気がつけばアラ還

ブログも13年目に突入しました。足跡はつけていませんが、皆さんのところへはお邪魔してます。

「しばしとどめん北斎羽衣」 花形みつる

2017年06月24日 00時36分28秒 | 読書

不登校になった男子中学生の前に忽然と現れた、葛飾北斎!

現代にやって来た、美の巨人・北斎 中学生が巻き込まれた粋なタイムスリップ。

これ、新聞で紹介されてて「面白そう」と思い、著者さんの名前も「花形みつる」←「巨人の星」に花形満出てたよね~

章の名前が一々北斎の作品名なの。「隅田川両岸一覧」とか「相州浦賀」とか。

現代にタイムスリップしてきた北斎を主人公の父親(古美術商)が連れ帰って、店の立て直しのためになんとかして良い作品を描いてもらおうと奮闘するけど、北斎はなかなかの頑固者。
思うように行かなくて~

そして北斎、結構現代生活に馴染みコンビニでプリペイドカード作って買い物したり、電気カーペットに座って動かなかったり。(まあこれにも後で明かされる秘密があるのだけど)

この作品の中に北斎のエピソードや当時の背景、歴史に出てきた名前などなどが盛り込まれ。
知らなかったのだけど、北斎は1999年に「ライフ」で「この千年で世界に最も重要な功績を残した人物100人」に日本人で唯一人、ランクインされていたんだって~

とにかく‘北斎リスペクト‘な作品なわけで、最後江戸時代に帰る時は読んでて泣けて来た。
もちろん、最後にあっと驚く仕掛けもあるし、それまでの色々が伏線だったんだなあ~って。

しかし、作家というものは最後の最後まできちんと計算して書いているのだなと(当たり前だけど)びっくり。
いや、ほんま、その構成力すごいです。

酒粕風味らしい。底からよくかき混ぜるようにと書いてたけど、テキトーにしたから味がも一つよく分からなかった。

ラインのオランジーナが当たるキャンペーンの。
初めてやったその日にすぐに当たったから、誰でも当たるのかと思ったらそうでもないみたい。
チューハイのアルコール分がないような味。

チョコようかんは、食べてないけど。大好きなほうじ茶で攻めてみました。
ふわとろほうじ茶くりぃむわらび、おいしい~

しっかり、ほうじ茶の香りしてました。

だけど、このランキングカテゴリーほんまにいいわあ~

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

「老後の資金がありません」 垣谷美雨

2017年06月20日 10時57分54秒 | 読書

ぎゃーん、写真がぶれてるわ~あ

ある家族に突然ふりかかった金難の数々。
娘の派手婚の費用負担・夫の父の葬式代や姑の生活費の負担・そしてなんと夫婦共に職を失う

それらが、周りのお友達の事情も絡めながら面白く描かれている。
色々な事情に振り回されつつもやりくりする主人公。
普通の主婦が頑張る!

絶対に周りにありそうな話やもん。

世間をにぎわせる、年金詐欺やDVなどなど描かれてて面白い。
身につまされつつも爆笑しながら一気に読めた。

失職なんて結構ありそうだもんね。年金受給開始年齢まで安泰と思われていたけど、そうじゃなかった。会社が倒産して退職金ゼロとか。

老後は安泰」って全然そうじゃないもん。
悲惨な話だけど、爆笑できるのがいいねえ~

やっぱりお金の使い方は、大事だね。

セブイレの「もちもち黒みつきな粉ロール」。三等分されてるから、普通に持って食べようとしたら「ああ~」。

おいし~い。

サントリーオールフリーで、点数を集めて応募したらもらえる「カレールー」。
まだ、食べてないけど。おいしそう~

お金がない!」って本の帯に書かれてたけど、禿げ同(激しく同意)
と言いつつ、「モネの池」(岐阜県)があまりにもきれいで。
友達は夫婦で行ったんだけど。スマホに送られてきた写真があまりにきれいで。

とても不便なところなのでママ友と日帰りツアーを申し込みました。
催行されるかな?

そのためにもお仕事ですね。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

私情対談 藤崎翔

2017年06月10日 20時02分16秒 | 読書

先日の「善人の裏の顔」が面白かったので、その次の作品を読んでみた。

これも又、二転三転するのだけど、とにかく登場人物が多過ぎてそして順番につながったり、つながらなかったりで。
え~と、この人は誰やったかいな?」と何度も戻って確認しなあかん。←私だけ?

