憩いの森

安らぎと憩いを求めて!

5月連休で大渋滞なのに国営ひたち海浜公園へ突貫ドライブ!!

2017-05-05 11:25:55 | 旅行・趣味
●↓パンフレットPDF資料ダウンロード (画像をクリックすると公式ホームページのPDFをダウンロードできます。)




●↓GoogleMapsの経路図 今回は右側の海岸ルート51号線で大洗まで北上した。



●国営ひたち海浜公園 公式ホームページより
http://hitachikaihin.jp/



妻の要望で、5月連休シーズンはただでさえ大混雑人気のスポットエリアであるひたち海浜公園へ行くことに!

開園時刻の午前7時30分に行っても駐車場入りで1時間待ちとの情報のある場所だけに、前日は早寝、5月4日(木)の午前5時前にマイカーで千葉を出発した。

GoogleMapsの予想では所要時間は東関道~圏央道~常磐自動車道回りで1時間41分、東関道~潮来~国道51号線回りで1時間50分となっていた。9分程度の違いなら国道51号線で間に合いそうなので、連休渋滞が予想される常磐道回りはやめた。

連休の大混雑は考慮されていないのでこれに3割増しには見ておかないといけないだろうとは思ったが、今回は午前7時30頃に近くまできたのに駐車場待ちで約1時間もかかり、公園の臨時駐車場に入れたのは午前8時30分ごろだった。

公園近隣の道路渋滞にはまるまではまずはGoogleMaps の所用時間で到達した。その精度には驚くが、渋滞予想はホームページなどを見ないと予想できない。

駐車場は何か所かあるが、それぞれ入る道が異なるので事前に公式ホームページの地図をよく研究してゆくことをお勧めする。

さらに右折れで入るルートは絶対に駄目で左折れで交差点に入るようにU-ターンしてでも車の向きを変えて公園入口近づかないと早く入れないことがわかった。

ただし、Web上の書き込みでは平日は目立った道路渋滞はないようなので平日の来場がお勧めである。

ようやく210円(65歳以上は半額)を払って園内に入ったが、まあ、連休ということもあり芋の子を洗うような!混雑だった。

来場の目的はこのシーズン最大の見ものである青紫色の可憐な花「ネモフィラ」の群生の見物である。

広大でなだらかな見晴らしの丘に郡生しているネモフィラの景色ははやはり評判通り素晴らしい。

以下にその写真を掲載した。(コンデジPanasonic Lumix DMC TZ70)

1.↓公園の入り口 (西側のネモフィラのある見晴らしの丘から南側にある。)



3.↓ネモフィラ :ハゼリソウ科(ムラサキ科) 学名:Nemophila 秋にタネをまくと春に花を咲かせます。草丈はあまり高くなりませんが、細かく枝分かれして横方向によく茂ります。花色は青空のようなブルー、白、黒に近い濃紫などで、満開時は株を覆うくらいの花を付けます。複数株植えると満開時は見事で花壇に適しています。



4.↓冬の花すいせんもまだいくらか残って花を咲かせていた。



6.↓園内をめぐるサイクリングコース(池を横断する道)も魅力だ。小学生も大勢走っていた。


7.↓調整池の周りの風景は絵になる。



9.↓歴史展示物の2件の古民家は中に入れる。藁ぶき屋根の農家は板張りの床で冬は寒かっただろう。


10.↓みはらしの丘に登る人・人・また人!! 富士山登山者の行列のようだ!!


11.↓地味な菜の花がひっそりと咲いていたが、青色一色の中でかえって目立っていた。



13.↓ネモフィラ群の中に別の赤い花がチラホラと薬味を添える。



15.↓可愛いペット連れの客が愛犬を撮影中、とても可愛いので横から撮らせてもらった。


16.↓みはらしの丘に登る観光客の行列は続く。


17.↓みはらしの丘頂上は標高58mでひたちなか市では一番高い山?である。



19↓丘の途中で記念撮影、妻はいつものように撮られ嫌いでコマなし



21.↓丘の途中にこのように客が自由に打てる鐘がある。


22.↓みはらしの丘 (パノラマ写真も)




