ゆけゆけ 桃太郎日記

岡山に単身赴任して帰ってきたサラリーマンの思ひ出ぽろぽろ

元1・2Qのこじんまり送別会

2015-06-30 00:48:55 | 仕事

またしても日を跨いでしまいました 

旧交を深めていたら、結局、4時間強の飲み会となっちゃいましたわ。

 

昨日(29日)は本来ならカウンターの皆さんとの大切な懇親会だったのですが、こちらに先約があったので、泣く泣く辞退 

その懇親会に参加するため、嬉しそうに職場を飛び出していく、プイプイさんやミノーンさんたち五人衆を悔しさ混じりに(?)見つめるしかありませんでした 

う~ん、残念。

 

でも、ひろぽんにとってはこちらの飲み会も大事。

10年とちょっと前、JKチームの1・2Q担当で苦楽を共にした部下・同僚たちがこの7月からご栄転となるから 

 

そんなお祝いの場所は天満橋の『薩摩ごかもん』。

四国から参戦してくれた元部下のゴロウさんのチョイス。

おそらく主役の2人が九州に向かうから・・・という配慮じゃないでしょうか。

仕事ではなく、こういう蛇足的な部分に元部下の成長をしみじみと感じてしまいました 

 

むむむっ。

イカはじめます

 

SD担当御用達のような解凍イカがでませんよ~に 

 

で、入店するなり、店員さんが気を利かせてくれたのか、奥まった個室から景観の良い部屋にチェンジしてくれました。

まあ、天満橋の交差点が見えるだけですがね 

 

さすが料理を売りにするお店です。

カツオのたたきと豚串。

 

黒豚羽根付き鉄板餃子 。

 

天草大王と紅豚のつくね ごかもん焼き。

この他にも、さつま揚げや明太出汁巻きなどもいただきましたが、どれもこれもgoo 

 

そして、何を置いても素晴らしかったのがこれですわ。

活きイカの姿造り。

150グラムの活きイカ。

店員さんが言うには、「あと3杯しかいない」とのこと。

 

焦って注文しましたが、もうね、鮮度抜群 

レモンをかけたり、触ったりすると、足の色が変わります。

 

プリップリのコリッコリ 

醤油でなくとも、塩で食べてもマイウー。

 

余った部分は天ぷらに。

ホクホクしてこれまたマイウー。

 

 

そんな料理を摘まみながら、元部下の2人と旬の話、思い出話、くだらない話などなど 

(左から)明後日から福岡に赴くK介さん、そしてわざわざ休みを取得して愛媛からこの会に参戦してくれたゴロウさん。

K介さん、こっちを睨まないっ。

(K介さんの現上司のおかまっちゃん、7月に入ったら中国FC同期会をやるからよろしくね~ 

 

調子をぶっこいて飲み物・食べ物をじゃんじゃん頼んでしまいました 

すると・・・

 

自身のチームの送別会を終えたスタン・ハンセンが入場テーマ曲『SUNRISE』に乗ってやってきました 

そう、現在はセクションKで、かつてJKチーム時代に同じ島で机を並べて仕事をしたオマリーさん。

Wii~~と言いながら、突進して参戦。

 

オマリーさんは7月から鹿児島へ。

この日も引き継ぎに行ってから急ぎ足で帰ってきたみたい。

鹿児島といえば、別会社ながら(オマリーさんの)元上司の赤ワイン王子ことオカチャンがいますね。

オマリーさんは(良い思い出はそんなにないだろうけど)律義にも引き継ぎのついでに、そのオカチャンに挨拶に行ったみたいですわ 

(数々の暴露ネタを聞いて思わず写真がブレた。。。)

そのオカチャンは、

「単身寮のオマリーの部屋はオレの隣だ」

「鹿児島には(オレのために)車を持って来い」

「着任したら一回飲みに行こう」

ってなことをオマリーに行ってきた様子。

最後の呼び掛けには、さすがのオマリーさんも、「では1回だけですよ」と内心思ったらしいですわ 

 

 

盛り上がった飲み会ですが、リーマンとしては次の日のことも気になります。

気にしていながらも4時間超ですがね 

休みなのは分かったけど、それは40過ぎたオッサンの格好じゃないぞ、ゴロウさん 

 

それはともかく、かつての同志であるK介さんとオマリーさんを送ることができて良かったです。

不慣れ要素は多いでしょうが、ぜひ新天地でも活躍してほしいものです。

あ、あと、いずれ呼んでくださいね 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

行かなきゃ良かった?