そして、トリックもくど過ぎてやり過ぎな感が!「もうええわあ」って感じになる。
多分?もしかして?前作が横溝正史ミステリ大賞取ってしまったから?
作家さんもプレッシャー感じた?前作を上回るものを書かなあかんと思った?

絶対に前作の方が、いいと思うなあ~私は!

これは、甘みゼロの午後ティー。おいしい~でも、なぜかすごくおトイレが近くなってしまった。
私には、利尿作用あり過ぎかも?もう、これはあかんわあ~

息子と出かけた先で~滋賀県の名産品「鮒寿司」のソフトクリーム。

てっきり、クリームに練りこんであるのかと思ったら横に鮒寿司を刻んだ?練ったものをつけてくれる。
よく、クリームと混ぜて食べてくださいと言われた。

あまじょっぱく、酸味も。鮒寿司だけでは、無理やけど。ソフトクリームと一緒やったらOKかも?

道の駅」で、ブルーベリーパイも。

これ、結構大きいの。ブルーベリーがたっぷりで、おいしい~
道の駅に行くと、ついつい買っちゃうね。

今「蜜蜂と遠雷」のコンクール曲を本文登場順に聴いてる。
CDも出てるけど、You Tubeで。

本読んでへんうちに曲だけ先~もうすぐフジコヘミングの「トロイメライ」だ!


 


にほんブログ村
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

「愛の顛末」 梯久美子 「神様の裏の顔」 藤崎翔

2017年06月03日 14時19分24秒 | 読書

明治・大正・昭和に生きた文学者12人の知られざる愛の物語のノンフィクション。

ここに取り上げられている12人のうち、知らなかったのは鈴木しづ子さんという俳人だけ。
中島敦がとても若いうちに亡くなっていたのにはびっくり。

小林多喜二が特高に虐殺されたのは、知ってたけどそのご遺体の様子があまりにもひどくて恐い
最期に一緒に住んでいた女性が「アンダンテ・カンタビレ聞く多喜二忌」という句を残してのたは、知っていた。
でもその前に少し一緒に住んでいた恋人がいて、その人は「自分は多喜二にふさわしくない」と身を引いて、戦後どんな取材が来ても一切語らずその生涯を終えたこと。

檸檬」の梶井基次郎が宇野千代に憧れていて、ただそれだけの話だと聞いていたけど、本当は謎なこと。宇野千代はずっとその辺りをぼかしていて何も言わなかったこと。

ストーカーみたいなことをしていた近松秋江など。

作家達の意外な一面を垣間見ることが出来た。昔の人って、一切何も語らずってのが多いね。
何でもSNSで発信しちゃう今とは、大違いだ。

新聞で紹介されてて読んだめちゃくちゃ面白いミステリー。
横溝正史ミステリ大賞」受賞作。

著者の藤崎翔は、元お笑い芸人でギャグ?お笑い?みたいな要素がたくさん。
登場人物も本当にその辺にいる人たちだし、起こる事件もニュースで報道されてるような事件が多い。

二転三転して、「とてもすばらしい善人」→連続殺人犯→やっぱり良い人だった。
でも最後の大どんでん返し。私はこの大どんでん返しは、あかんのちゃう?と思うけど。
それでも今、ありがちな事象だわ。

一気に一日で読めてしまった。最後の辺は、仕事行く時間が迫ってきて、真剣に「これ読み終えて少し遅れて行ったろか?」と思ったくらい。もちろんちゃんと化粧もして定刻に行きましたが。

