気がつけばアラ還

ブログも13年目に突入しました。足跡はつけていませんが、皆さんのところへはお邪魔してます。

大連四日目 さようなら~

2017年07月30日 14時05分26秒 | お出かけ

ヤマトホテルで買った、ポストカード。2枚で100円。日本円で買える。
漱石ファンの友達にも。

最終日は、飛行機乗って帰るだけ。
朝も8時20分にロビー集合。ゆっくりした行程でしょ。

無事に出国エリアにたどり着いたら、飛行機は何の説明もなく70分遅れ。中華国際航空。
中国のエアラインはこのようなことがよくあるとか。添乗員さんは、一晩空港で夜を明かしたこともあるそう。

空港なのにあまりエアコン効いてないし、お土産屋さんや免税品店をうろうろ。
最後に60元余ったので、何とか使い切りたい。
蒸しパンみたいなお菓子とスパイシーピーナツ、リプトンの紅茶ペットボトルを買う。
ペットボトルは、4元。×18円やから安いよね。

下の段の日本語読みだと「シャーチーマー」というお菓子がおいしい。おこしみたいなんだけど、油で揚げて蜜で固めて、恐ろしいカロリー。ふわふわで、おいしい。多分、南京町に行って探すと思う。

お茶屋さんで、甜茶を買う。アレルギーに効くらしいけど。280元を200元に値切り、カンカンにぎっちりと詰めてもらった。
中国のクッキー?は、ちょっとサクサクしすぎて口の中がもそもそする。
大連の名物の「海老飴」を何箱か。

別に海老は入ってないのだけど、海老の絵が描いてるの。飴の中心部がジャリジャリとピーナツ?が入ってておいしい。本当は、コンビニやスーパーで買いたかったんだけど。
家でも教室でもあっという間になくなった。

スパイシーピーナツが、胃にこたえるスパイシーさ。でも又食べたい。
缶ジュースは、3元。博物館の自販機で。

帰りの機内食。

隣の母子連れは、中国から日本へのツアー客。
感じの良い人達で、お母さんをいたわってはる。

税関申告カードに記入していると、驚いたように「Japanese?」
そうなんです。時々、中国人に間違われる。普通にしゃべりかけられることが、日本でも多い。
でも、全く分からないし。

カードのローマ字表記と漢字の名前部分を見せて。
私のつたない英語で「どこから来たの?」「どこへ行くの?」と聞いても通じない。あちらでは、英語は必修科目ではないのかな?

Kyoto?」と聞くとうなずいてはる。「お母さん?mother?」yes でした。

中国で、時々日本人が拘束されているの聞いてて恐いと思ってたし。Bさんみたいな人もいるし。
私は、帰って模試の発注かけなあかんのに~

日本の領土?とにかく日本が見えて、ほっとして涙が少しぽっちり。

関空に着いて、隣の母子と握手して別れる。中国語が出来れば、「どうぞ良い旅を!気をつけて!」と言えるのだけどね。でもお互いにスマイルだったから、通じてると思う。

今回の旅行で思ったこと

大連が予想以上に発展していて、古い建物もきちんと修復されながら残っていたこと。
文革の時に壊されたものもあるけど、又復元されたりしてね。

英語が全く通じない。←自信なくす。
台湾でもそれ以前のヨーロッパやハワイでも何とか通じてたのだけど、全然あかん。
元々ひどい英語だけど、ガーン。
社員割引で英会話行こうか真剣に考えてる。

民族性の違い。
サービスの概念はあまりないのか、CAさんもレストランの方もスマイルなし。
特にレストランで、食器をテーブルの上にガチャンと音を立てて置くのにはびっくり。

エアコンが効いてない。トイレットペーパーのスペアがない。
家では、平気でカランカランと考えもなくトイレットペーパー使ってたけど、どんなにミシン目何個と考えたか?ティッシュもすごい節約して使った。
まあ、普段どんだけ日本で無駄遣いしてるかやね。←これは反省した。

トイレ問題。
水が流れなかったり、TOTOの製品だけど日本とは型が違うので、どっちを向いたらいいのか分からない。悩みながら使う。空港のトイレですら、座り式のが一つしかなくて便座が取れてた。
仕方ないから、エアトイレ(座る格好)。