2015-06-29 00:38:10 | 日記

昨日の宝塚記念。

ゴールドシップ、やっちゃいましたね~ 

ゲートで思いっきり立ち上がり、しばし静止しちゃって、出遅れるにしても限度がありそうなものですが。。。

 

これはゴールドシップが悪いわけじゃなく、全ては本命にしたナベさんが悪いのです 

っていうか、ハンパない負のパワーですな、ナベさん。

ナベさんはゴールドシップ関係者に謝っといた方がいいんじゃなかろうかと・・・。

 

ひろぽんは第1軸のゴールドシップはこけたものの、ナベさんのお陰で(!)リスクヘッジとして第2軸に指名したデニムアンドルビーが2着に食い込む大健闘 

当初買う予定のなかったラブリーデイもどかべんさん推奨によりちょろっと流していたので、波乱馬券を辛うじてゲッチュ 

 

結局、2、3着には牝馬が入ったので、夢の牝馬独占馬券を買っていた身としてはあと一歩で、こちらの方は残念でした。

まあ、そこまでは欲張りか 

 

 

そんな日曜日の昼前、その宝塚記念の開催された阪神競馬場に行ってきたんですよ。

ちょいと馬券を頼まれていたもので。

 

ですが、G1、しかもグランプリレースの日に競馬場になんて行くもんじゃないですな 

11時過ぎでも、多くの人が鈴なりに入場してきます。

 

入ってすぐのパドックの周囲には既に場所取りシートが敷かれていました 

そこまでするか~。

 

午前中最後の第4レース(3歳未勝利戦)のパドックですが、重賞競走と見紛うばかりのとんでもない人だかり 

宝塚記念だからこそやってきた人も多いんでしょうね。

パドックの近くにいた初心者風の人達のこんな会話が聞こえてきました。

 

「えっ、もう馬たちが出てきてるぞ」

「ちょっとはやいだろ。これは前座じゃないか?」

 

レースは1日1レースと思っているのでしょうか?

しかも、「前座」って、プロレスとかじゃあるまいし 

まあ、こうやって競馬ファンが増えていくのは良いことだと思うんですがね。

 

その4レースを観戦しようと思ったら、コース前も多くの人達で溢れかえっていました 

この後、人の波を押し分けて、そそくさと帰りましたよ 

 

 

 

そそくさと帰ったといえば、一昨日の土曜日。

この日はゆうと選手がフリーだというので、早朝からムコイチに釣りにお出掛け。

前夜からの雨も夜中には上がっており、「まあ、行ってみたら何か釣れるだろう」と思って突撃。

ですが、勢いだけで来たものですから、

船に乗ってみると、白波が経つほど荒れ気味 

しかも(後で聞いたところによれば)風速は13~15メートルくらいあったとか 

 

 

半袖では寒いくらいに横殴りの風が吹いています。

が、着いてしまったものは仕方ないっ。

チャレンジしてみましょ 

一文字の外側は当然のことながら波風がさらに激しいため、全くといっていいほど釣りになりません 

 

ゆうと選手は内側でサビキ釣り。

イワシやサッパ、小アジくらいいても良さそうなものですが、何の反応もありません 

 

ひろぽんはタコ狙いで攻めてみましたが・・・

反応がないばかりか、根掛かり連発で心が折れました 

 