この人のが又読みたくて、今もう一冊頼んでる!もちろんAmazon中古で。

鯖の水煮缶詰とホールドトマトの缶詰とその辺にあったピーマンで。
鯖のお出汁が出ておいしい。意外に合うのね、鯖とトマト。

モリオリママさんとこで紹介されてた「ポテトウエッジ」。
早速作ってみた。パルメザンチーズが切れてたから、なしで。色んなスパイスでね。

おいし~い。じゃがいも4個をパパと二人で完食!
オーブントースターで気軽にできるのがいいね。

久しぶりにまともなものを作った気が~

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

谷崎万華鏡 谷崎潤一郎マンガアンソロジー

2017年05月18日 11時55分41秒 | 読書

ボツボツと本は読んでるけど、最近は軽めのものが多い。

谷崎潤一郎は、文豪の中で大好きな作家。
メジャーなものから、あまり知られていないものまで読んできたけど。

この本読んで、知らない作品がたくさん。

「少年」や「人間が猿になった話」なんて知らなかった。
この「少年」がえげつないこと・・・特に漫画なんで、具象化されてるから読むのが恐くなってきたくらい。

この本買おうかなと思ったのは、「痴人の愛」を描いてる作家が今日マチ子だったから。
女優の京マチ子と掛けている?京マチ子は、映画化された一番目にナオミ役で出ているもんね。

私が、見たのは船越英二と叶順子コンビと小沢昭一と安田道代の。
かなり古い~

谷崎の作品で好きなのは、やっぱり「細雪」これは、古いのも新しいのも見てるけど。新しいといってもかなり前。


台所太平記」も好きな作品で、これはドラマ化されて前の前の中村勘三郎が出てた。
痴人の愛」と合わせてmybest3です。

変なカップ麺を好んで食べてるというか探してるというか・・・

↑これ。

スーパーのレジで「色々変わったものが次々に出るねえ^^」と言われたぞ!

のりたまの小袋がついてて、それかけて食べるんだけど。このだし醤油が割と辛くて。薄口やったけど。うちって、かなり塩分控えめにしてるんやわ~

こんな感じですね。

これからも色々探したいけど、だんだん暑くなってくるし~
シマダヤの流水麺の季節がやってくる~

先日、そんなつもりやないのに私のラインの書き方が悪かったのか?誤解を招く表現があったのか?妙に反論めいたラインが・・・
誤解を解くためにレスしようかな?と思ったけど。

ちなみにブログじゃないですよ。リアル知り合いです。

顧客対応なら即するけど。よく考えたら、この先残りの人生で会うのは3回あるかないか?
「もうええかあ」と思ってそのままに。
もちろん、失いたくない人間関係ならちゃんとするけどね。

仕事で(なかなか)気を使い、プライベートで(それもどっちでもいい)も気を使うのは、もうええか?と。

人間関係もそこそこ断捨離していかないとね。

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

血脈 佐藤愛子

2016年05月06日 19時44分41秒 | 読書

やっと読めました。ついでにメイキングブックも。こちらは写真がたくさん載ってます。
(中巻だけ、単行本なのはAmazonで中古本を頼む時、よく見ないでオーダーしてしまったから。おかげで、持つのが重かった)

何と言っていいのか?壮大なめちゃくちゃな一族のストーリー。サトーハチローは、あの詩のイメージが強いだけに実の子供にも冷たくてびっくり。

ハチローの3人の弟達もなかなか波乱万丈すぎて気の毒な亡くなり方をしたり。
ハチローの息子達も大変で・・・・

愛子さんとそのお姉さんは、ハチローの異腹の妹たち。その2人も波乱万丈。


この本を親しみを持って読めたのは、愛子さんが南女(甲南女子)出身で当時灘中に通ってた遠藤周作が学生時代にラブレターを渡したとか読んだことあるし。
住んでたところが西宮鳴尾で、地理的にもよく分かるところ

上巻では、後の森繁久弥がちらっと出てくる。愛子さんのお兄さんとお友達やったみたいやね。

中巻では、なつかしい地名がたくさん。なかでも伊丹や阪急塚口。
正岡子規の跡継ぎの方のおうちが出てきたり。
私、高校がこの人のおうちに近いこともあって見に行ったことあります。
ああ~ここがあの正岡子規の~と思ったことが。
(かなり、癖のあるJKだったのでは?)

そして、何よりの収穫は阪急塚口駅前にあった「割烹旅館さとう」の謎が解けたこと。
この旅館、表通りから奥まったところにあって細い道がついていた。
いつもきれいに打ち水がしてあって、「なんでこんなとこに旅館あるんやろ?観光地でもないのに」と思ってた。
丁度バス停でバスを待ちながら思ってた。ikariの並びね。

それがハチローの亡くなった弟の奥さんがやってはったってことが中巻読んで判明。
いつまでしてはったんかな?1986年にその奥さんが亡くなってはるから、それくらいまでしてたのかな?

