ゆけゆけ 桃太郎日記

岡山に単身赴任して帰ってきたサラリーマンの思ひ出ぽろぽろ

同期deサシノミ

2016-09-30 23:35:55 | 日記

絶不調だった今週ですが、今日はようやく立ち直ってきた感じでした 

 

よって、

J1チームのタカダイバーさん

からいただいた、おかきもペロリと平らげることができました。

京都の高級おかき。

先日のKD婦人警官さんの大福といい、今日のタカダイバーさんのおかきといい、最近はJ1チームの方々からの差し入れが目立ちます 

なんかあったっけ? 

 

まあ、タカダイバーさんの場合、実は・・・

前日のお客さま訪問の際、持参すべきお土産を会社に置き忘れてしまった

というのが真相ですけど 

 

おかきも美味しかったけど、名店ツマガリのバタークッキーもヨダレが出そう。

こちらは今日まで研修でいらっしゃっていたネネさんから頂戴しました。

ネネさん、ありがとう&おつかれさまでした。

今回の研修内容が、今後少しでも役立てば幸いです 

 

 

話は戻って、J1チームといえば、昨日(木曜日)はヒノさんとサシ飲みに行ってきました 

同じ中国エリアで入社したヒノさんは、内定式以来の親友であり、この7月から同じセクションJに異動してきました。

そんな関係なので、店の方も特に決めておらず、お初天神界隈を2人でふらふらと歩いて、ビビッときたこの店へ 

『九州だんじ』。

 

この日のひろぽんは復調度合いは50%ほどで、病み上がりというか、まだ上がっていない感じ。

ここ2日間、ろくに食べていなかったので、アルコールが五臓六腑に染み渡り、酔いが回るのが早いこと、早いこと 

 

ヒノさんチョイスの料理の数々。

チキン南蛮に、明太子入り厚焼き玉子。

 

ホルモン焼き。

 

あ、これはひろぽんが選んだつくね卵。

これを肴に、オッサンふたりで戯れながら、焼酎などでちびりちびりとやっていました 

 

新入社員時代は「つみきみほに似ている」と言われていたヒノさん。

同じアディ大出身です(爆)。

先日までの夏イベントではいきなりの洗礼を浴びたようですが、そんな苦労話はもちろん、新入社員時代のムチャ話や同期連中の話題など、楽しい語らいでした 

 

さすがに帰りはフラフラでしたわ。

次はそろそろ同期会をせにゃいけませんかね~。

同じくアディ大卒、のぶじさんに幹事をしてもらおうかな 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おみやげぽろぽろ

2016-09-28 23:51:46 | 日記

結局、昨日(27日)は腹痛がひどく、更に「ゲーリー・オブライト」や発熱もあり、とても出社できそうになかったことから、年休をいただきました 

全く同じ症状でダウンした嫁さんと一緒に診察を受けたのは・・・なんだか新鮮でした。

昨日は仕事上のイベントの多い日だったし、職場では「仮病疑惑」も飛び交っていたそうですが。。。 

 

薬のおかげで熱は下がり、腹痛も幾分治まったので、今日はなんとか出社。

ですが、「飛んで火に入る夏の虫」状態でハプニングも勃発しましたが、辛うじて切り抜けることができた・・・かな 

 

回復度は30~40%程度ですから、いただいたお菓子類については殆ど手付かずの状態は変わりません。

月曜日から研修でいらっしゃったバニシ社さんからの差し入れのドーナツ。

こちらは早めに食べねばと思い、月曜日に自宅に持ち帰り、いただきました。

ゆうと選手が 

この時点で相当体調が悪かったので、ひろぽんが食するのはムリがありましたね。

 

こちらは、セクションJボスとほりこっちゃんからの、地球の裏側みやげ。

まだ大切に持っています。

 

ホソゴロウさんがシルバーウィーク中の家族旅行で買って来てくれた、奇跡のりんごかりんとう。

奇跡のりんごについては映画化されましたね。

 

そんな上司のホソゴロウさんからのお土産の価値を下げるような行動に走ったのがカッシーさん。

同じくシルバーウィークを利用して北海道に新婚?旅行に行った際のお土産、北のショコラバターサンド。

 

この他にも、北海道といえばカニをはじめとした新鮮な魚介類が有名ですので、そんなお土産が・・・

あれっ、ちがった 

 

ミニドリームマット。

枕と枕カバーの間に入れて使用し、ラベンダーの香りで心地よく睡眠できるそうです。

 

さらに、富良野メロンキャラメルも。

このキャラクターは「ふらメさん」というそうですが、

カッシーさんはこの絵を見ながら、

「(先輩の)ヒラメさんに似ている」

と笑っていました 

まあ、ど~でもいい話ですが。

 

 