近くの人達と話をしても何の釣果もないらしく、みんな浮かない表情。

同じ船で渡ってきたのに、小一時間ほどで帰ってしまう釣り人も見かけました 

 

果報は寝て待て 

気持ちはよく分かります。

釣れないだけならともかく、風が強すぎて、しかも徐々に強くなっていってヤル気が失せるもんねえ 

 

よって、こちらはまったりと馬券検討 

結果としてはこの時間は無意味ではなかったかも 

 

釣り初めてから3時間強。

釣り人も徐々に減ってきましたね。

たしかこの時間くらいに波浪注意報が発令されたと思います 

 

よって、残念ですが、納竿することに。

 

すると、ゆうと選手から、「魚が掛かって竿先が曲がっているイメージで撮影してほしい」というオーダーがありました。

おおっ、大物か? 

(お約束ですみません。)

 

 

強風に晒されたうえにボウズですから、行かなきゃよかった・・・かもしれませんが、これも経験。

親子コミュニケーションとしては貴重な時間でした 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第56回 宝塚記念

2015-06-28 07:50:14 | 競馬

今日は春のG1のオーラスを飾る、宝塚記念(阪神、芝2200メートル) 

 

今週は通勤電車での広告も賑やかでした。

なんといってもグランプリレースですから。

 

エピファネイヤやキズナといった大物が欠場した今、優勝の最右翼に立つのがこの馬。

ゴールドシップ

現在圧倒的な一番人気。

ゴールドシップはこのレースで「JRA史上初の同一G1レース三連覇」という偉業が掛かっています 

阪神コースも7戦6勝と最も得意にしているコースであり、金曜日からの雨、有力馬の回避など、ゴールドシップにとって追い風ばかり。

 

ですが、この馬は気持ち次第。

とてつもない強さを見せる半面、予想外の凡走も時としてあるんですね。

それがいつなのか分からないから悩ましいんですけど 

 

 

話は横道に逸れますが、今回の宝塚記念のスペシャルプレゼンターは女優の真矢ミキさん。

(馬券下手ですが、絶対にあきらめませんよ。)

宝塚歌劇団(花組)出身。

真矢さんだけでなく、花束プレゼンターとして現役のタカラジェンヌ(星組)も来場するらしい。

 

阪神競馬場が女の園になりそう 

今回の宝塚記念も、人気順にラキシス、ヌーヴォレコルト、ディアデラマドレ、デニムアンドルビー、ショウナンパンドラという5頭の牝馬が参戦。

中距離G1にこれほどの牝馬が集うことが珍しいかもしれないですね。

ひょっとしたら牝馬が上位独占・・・なんてことがあるかも 

 

まあ、その中で魅力を感じるのはまずはこちら。

デニムアンドルビー

現在10番人気。

前走の天皇賞・春は完敗でしたが、前々走の阪神大賞典でゴールドシップと差のない競馬をしています。

距離が短縮し、阪神コースに変わる今回なら巻き返せるかも。

 

同馬は真矢ミキさんと同じ1月31日の誕生日 

何か縁があるかも~ 

ちなみに、ラキシスも1月31日が誕生日です。

 

 

お次はこちら。

ヌーヴォレコルト

現在3番人気。

前走はやや距離不足の感がありましたが、中距離になればこの馬のパワフルで安定的な先行脚質は牡馬と互角以上。

ですが、ただひとつ懸念材料が・・・ 

それは後ほど。

 

 

そういう意味ではこちらもとある懸念が残るのですが、

トーセンスターダム

現在9番人気。

今年に入り、オーストラリアのG1を2戦して帰国初戦となることもあって、人気はいまひとつ。

星組来場記念として、「スター」が来ないものか・・・と 

 

菊花賞でお世話になったトーホウジャッカルも応援したいのですが、8ヶ月の休養明けというのはやはり気になりますね。

であれば、これまた牝馬ですが、ディアデラマドレの末脚一気 

か、逃げ馬不在の展開に恵まれたときの超人気薄のネオブラックダイヤ。ゴールドシップの捲りで一気に呑み込まれる公算大ですが。

 