何年か前からそこは、和民になっております。

とにかく色んな人が実名で出てくる。
正岡子規の跡継ぎさんは、阪急電鉄に勤めてて朝比奈隆と同僚だったとか~

面白いわあ~

人が人を求めること。憎みながらも愛情を求めること。血の繋がった者に対するとても深い思い。
陽がたくさん当たるということは、それだけ影も多いということ。

そんなことがしみじみと感じられた。

読みながら少し泣けてきました。

久々に泣ける!めちゃくちゃやけど泣ける!

でも一番の収穫は、旅館さとうの謎が解けたことかな

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「孫と私の小さな歴史」 佐藤愛子 「あんこの本」 姜尚美

2016年04月09日 19時40分35秒 | 読書

これは、帯の「桃子、もっと真面目にふざけなさい!」に惹かれて読むことに。

孫娘と大作家の驚愕の年賀状20年分を大公開したもの。
桃子さんは孫娘さん。1991年生まれかな?

2人で海賊やドラキュラや、さらし首などに変装してその写真を年賀状にしていたそう。
写真だけでなくて、エッセイや孫娘さん、娘さん、佐藤愛子さんの鼎談も載っている。

元々、佐藤愛子や田辺聖子の大ファン。随分、色んな作品を読んでたけど。
お二人とも関西の方だしね。
面白いけど、その中におかしさや哀しさやけったいな(変な)感じがあって、大好き。
佐藤愛子のほうが、「実も蓋もない感じ」で。それがその笑いながらも泣けてくるみたいな。

やっぱり関西人のノリやね。

この本、あっという間に読めました。
一番笑ったのは、30年も前に別れた元夫が、娘や孫に会いたくてちょこちょこたずねてくるところ。
元夫のことを「乃木将軍の干物みたいになって」と書いてる。

分かったような分からんような。
佐藤愛子は、1923年生まれだしね。そんな例えになるか!

やっぱり面白いわあ~と思い、彼女の作品では重い10年以上をかけて完成した大作「血脈」をAmazonでオーダー中。

辛い~当たり前~ぴりぴりぴり。

こちらも前から買いたいなと思ってた本。Amazonで安く出てたので、購入。
とってもきれいな状態できたよ。

ほとんどが関西のお店のもの。徳島や東京のものもあるけどね。結構食べたものが多い。
あんこのお菓子に特化した本。

この表紙の写真は、私が去年買いそびれた中将餅本舗の「よもぎ餅」。
ああ~やっぱり食べたい。これだけ、買いに行くべき?
電車いっぱい乗り継いで。

魔が差したのか、パディントンのガチャポン。私は、ipodのコード巻きが欲しかったのに出てきたのは、これ。
コップのふち子さんみたいなもの。一番使いでがないものに当たった。
もちろん、1回で止めましたよ。

年始から有名人の不祥事で謝罪会見が多い。
ええ~ほんまに?みたいなんも多いけど。
このところ、テレビもまとめにかかってるのか「謝罪会見特集」みたいなのが多い。

どの謝り方がいいか悪いか、点数つけてやってる。危機管理評論家が出てきてる。

でも、でもね。友達とラインで盛り上がってたんだけど、某有名落語家は絶対に出てこないんだよね。
あんなにテレビで、はっきりと否定してて結局は数日前までやり取りあったラインまで、出てきたのに。

あんなんやったら「芸の肥やし」とか言うほうが、まだましやんって。

挙句の果てに70過ぎて、リベンジポルノまでされてしもて。
2人だけしか知らないこと公にされて。(する方が一番悪いけど)

多分、20年も付き合っててんから一生面倒見てもらえると思ってたんやろねえ~別れるんやったら、店の一軒でも持たしてあげなね~

とラインで盛り上がったのでした。

今週からやっと通常勤務(それも今度の上司はとても良い人)なので、ほっとした。
やっぱり、人間関係が一番。それも少人数だとね。

私も、今日あるはたまたま今の場所が自分にfitしてるだけであって決して驕らず謙虚にいかなくてはと、新学期の桜と共に思ったのでありました。

ああ~早く来ないかなあ~「血脈」!
Amazonで9円でした。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

