気がつけばアラ還

足跡はつけていませんが皆さんのところへはお邪魔しています。限られた時間・体力有意義に過ごしたいなと思います。がんばれ私!

大連三日目 憧れの~

2017年07月26日 19時28分02秒 | お出かけ

大連三日目は、満鉄が経営していたヤマトホテルへ~
ここ、行きたかったのよね~

二階の喫茶室になっているところ。夏目漱石も訪れているので、お写真が~

↑カバンがずり下がりまくり。

今は、国経営のホテルになっていて重要な会談も行われるそう。
案内してくれたのは、こちらのホテルの方。国家公務員だね。
日本語堪能で、「どこから来たの?」「大阪~」「ああ、暑いところね」って。

大阪というと「柄の悪いところね」と言うこともあるらしい。
すかさず、Bさん「本当、大阪の人恐いわあ~柄悪いし~」って。

いや、大阪府に超高級住宅地ありますけど。Bさんの居住地は、なかなかの山の中だからそんな風に思うのかしら?大阪人を敵に回したら恐いよ!

ヤマトホテルでは、ラストエンペラーの泊まった部屋や執務室も公開。もちろん、写真NGね。壁を触って、「ああ、この壁をラストエンペラーが触ったのかも?」と思うと感慨深いものが。

後、満鉄社員の結婚式の写真が飾られていて列席者の中には佐藤栄作元首相の若き日のお顔が。
溥儀が日本を訪れた時、昭和天皇と一緒に撮った写真も飾られている。

当時のホテルの備品の時計が28万円で売り出し。収益は、ホテルの耐震や保存費用に宛てられるそう。ツアーのおっちゃんが、20万円に値切って買ってはった。
ちゃんと、満鉄のマークが入ってる。

二代目の満鉄本社跡が大連市役所に。

次は、旅順へ。日露戦争最大の激戦地203高地。

203高地。下の丸い穴は靖国神社の方を向いているそう。慰霊塔。
それを知った中国側が左右と裏にも穴を開けたんだって。

ここが乃木将軍とステッセルの会見場。水支営の会見。正直、「えっ?こんなところで会見を?」と思った。なかなかぼろい。元々のものが、文革の時に破壊?古くなってダメになったらしく、復元されたらしい。

真ん中のテーブルをはさんで、簡素な長椅子が置かれている。日本側の椅子の方が高い。それは勝ったからでもあるし、身長差もあるから。ロシア人のほうが、断然背が高いものね。

ここでも専属の係員の方の説明を聞く。戦争の悲惨な写真などが展示されていて、平和教育にも使われるそう。

こちらは、川島芳子のお父様の粛親王府。川島芳子も溥儀も滞在したらしい。きれいに保存されている。

旅順博物館は、何年か前まで外国人の立ち入りが禁止されていたらしい。この「旅順博物館」の字やったか?石碑が郭末若の揮毫らしい。郭末若は、日本人女性と結婚・子供をもうける・離婚していて、その日本人女性の伝記を読んだことがあるから、「へええ~」って思った。

ここの博物館には、西本願寺の大谷探検隊の発掘したものなどが展示されているのだけど。改装中で、ほとんど見られなかったの。残念。やっぱり、京都の龍谷ミュージアムへ行くしかないか?

関東軍司令部跡。博物館になっているんだけど、閉館日?何か中国の博物館や美術館、開館・閉館時間があいまい。開館日も。なんでだろう。
旅順博物館は、入り口のセキュリティ厳しい割りに中は、ゆるゆるやし。パスポートチェックがあった。

そういや、ホテルでもパスポートのコピーをされたわ。

旅順駅。童話に出てきそうな可愛い駅。今は、貨物駅か何かでほとんど使われていないそう。

この日、中国ガイドさんが星海広場の夜景鑑賞オプショナルツアーを持ち出した。
それも値段も時間も何の説明もなしに、部屋番号の確認だけかと思って答えたらなぜか全員行くことに。

もう晩はしんどいし、夜市も台湾で行ってるし(それに屋台のは恐くて食べられないし)私とAさんは、行きませんと申し出る。元々コースに入ってないしね。

そしたらガイドさんが、「もう会社に言ったからキャンセルできません」「ええ?」と添乗員さんに申告して交渉してもらった。
なんかその辺が、日本と違うかなあ?
前回、台湾でのガイドさんがめちゃくちゃ一生懸命で親切だったから、ちょっとびっくり。

行かない私たちは、夕食後、添乗員さんにタクシーでホテルまで送ってもらうことに。
タクシー恐かった。ひええええ~すっごい荒い運転。

翌日オプショナルツアーに参加した人たちに聞くと「長いこと歩かなあかんし、湿度高いし、暑いし行かないほうが正解でした」って。

う~ん、良かったよ。

結構、ガイドさんお土産販売も車内でしてたしね。まあ当たり前なんだけど。
この日は、お茶屋さんと免税品店も行きました。

↑ツアーの宿命ですね。

そんな大連三日目

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大連二日目 トイレットペー... | トップ | 大連四日目 さようなら~ »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (ココア)
2017-07-27 17:29:42
大連ってどんなところか、知りませんでしたが
かなり好みです。
満鉄の時代、ラストエンペラーをもう一度見たくなりました。
アジアの旅は、お土産やさんに寄るのが、多いですよね。
その分、ツアーが安くなっているんですけど。
ソウルに行った時は、帰国の日朝6時に、韓国食品店で、キムチを食べさせられたことは何度もありました。
ハワイやグアムでは、お土産やには寄らないのでいいです。
大連 (pukariko)
2017-07-27 19:25:58
こんにちは。
3学期、授業で時間が無くなってすっ飛ばされる近代史^^;
『坂の上の雲』を呼んだのもずいぶん昔・・・
恥ずかしながら大連ってもっと北方に位置するかと思ってました。
100年前にタイムスリップしたかのような重厚な建物ばかりですね~。

ホテルの備品を売り出し? へえ~。
Unknown (juraku-5th)
2017-07-27 20:48:41
こんばんは。
203高地、水支営、旅順博物館...
10年前、私も同じコースを回りました。
203高地...エッチラオッチラ登りました。
旅順港を遠く見渡せてなるほど「坂の上の雲」に書いてあった景色とおんなじ!
水支営...同じく第一印象、ぼろい。というかみすぼらしい。
旅順博物館...
大谷探検隊の成果、見ることができませんでしたか。残念!