そして、お土産シリーズのトリを務めるのがコチラ。

霧の森大福。

これまでの松山出張の際、販売店に立ち寄ってみても、売り切れだったり、営業していなかったり・・・と、これまで縁のなかったお菓子。

そんな希少なお菓子ですが、J1チームのKDさんからの差し入れでした 

KDさんからは2ヶ月ほど前にも美味しいラスクをいただきましたね(融通か利くじゃないの)。

誰ですか、融通が利かないなんて言ったのは 

 

抹茶のほろ苦さとこしあん&クリームの程よい甘さが絡み合って、美味しい 

既に月曜日のこの時点ではお腹の調子は悪かったのですけど。

 

で、この差し入れですが、色々調査していくと、実は大玉ダマさん(左)からの要求?脅し?疑惑が浮上 

早速御礼をせねばと考え、カッシーさん(右)の北海道土産を活用することになりました。

2人にとってはKDさんは大先輩、というか今後の会社人生を左右するかもしれない(←大袈裟か)御方です。

ですが、「仕事上の肩書きなんてクソ食らえ」が2人の共通的な基本スタンス。

その傲慢さが霧の森大福に行き着いたのかもしれません 

 

KDさん、お気遣いいただき、ありがとうございました 

また、ヤンジェネ軍団が若気の至りで失礼しました。

どこかでちゃんと御礼をせねばなりませんが、そのときは「JKチーム喜び組」の投入を検討中です 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お菓子マイレージ

2016-09-26 22:34:46 | 日記

昨晩のピザが効いたのか、今日は腹痛と「ルー・ゲーリック」、微熱によりしんどかったです 

よって、本日から一週間、バニシ社からJKチームに研修でやって来られたネネさんの歓迎会もドタキャン。
すみません 

しかも、こんな日に限って、机の上にはてんこ盛りのお土産のお菓子類。

このとおりのコンディションですから、殆ど手付かず仕舞いでした。。。

明日も昼夜何かとイベントがありますが、この調子だとどうですかね~(滝汗) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名勝負!HJ大会

2016-09-25 22:58:16 | 家族

今日は、嫁さんと一緒に、がくと選手の陸上の応援に行ってきました。

トラック競技としては今シーズンの締めとなる、県東部エリアのHJ大会 

秋のビッグイベントを盛り上げるべく、心配されたお天気もなんとか持ってくれました。

 

がくと選手は前日のリレーに続き、本日は走り幅跳びに出場。

昨年は4位で惜しくも表彰台を逃したこともあり、今年に賭ける思いは相当強かったと思います。

がくと選手がルーティーンのポーズを取っている後ろで待機しているのがこのエリアではランキングトップのIくん。

ちなみに、がくと選手の前がIくんと同じMKSチームのYくん。

持っている記録で跳躍順が決まっているんですね。

いずれにしても、この2人の所属するMKSチームは非常にスポーツの強いチームです 

 

これまでがくと選手はこのグラウンドとの相性が今ひとつなんですが、今回の大会には

「あのチームの2人の一角を崩したい」

と、意気込んでの参加でした 

 

50人ほどの参加者が予選を3本飛んで、その上位8人が決勝に進出して更に3本飛び、飛距離順で決まります。

まあ、一般的なルールですな。

 

 

では早速、がくと選手の1本目。

本人の緊張のほどは分かりませんでしたが、踏み切りも確実に、手堅いジャンプを見せてくれました。

6メートル29

がくと選手の自己記録(6メートル71)からすれば物足りないものの、メンバー的に決勝進出をほぼ確実にする数字 

もちろん油断大敵ですが。。。

 

がくと選手の2本目。

助走前、自己を鼓舞するべく声を上げるがくと選手。

これを受けて応援席の人たちも掛け声で応えるという、いや~青春ですなあ 

 

2本目はちょいと踏み切りが甘かったのか、

6メートル22

悪くはないのですが、あとひと伸びが足りない感じ。

所詮素人ですから、あくまでも「感じ」です 

 

で、3本目。

これはスピードに乗って、高さのあるいい跳躍ができました。

が、残念ながら、ファール

こちらから見ると、どうにもファール線から足が出ているようには見えないんですけどね(○部分) 

プロ野球だったら、ビデオ判定を求めたいくらい。

 

ですが、がくと選手は赤い旗にも文句を言わず、引き下がっていました。

クソオヤジと違って、人間ができてるねー 

というか、本人的にはこの日初めて納得のジャンプができたそうで、決勝に繋がるぞという気持ちになったそうです。

いいねー、前向きで。

 

 

そして、決勝メンバーが揃い踏み。

どうやら、がくと選手は予選を4番目の記録で通過したみたい。

このままだと、今年も表彰台を逃してしまいますぞ 

 

そして、迎えた決勝1本目。

予選の3本目の勢いそのままに素晴らしい跳躍を見せてくれたので、(それほど細かくはないけど)連続写真で 

やや高さは足りなかったものの、スピードを活かして飛び切ったというふうに見えました。

その記録は・・・

 