大連の男の人、太った人が多い。お腹がポコンと出てて、暑いから上半身裸とかシャツをまくってお腹出してる。イケメンは、見なかった。

女性は、ミニスカ・短パンが多い。太かろうが細かろうが足は、むき出し。老いも若きもね。お化粧は濃いバッチリメイクかノーメイクに分かれてる。

日本よりもスマホ依存が多いような?あの道路を横断する時もスマホ見ながら。運転もスマホ見ながらが多い。片時もスマホ離せません。老いも若きも。

料理は、おいしかった。最後の夕食は、満州の家庭料理だったんだけど。小さい丸いお餅を揚げてそれを甘辛く、お肉やお野菜と炒めたもの。糖質制限なんか完全にふっとんで、大量摂取。
じゃがいもの炒め物が多かった。じゃがいも好きとしては、嬉しい。千切りにしてシャキシャキに炒めてる。なかなか、こんなにシャキシャキにならないね。

餃子は、皮が分厚くて中の餡も色々種類豊富でおいしかった。

まあ色々あるけど、それも旅行の思い出やね。色んな国があって、民族も宗教も違うし習慣もね。日本の中でも色々なんだから。

けど、個々レベルだと良い人は良いのだと思う。
先入観を覆される旅だった。
多様な価値観を認めて尊重するのが、大切というか人となりを表すのだろうから。

それにしても帰りの保安検査は厳しかった。
台の上にキリストの十字架の磔みたいに立たされて、探知機であちこち。
レッグウオーマーしてたから、その中も調べてた。
「足上げて!」と怒られて、靴の裏も入念にチェック。

まあ、無事に帰れて何よりでした。

ああ~シャーチーマー、又食べたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大連三日目 憧れの~ | トップ | ライブ先行予約抽選??? »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
百聞は一見にしかず・・ですね (kinshiro)
2017-07-30 20:51:28
楽しく読ませて頂いたシリーズ4回♪

ふむふむなあるほどぉ~~が多かったけど、多分そうだろうなぁと想像つくものも・・

資本主義と共産主義の働き方、サービスの差、まじまじ・・とですね。

中国語も、色々で、OLやってる頃、戦時中大陸にいた、東北部にいた方に習った中国語の切れ端の言葉・・会社の近くの中国料理屋の片言日本語のお姉さんに使ったら首を傾げられて・・察してなおされた・・・そこは広東料理店でね・・^^;
北と、南でも発音全然違うのね♪ 標準語ってあるのかな?
まぁある程度は通じればねぇ・・ツァイチェン(再会)とかは通じるわよね♪

食べ物も、想像つきます・・・以前住んでいた所の近くに中華料理屋さん有って、手作りお菓子が一杯置いてあったから・・・揚げ物が多いんですよね♪

ハスのみ入りの月餅もあったけど♪

それにしても 実際を見ると効くでは大違い! やっぱり興味持ったら行ってみなくちゃぁ・・ネ♪

お疲れ様でした。
また大きな思い出ができましたね♪
kinshiroさま (hirorin)
2017-07-31 09:57:25
資本主義と社会主義、多分サービスの概念が違うのでしょうね。
日本で、食器ガチャンは大NGですもんね。
でもまあ、それはそれで貴重な体験でした。

標準語は、北京語らしいですね。
台湾の言葉も色々通じないみたいだし、漢字も中国は簡体字だから、なんかよく分からなくて。
まあ何となく?

食べ物も場所によって全然違うみたいですね。
大連は、東北部になるから結構塩辛かったです。
香辛料の辛さとは、又別でしたね。

お菓子は、見てたら揚物系が多いですね。
ヘルシースイーツが食べたかった。
月餅は、私も大好きです。
あんまり甘くないのがいいかなあ。
そう言えば、塩味のお煎餅というかおかきがないですね。私、おかき好きやのに。

やっぱり行って体験するのとそうじゃないのは、違いますね。

体力あるうちに色々できたらいいなと思います。
変わっていく中国 (pukariko)
2017-07-31 11:45:54
こんにちは。

中国も開放政策になってからずいぶん変わったでしょうね。
昔、行った人からは散々な酷評を聞いたことありますが、
経済発展して、今は富裕層がどんどん外国に出ていく時代。
道徳、衛生、サービスなどなど、良いお手本を持ち帰っていることでしょう。
日本もひと昔前までは、西洋の人には似たように思われていたでしょうしね。