この先の展開も楽しみです。
ココアさま (hirorin)
2017-07-27 21:35:55
いいでしょう~大連。
行きたかったんですよね。
こんなに昔のものが残っていて、それが今も使われているなんてびっくりでした。
近代的な町並みとも妙にマッチしていて。
大連・金州・旅順などを回るツアー、たくさんありますよ。
何しろ近いのがありがたかったです。

お土産屋さんに寄るのは、その分キックバックがあるからですよね。
お茶屋さんでは、甜茶を値切って買いました。
泊まっていたホテルの周りにお店がなかったので、お土産屋さんに連れて行ってくれるのは、ありがたかったのですが。
コンビニ行きたかった~

朝からキムチですか?
ちょっと~それは~胃にこたえますよね。
そう言えば、私も昔ハワイに行った時お土産関係連れて行かれなかったです。
pukarikoさま (hirorin)
2017-07-27 21:38:59
そうそう、3学期授業時間が足りなくなってすっ飛ばしの部分ですよね。
でも近代史こそ学ばねばあかんのですが。
「坂の上の雲」は読んでないのですが、ドラマは見ました。
元々、満州国関連の人たちの伝記を読んでたので興味深く回れました。
正岡子規の句碑も見られましたしね。

ホテルの備品も売り出してたし、水支営では当時のものをall1万円で売ってました。琥珀のブレスレットはお買い得だったかも?
私は当時の雑誌が買いたかったのだけど、1万円はちょっとなあ~と思って。
全て補修費用に当てられるそうです。
jurakuさま (hirorin)
2017-07-27 21:41:48
203高地、坂がしんどかった。
でもがんばりました。せっかく来たのですしね。
遠い昔の戦争の犠牲者に思いを馳せて~
でも暑くてしんどい~

jurakuさんも同じコースだったのですね。
水支営は、確かに貧弱でした。
写真がたくさん飾ってて、お酒に酔っ払ったロシア人が乃木将軍とすてっせるの集合写真に写ってました。

旅順博物館の大谷探検隊の見られなくて残念です。
でも、龍谷ミュージアムに行こうかなと。
もちろん涼しくなってです。
Unknown (kinshiro)
2017-07-27 23:24:38
聞きしに勝る大連のお話。

興味深く読ませて頂きました。
昔昔、伯父たちから、自分の国のように聞かされてた町。

でも、小さなときで意味不明が多くてね・・・
なるほどフムフムでしたよ。

川島芳子もね・・・話だけは・・でも出自はしらず・・・

溥儀の話も何となく・・・でも、早々と心当たり有りで・・

一見の価値ありですね♪

Bさん・・大阪より柄悪いんと違います?って・・・言わん方がましか(笑)
大連 (Juliet)
2017-07-28 19:24:42
hirorin さん、こんばんは

hirorin さんのアクティブな一人旅に、私までワクワクしています

実は私、昔の話ですが、シベリア横断鉄道での旅を夢見ていた時期が・・・。
後に実際に行った人から、食事や衛生面など、
日本人には難しい事もあると聞いたのですが、
行く機会の少ない場所だからこそ行っても良かったかなと、
hirorin さんがお書きになった旅の様子を拝見しながら思いました。
Unknown (Ms.れでぃ)
2017-07-29 01:49:17
遅まきながらお帰りなさい。
ツアー同行者約1名さまのことを除いて、楽しいご旅行だったみたいで良かったです。

大連、きれいなところですね。
ヤマトホテル、外観も内部も歴史を感じさせる建物でステキ。

私は今年の春に、門司港レトロ地区に遊びに行ったのですが、北九州市と大連市の友好都市締結15周年を記念して整備された国際友好記念図書館というのがありました。
中は中国・東アジア関係の図書館と満州関連の資料室になっています。
こじんまりしてますが、特徴のある図書館でしたよ。。
大連旅行に行かれたhirorinさんなら、興味を持ちそうな蔵書が揃ってそうでした。
ちょっと遠いですけどね(笑)。

何日間のご旅行だったのですか?
続きを楽しみにしています。
kinshiroさま (hirorin)
2017-07-29 16:49:46
大連は、本当にきれいな町だったと思います。
日本人向けに設計されているし。中央の広場から放射状に道が伸びていて。
当時は、日本の名前のついた通り名でしたが、今はちゃんと中国の名前になっています。

川島芳子も清朝のお姫様、皇族ですよね。
最後は、処刑されて数奇な運命ですね。
つくづく戦争は、よくないと思いました。

ラストエンペラーの弟さんに日本の侯爵のお姫様が嫁がれていて、波乱万丈な一生で。
そのお嬢さんも事件性ある亡くなられて。

Bさんは、ほんまにねえ~
私、二日目からは挨拶しかしてないんですよ。
まあこれは、礼儀ですから。
そういう人には、関わるだけエネルギーの損失なので。
でも、マジにうるさいおばはんでした。

コメントを投稿

お出かけ」カテゴリの最新記事