6メートル76 

自己新記録更新、そしてこの時点でトップに躍り出ました。

自ら拍手をしたりして、気合が入っていたなあ。

 

続く決勝2本目。

6メートル61

直前のジャンプと比べれば、やや大人しめだったかな。

 

そして、決勝3本目、オーラス。

泣いても笑ってもこれが最後。

これは高さもあって、この日一番のビッグジャンプだったように思います 

でしたが、今回は明らかにファール

狙いすぎたのか、照れ笑いを浮かべるがくと選手。

ここまでトップとはいえ、最後まで攻めの姿勢を貫くことはいいことだと思います。

 

そして、優勝の行方は、現時点トップ(6メートル76)のがくと選手に対し、跳躍をあと1本残しているMKSチームの2人の結果如何となりました。

まずは、Y選手。

躍動感溢れる走りと跳躍を見せ、記録の発表を待っていると・・・

「ろくめーとる ななじゅう・・・」

 

もうね、全身から汗が噴き出しそうになりましたわ。

そして、

 

「ななじゅう・・・

 

。。。 

なんと1センチ差で、トップをキープしたんですね。

3年前、がくと選手の中学時代、まさにこのグラウンドで1センチ差でファイナリスト入りを逃してしまったことを思い出しましたよ(1センチ) 

 

まだ次には優勝候補の筆頭、I選手が残っていました。

今日のI選手の跳躍はややムラがありましたが、それがそのまま出たようで、ファールにて終了。

 

がくと選手、HJ大会にて悲願の初優勝を飾りました 

1位 6メートル76、2位 6メートル75、3位 6メートル63 でした。

 

I選手とY選手と示し合わせていたらしく、表彰台ではこんなポーズで喜びを表現していました。

リオ五輪のリレー日本代表チームの侍ポーズの変形バージョンかな? 

こんな高校生たちの姿をみて、大会役員の人たちはどんな顔をしていたんでしょうか。

そっちの方に興味があるかも(爆)。

 

 

優勝祝いということで、がくと選手の好物のピザが夕食の一品として加わりました 

がくと選手、優勝おめでとう 

 

この夏場の猛暑の中でも継続して練習を続けてきた成果が出ましたかね。

最高の結果に驕ることなく、来春以降の大会に向けて充実したトレーニングに勤しんでください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホンモノとの対戦

2016-09-24 23:38:16 | 日記

今日、ゆうと選手の所属するNPチームは、NSチームとの交流戦でした 

ひろぽん夫妻もサポートで朝からお出掛け。

 

まあ、交流戦といっても、いわば練習試合みたいなものですな。

よって、基本的には何でもあり。

 

いつもはブルペン王子のゆうと選手。

 

そんな王子が先発のマウンドに上がることができるのも交流戦ならでは 

相手のNSチームのスタメンは控え選手が中心ながらも、久々の先発マウンドは心地よさそう 

 

立ち上がりは制球に苦しみながらも、監督にカツを入れられ、途中からはややスピードを押さえて打たせて取るピッチングに軌道修正。

こういうのも勉強ですな 

 

ですが、もっとも勉強になったのは年上の彼との対戦ではなかったでしょうか。

相手のNSチームは所属リーグの方針により、既に3年生は卒団しているのですが、そのエースがこの試合の4回から特別参戦してくれました 

非常にゆったりとしたしなやかなフォームから繰り出す、キレのあるスピードボールと大きく変化するスライダーやカーブが特徴。

聞くところによれば、幾つかの強豪校からもスカウトが訪れているとか 

そりゃそうでしょうな。

かなりの速球を投げ込んでくるので、バッターだけでなく、味方の年下の捕手はキャッチングに苦労していましたね。

 

そんな彼とゆうと選手との勝負 

最初の勝負はあっけなく三振。

次の打席は、意地のファールで粘ったものの、

最終的には高めのボールにつられて三振。

悔しい表情でベンチに戻るゆうと選手。

打つのが厳しいのなら投げる方で。

 

 

簡単にいくものではなく、投手として、彼との最初の勝負は、この日唯一の失点となるタイムリースリーベースヒットを打たれていました。

その2打席目。

ここはコントロール重視ではなく、思いっきり腕を振って投げ込んだようです。

結果の行方は・・・

 

インコースの直球で詰まらせて、定位置より前のレフトフライ。

 

ホッと胸をなでおろす(?)ゆうと選手。

 

試合の方は、8対1で勝利 

まあ、練習試合ですがね。

 

試合に勝ったことよりも、「できる選手」を見て、対戦して、多くのことを吸収してくれるといいですね。

この後の夕方までの練習で、内野ノックで散々走り回され、ヘトヘトになっていたので、今はそれどころじゃないと思いますけど 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加