「楽園のカンヴァス」原田マハ→「ホテルローヤル」桜木紫乃→「コーヒーと恋愛」獅子文六

2015年08月12日 22時21分44秒 | 読書

ここのところ続けて3冊。

まずは「楽園のカンヴァス」。れいの大原美術館ツアーに備えて読んだのだけど。
舞台となるのは、大原美術館。もちろんフィクションですが。

ルソーの名作「夢」に酷似した作品の真贋判定をして勝者にその絵を譲ると告げられるキュレーター同士の戦い。

キュレーター達にもそれぞれの人生や事情があり。
そして、ルソーの「夢」にこめられた思い。

永遠の愛と生、真実。
だからこそ「楽園のカンヴァス」という題名。初めの部分は物語の伏線部になっていて、最後に出てくる女性が心なしか「夢」に描かれた女性に似ているような~の部分でああ~なるほどおと。

作家って初めからちゃんと構想を練って作品を書いてるのだなと改めて実感。ちゃんとつじつま合います。
永遠の愛と生に感激して最後の方では、涙ぐみながら読んだ。
だから、大原美術館でルソーの作品を見た時は「これは・・・・」って。少し涙が。
ヤドヴィカ」とつぶやき(ヤドヴィカは出てへんのに)完全にあっちとこっちがごちゃ混ぜになった危ない人になってますな。←私・・・

次は第149回直木賞受賞作の「ホテルローヤル」。
読みたいと思っていたのだけど、図書館行くのも面倒だし。
ヤフオクで単行本1円で出てたので、買いました。

北国のラブホテルを舞台にあんまりな非日常が描かれる6編の連作集。ちゃんと話はつながります。

でもその「あんまり感」「どないしたらいいの?感」「やるせなさ感」にやられました。
思わず節約しなあかんわあとか、老後の心配とかそんなんを思う。

都会と地方、正規と非正規など、格差社会がある現実。
どんよりしてしまった。

気分が落ち込みそうになったので、最近よく新聞で紹介されている獅子文六に手を出しちゃう。

コーヒーと恋愛」これは、まだテレビが新しかった頃を舞台にしたドタバタ恋愛ユーモア小説。
昭和30年代終わりかな?

この頃でも「戦前と戦後の違い」「最近の若いものは」「いまどきの風潮」などというワードがちりばめられている。

ほのぼのと面白かったです。

ほっとできました。
「ホテルローヤル」を読んだ後だけに、やっぱりこういうのがいいわと思う。

あんまりずっしりと重くなるのは、ちょっとね。

爽の冷凍みかん味。
やっぱりスイカ味がいいかな?

「楽園のカンヴァス」一押し!
色々な画家や詩人が出てくるのがいいな。
そして絵には画家の魂がこめられていること。
しみじみ~

そう言えば、大原美術館で学芸員さん解説の時「白樺派」関係の作品も多く収蔵されていると。
うちの息子は「白樺派」のことを「しらくも派」と読んでた大バカ者であることを思い出す。
ついでに「北大路魯山人」と「阿Q正伝」の「魯迅」が同一人物と思っていたらしく、つくづく情けない。

今度は同じく原田マハの「ジヴェルニーの食卓」がいいかも?

でも今は二冊目の獅子文六を読んでるのでそれが終わってからね。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

正しい恨みの晴らし方

2015年02月08日 11時12分31秒 | 読書

これは何も「丑の刻参り」とか「五寸釘で藁人形を刺す」とか「黒イモリ?をぐつぐつ煮る」「黒魔術をかける」「呪いの呪文を唱える」とか(どんどん浮かぶ)そんな恐ろしい本じゃなくて、誰もが持つネガティブ感情を脳科学で読み解き、その時脳はどうなっているか?どんな心理状態なのか?

