。
で、大人になってから読み出すと面白い。
そう言えば、「猫と庄三と二人の女」も大すきです。
猫ちゃんと二人の女の間でうろうろするおっさんの話。

「陰影礼賛」も何かで紹介されていて大分前に読みました。
日本家屋の暗さとかに論じてましたよね。
で、思い出しました。
過去記事で、「陰影礼賛」について書いたことを。
もちろん、食いしん坊の私なので羊羹がらみですが。

http://blog.goo.ne.jp/hirorin1224/e/90eac0be6bd4afa42c23856de185ff7d

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む