25↓丘の頂上で記念撮影、丘周辺の景色がよくわかる。


26.遠くに見える南東側の遊園地にある観覧車、こちらは次回に行ったときに見物することに


27.↓古い家のデザインで作られたトイレだが、常設にしては場所も数も少なくてこのように女性用は待ち行列、暑い日差しの中で30分待ちで公園の設計者は不親切である。


28↓古民家の一つの内部



29.↓若干だがつつじも咲いていて彩りが良い。



【編集後記】

「みはらしの丘」を登って歩きくたびれたのと、園内には売店はあるものの気の利いたレストランはないためネモフィラ見物の西側区域の散策2時間だけで引き上げることにした。昼前に駐車場に戻る途中も入園者は続々と人波が続いた。

観覧車のある南側と砂丘のある海岸側は行かずじまいであったが、入園して感じたことは、料金は大人420円(65歳以上は半額)で安いのは良かったが、簡易トイレの増設はしているものの総じて常設トイレの数と誘導サービススタッフの不足を感じた。

特に女性はトイレ待ちの長い列に並ぶ姿が見られた。わたしの妻も30分は待っていたのでこれは何とか改善して欲しい点だ。それと5月連休で駐車場へ向かう車でッ道路が大渋滞しているのに周辺に誘導する警備員が少ないことである。たしかにネモフィラを中心とした花はきれいで手入れも良かったが、国営の名にふさわしい運営態勢とは言い難い印象だった。

昼食を取るために大洗で刺身の料理店「忠心」をスマホで探して行ったら、なんと30人近くも客が細い路地で待ち行列中だったのであきらめて、鉾田市内まで下り、ファミレス「CoCo's」で昼食を済ませた。

大渋滞が予想された東関道から大栄JCT~圏央道~常磐自動車道を避けて、東関道~潮来~鹿島~鉾田~と茨城県の東側の海岸線を走る国道51号線が空いていてを通らずに大洗まで行くのに常磐道より9分遅いだけの指示であった。5月4日の連休中であったが実際に渋滞は全くなかった。有料道路代金も少なくて済んだ、

帰りは道の駅「潮来」で野菜と漬物を買って帰宅した。ここも大勢の観光客で混雑していたが、今日は気温も暑くも寒くもなしのドライブ日和だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母が95才の生涯を終える | トップ | 夫婦で草津温泉旅行 (2017/... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさま (Lab 通信)
2017-05-06 04:44:10
行って来ましたか?ここは人気がありますね
あさテレビで中継していました。
ちょうどこの日、わが家でも双子を連れて茨城の実家に行きました
東関道の大栄I.Cから圏央道を使いましたが、稲敷から大渋滞。。。
高速を途中で降りて一般道で行きました。

常磐道の土浦で事故だったそうです、憩いの森さんの行かれた時間帯では
まだ渋滞に巻き込まれることはなかったと思いますが...

この日、天気もよくて暑くもなく良かったですね
奥様とご一緒で楽しまれた由、いい休日でした
それにしてもこの風景、圧巻ですね?一度、見てみたい!と思うけど
この混雑ではちょっとね?あきらめます。

昨日は、奥多摩から富士山を見てきました。最高でした。
後日、ブログアップします。
訂正です (Lab 通信)
2017-05-06 04:58:22
すみません!訂正です。
こちらが行ったの3日でした...

4日は花島公園でした。ベンチで昼を食べましたが
日影ではちょっと寒いくらいでした。
今がいちばんいい季節ですね?
連休後半も楽しんでください
Unknown (憩いの森)
2017-05-06 09:54:04
コメントをありがとうございます。>Lab通信さん

Lab通信さんは連休中はあちこち行かれたんですね。4月29日の御殿山遠足ブログは見させていただきました。

大勢の仲間とワンコたちでにぎやかな団体様、楽しそうでうらやましいです。

それに5月の連休もご実家と近隣の公園散策と毎日のように活動されているのがすごいです。よく体力が続くと感心します。

こちらは老骨に鞭打って1日ドライブでも疲労で翌日は休養日が必要です(@_@。

5月3日の日で常磐道が大混雑だったとのことで、やはり鉾田市経由51号線に逃げて行ったのは正解だったかもしれません。

今朝のテレビでもひたち海浜公園近隣で1kmの渋滞と放送していたので10時前の今頃も駐車場入場待ちで行列ができていることでしょう。

富士山の写真も見たいです。ブログアップを待っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。