気がつけばアラ還

足跡はつけていませんが皆さんのところへはお邪魔しています。限られた時間・体力有意義に過ごしたいなと思います。がんばれ私!

ごちゃごちゃごちゃ

2016年04月03日 11時17分14秒 | 独り言

誤発注の後始末・・・・

報告書の未記載・・・・

かき回すだけかき回して、1年で退場・・・・

ラインの学生時代グループ会話もうっとうしい。
お花見日和ねえ~どこそこでお花見中~
孫ちゃんがどうとかこうとか~
私は、6日連続で仕事してヘロヘロ~
既読スルーはあかんやろから、テキトーに参加。
(このグループは、私が価値を置いてるものはあまり関係ないみたいだし)
なんか、気分悪う~

こんな時、若い人と一緒ってのはありがたい。

「ライングループの通知がうっとうしいねんけど、まさかグループ退会するわけにもいかへんし~。さっきからうざい。」

「そんなん、通知オフにしたらいいんですよ。後でまとめて読んで、テキトーにしといたらいいから」

分からへんから、やってもらった。

ありがとう。
助かりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無事終了

2016年02月28日 09時23分43秒 | 独り言

今期無事終了。

なんとか終えることが出来た。

振り回されっぱなしの1年だった。

来期に期待!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お誕生日おめでとうございます

2015年09月12日 19時35分02秒 | 独り言

少し遅れましたがお誕生日おめでとうございます!

どうぞあなたにとって、健康で良い一年でありますように。

(これしか方法がなかったので)

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

居場所がない

2012年05月11日 12時50分31秒 | 独り言

うちはパパが毎日家にいる。
そりゃ助かることの方が断然に多いけど、一人になる時間が私にはない。

パパは、家事を済ませたらそれ以外の時間はPCのお守り。
主にユーチューブで衝撃映像ばかり見てる。はっきり言ってしょうもない。

出かけると行ったってホームセンターとか病院くらいやから、すぐに帰って来るし。

昨日の夜中、寝られないし起きてリビングにいた。
書類の整理したり深夜放送をぼんやり眺めたり。

そうしていると絶対にパパが起きてくるのだ。絶対に必ず。トイレだけ済ませてさっさと二階に上がればいいけど、リビングに入ってきて「やいと」をしたり、シップを貼ったり・・・・

思いっきりイヤそうな顔をしてても気づかない。最悪なことに昨日はなぜか夜中なのにお菓子を食べようとしている。そのお菓子を又わざわざカンカンに入れ替えてるから、出そうとしてカンごとひっくり返し大きな音!

私は大きな音が大嫌いなのに。まだ用事は残ってたけど、ムカつくし腹立つから走るように二階に上がった。気がついたらベッドの中で泣いてた。

今日は図書館で一人のんびりしようとして行ったら、近所のおっさんに遭遇(推定年齢パパより上)。このおっさん挨拶だけやったらいいけど、絶対に話しかけてくるのだ。気温がどうのとかどうでもいい話で。
はっきり言ってしゃべりたないねんけど。

今日も挨拶だけして行きかけて又戻ってきてしゃべりかける。適当に挨拶しとく。その後図書館をうろうろしてたら、おっさん帰るようで、又挨拶。そして又しゃべる。「もうええっちゅうねん」

併設の展示室で面白い物がやってたから見に行こうとしたら、そのおっさん発見。どうせしゃべりかけられるから退散する。

おっさん、私が「しゃべりたくありません」モード出してるの気づけよ。マジにウザイ。もちろん挨拶は常識だからするけどね。それ以上はNG。

無神経な私の神経に触る人だらけで、イヤ。

ああ居場所がない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私のつぶやき 桜に思うこと

2012年04月15日 16時24分15秒 | 独り言

昨日は電車の窓から満開の桜を見た。
今日も買い物の行き帰りに桜を見た。

今年はこれでいいかなと思っていたら、思いがけずパパが車をわざわざ遠回りしてくれて桜を見に連れて行ってくれた。

曇ってたのであまりきれいに写らなかったのだけど。

桜を見てると数年前に横浜で桜を見たことなんか思い出して悲しくなるけど。
でもこないだ読んだある一節が思い出される。

「なくしてしまったもの・過去となってしまったものを振り返り惜しむから辛くなるのだ」と・・・

確かにそうだと思う。もちろん天災でなくしたものでもないのだから。

私がカウンセリングでよく言われるのは「あなたが持ってるもの(物質でも自分の資質でも)に気づかないと~」「あなたがどれほど、おうちで大切にしてもらってるか気づかないと~」って。

わざわざ遠回りして桜を見に連れて行ってくれるパパ、好きなお稽古事を出来る環境、週に3.4日でいい仕事、慕ってくれる生徒や講師。(昨日は私を見かけたからとわざわざ階段を戻って来てくれた女子講師・数年前に辞めた生徒が道で私を見つけて走って来てくれたりとか)

それら全てを「大変ありがたいこと」と受け止めなければいけないのだということ。

「なくしてしまったものやないものにこだわるより、今あるもの・持っているものを受容して自分の価値を認めなさい」って言われることの意味。

だよねえ、ももっち。それがなかなか難しいことなんだけど・・・

(この文章って私が自分の気持を整理するために書いたもの。だから訳のわからん文章。そしてこれに関してはコメントもご遠慮願います。「それやったら書くなよ、オバハン」とか突っ込みは入れんといてくださいね。書くことはとても大切なことなのです。)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加