まあネガティブ感情とうまくつきあっていく方法、手放し方の本なのです。

題名だけで期待した方(そんなんいるか?)ごめんなさい。
読み出してるけど、結構面白い。仕事の関係で脳科学の本は時々読むけど、それはどうやって学習させるか?学習定着を主題にした本が多いから(当たり前)このネガティブ感情の消化方法が書かれたのは、目からうろこ的。

全体に鶏そぼろがまぶしてあるのかと思ったら、芯に鶏そぼろが。ゆばは、ご飯全体に。
おいしかった。

一人ランチ。ボソボソボソ。デパートの中なので、おばさま方が多い。隣のおばさま達が大きな声でしゃべってる。「孫には会いたいけど、娘とは会いたくないからもう何年も行ってないのよ」と言うてはる。
母子は仲いいものと思ってる私(何でも自分を基準に考えるからね)は、びっくり。
そう言えば知り合いで近くに住んでても絶対に行き来しない母子を知ってるから、結構あるのね。

家族仲良くって簡単で単純そうだけど、結構難しいのかも?それを思うと当たり前のことがいかに尊いか大切か!

pinoとDarsのコラボ。おいしい~

ヤフオクで落札したレッスンバッグ。マチも十分ついててきれいに縫製してはる。シンプルなリボン飾りが可愛い。ハンドメイド。

今ピアノで始めたのが「いつか王子様が」jazzバージョン。

私、これがディズニーの「白雪姫」のだと知らなくて。
品川スキンクリニックの曲やと思ってた。

https://www.youtube.com/watch?v=kNmi5Cs8zBA

これでは年齢が出てないけど、テレビでは年齢が43歳とか46歳?とか66歳とか出てる。
で、何か笑いそうになりながら見てて。ピアノの先生に説明する時にもげらげら笑って。
先生も「気が付かなかったわあ。今度気をつけて見てみるわ」と言うてはった。
何か妙にツボにはまる

ちょっと悩みがあって、友達に相談。「こうこうこうやねんけど、どないしたらいいやろ?」みたいな~
その友達、ほんまのことを書いてくれはった。私もそうは思ってたことやけど。

これ、勇気いったやろなと思った。私も何年か前、真剣にその人のことを考えて本気でアドバイスしたら逆切れされて怒られて、絶交されたわ。
別にかまへんけど。しょせん、そこまでのご縁やったんでしょう。

その後、色々読んだり聞いたりしてるうちに女性同士の相談というのは、本質的には聞いて欲しいだけのこともあるしマジで答えたら怒らすことが多いって。だから、私も誰かに相談されても当たり障りのないように曖昧な返答をしてきたけど。

そういうほんまのことを言うていいのは、カウンセラーか占い師だけやと思ってた。

だからその人の勇気に感謝。言いにくいことを言うのは、勇気がいるものね。

最終的に決めるのは自分でも後押しとか必要な場合もあるから。

ありがとう。

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

坂本司リクエスト!和菓子のアンソロジー

2014年07月24日 18時22分52秒 | 読書

和菓子のアン」を読んで坂本司さんの本、楽になれるわあ~楽しいわあ~ちょっと気分が楽になるわあ~

そんな坂本さんが、和菓子に関連した小説を10人の作家さんに頼んで書いてもらった短編集。
和菓子がモチーフ、ヒント、トリガーになってるお話ばかり。

作家さんの方もかなりな充実ぶり。

最近は、重い本はダメなの。重量じゃなく読んでてずっしりと心に響くのは。考えさせられるのは。
ほのぼのとしたり、ふっと楽になったりそんな本が好き。

友達は心を浄化しようとして三浦綾子の「塩狩峠」を読んでたらしいけど、あまりの崇高さ?重さにめげたらしい。私も昔、40年くらい前に読みました。
一時、三浦綾子にはまってた。原罪とか心の氷点とか・・・


こないだは、「花子とアン」から「白蓮れんれん」をもう一度読み返してみた。

新製品?おかきのようなスナック菓子のような?

↑2点とも、春巻きの皮をピザ生地に代用して作ったなんちゃってピザ。トマトソースがないので、適当に具材を。おネギたっぷりが、好き。

春巻きの皮って、焼いたらパリパリになるのよ。手でサクっとちぎれるし。
一枚で薄過ぎて心もとないので、二枚重ねにして焼いてみた。

おいしかった。

花子とアン」では、今は蓮子さまが年下の帝大生と駆け落ちして、身重になったので身を隠しているところ。
大金持ちやけど、愛のない夫との生活を捨てて~

でも私らくらいの年の主婦の感想は、「愛はいらん、お金欲しい」。適当に遊んで、お金持ちの夫との生活を続けてたらいいのにねえ~

ああ、10万くらいにぎりしめてデパートをうろつきたい。

蓮子さまに比べて、しょぼ過ぎ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加