近いのによく知らない中国。
私も行ってみたくなりましたよ。
行くとしたら南の方だろうけどね(^-^)
 (ココア)
2017-07-31 17:19:49
お土産もいろいろ買われたんですね。
私は、会社を休んでいったので、会社にお菓子だけ買って
あとは、何も欲しいものがなくて、買いませんでした。
食事も3食付いていたので、こんなにお金を使わない旅は初めてでした(笑)。

日本やアメリカの航空会社は、ほぼ定刻なのに、
中国の航空会社は、遅れて当たり前みたい言われました。

レストランでは、スタッフが腕組みして、食事をしている私たちをみていたり、スマイルはないです。
それと、どこのレストランでも、誰が剥いたかわからないみかん。
丸ごと出してくれればいいのに、皮をむかれて、房で出てきて、なんだか食べられませんでした。
お土産屋では、案内するスタッフが歩きたばこで、ビックリ!
トイレは一流ホテルでも、壊れていても直していない。
そうそう、中国式のトイレって、どっち向きかわかりませんよね。
あと、中国人のガイドは、韓国人はうるさくて嫌いって、言っていました。

いろいろあるけれど、中国の歴史は素晴らしいので
また行ってみたいです。
Unknown (Ms.れでぃ)
2017-07-31 21:59:16
中国、面白い国ですよね。
私も、北京と上海に行きました。
2回とも中国ではスマイルはタダではないと言われました(笑)。
それでも、食堂に入って料理を食べて美味しい!と言えば、にっこりしてくれましたけどね。
やっぱり本場の中華料理は美味しい~。

いろいろな文化や人に触れ、様々な経験ができるから、旅行って楽しいですね。
ですが、自分の国に帰るとやっぱりホッとしますね。
pukarikoさま (hirorin)
2017-08-01 11:29:06
確かに日本人も一昔前は、西洋人にそう思われていたでしょうね。
お互い様ですよね。
習慣も考え方も違いますし。
公共のマナーなど、どんどんブラッシュアップされていくと思います。

衛生は、日本人は清潔過ぎるのかも?
でもやっぱり、この環境にいるとコンビニで、ビオレさらさらシートが買えなくて発狂しそうでした。
台湾は、たくさん売ってました。

pukarikoさんは、息子さんたちがいらっしゃる間にぜひ!
少し暑いほうでしたよね。
さらさらシートや除菌ティッシュは必須アイテムですね。
ココアさま (hirorin)
2017-08-01 11:34:12
お土産は、基本消えるものにしてます。
断捨離なんで~
お菓子は、大連の海老飴はおいしかったです。
行く前に仕事中、ネットで調べたの。
行く前日遅くまで仕事してたし~
両替は、2万円だけ。
それでも中国のお札とコインが欲しい夫のために3千円分くらい残したので。
レストランの飲み物は、別に払いますものね。

そう言えば、空港のお店でコーンの蒸しパンを買う時、ほとんど日本語堪能なんですが、英語でコーン?と聞いても分からなくて、黄色いからとうもろこしを齧るまねをして、粒が歯にはさまったとこまでジェスチャーして意思疎通を計りました。
時々、妙なことをしでかす私。

トイレ、悩みますね。
それにペーパーホルダーの位置も変だし。
あんなにトイレットペーパーを考えて使ったことは、なかったです。

でもそれもいい経験ですね。
上海は、行ってみたいなあと思います。
蘇州もきれいなのかしら?
Ms,れでぃさま (hirorin)
2017-08-01 11:37:50
上海と北京に行かれてるのですね。
上海は、行ってみたいなあ~
旧租界だし、おしゃれなイメージが。
でもあちらの国にしたら、あんまりなことですよね。
世界史やってたら、イギリスって紳士の国とか言うわりにえげつないなあって。
中国もとても気の毒に思います。

色々な場所に行って、違いを感じたり面白く思ったり。
それも旅の楽しさですね。
スマイル=ゼロやないんやあ~

じゃあ、帰りの飛行機の隣席の母子は、いい人なのねえ。

旅は楽しいけど、帰ってきたらほっとします。
そんなものなのかな?

コメントを投稿

お出かけ」カテゴリの最新記事