基本はゴールドを中心に据えながらも、前述の馬たちをうまく絡めて好配当を狙う手も。

 

 

 

そして、恒例のコーナー、『馬券下手ツートップ予想』 

金曜日夕方にカッシーさんがメモをくれました 

カッシーさんとナベさんの予想入り。

馬券ゲットへの近道、かなりのお値打ち品です 

 

なべさんの予想。

ゴールドシップ(本命)

トーセンスターダム

ヌーヴォレコルト

カレンミロティック

 

どうもナベさんは先の天皇賞・春でゴールドシップ(優勝)を当初本命にしときながら買わなかったことを引きずっているみたい。

どうも裏目の香りが。。。 

 

 

T-カッシーさんの予想。

ヌーヴォレコルト(パドックを見て最終決定だが、たぶん本命)

ラキシス

カレンミロティック

 

彼が最終的にゴールドシップを完全に買い目から外すことはないと思いますが、それでもこの評価はゴールドシップにとってはプラス材料。

ナベさんか、カッシーさんか、雌雄を決するときが来ましたかね 

 

あと、カッシーさんは自信満々に

「自分がヌーヴォレコルトを軸にしたときは必ず3着には来るんだ」

と言ってました。

まあ、10戦して3着以内が8回もある馬ですから、当然でしょうがね。

 

 

<実質的な斤量変更>

ゴールドシップ 58キロ → 59キロ(カッシー次第で更に増量)

ヌーヴォレコルト 56キロ → 58キロ

カレンミロティック 58キロ → 60キロ

トーセンスターダム 58キロ → 59キロ

ラキシス 56キロ → 57キロ

 

 

(おまけ)

G1レースだけは手を出すという、どかべんさん。

兵庫の競馬好きのおっちゃんに推奨されたのは、ラブリーデイだったみたいです。

 

あなたの夢はなんですか? 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誰が主役?の送別会

2015-06-27 21:11:15 | 仕事

今日は朝からゆうと選手と釣りに行ってきましたが、すっごい強風でしたね~ 

 

 

さて、昨日(27日)は急遽、SD担当の送別会、つまりシンスケさんを送り出す会に参加させてもらいました 

 

てっきり、先日連チャンで訪れた例の「なかの家」かとビクビクしていましたが、心斎橋にあるちゃんとした(?)お店でした。

ナデさんチョイスなので、どうしても自身のエリア近くの店になるんですがね 

 

鮮魚が売りのお店のようで、店員さんオススメの刺身盛り合わせ

をはじめとして、

 

クニンだか、なんだか忘れちゃったけど、珍しい魚の唐揚げ

 

フエフキダイのカマバイヨ

 

魚ーざ・・・だったっけ 

 

くじら

(左隣にはミノーンさんが食べまくった亀の手が・・・ 

どれも美味かったですね。

 

店員さんが推奨した総菜五種もやさしい味。

 

こういうものを食べていると、どうしても欲しくなってくるのがジャパン 

この日の主役のはずなのに、ジャパンのラインナップを凝視して上司の期待に応えようとするシンスケさん。

 

「オレの好みを分かってるよな?」

と、シンスケさんに静かなるプレッシャーを与える(上司の)ミノーンさん 

 

「もうめんどくさいので、勝手に選んでもいいっすか?」

と、開き直るシンスケさん。

上司・部下の関係も残すところあと2営業日だからでしょうか 

 

「ほ~、そうきたか」とミノーンさん。

その向こうでは我関せずとばかり、カマバイヨを突っつくどかべんさん。

 

 

そしてジャパンが登場。

銘柄は忘れてしまいましたが、それくらいこの日はよくジャパンを飲んだなあ 

 

何をするにもオーバーアクションを忘れないシンスケさん。

ジャパンを飲んでも、

 

ミノーンさんの愛する宮崎のトウモロコシを食べても。

あれ、今さらながら気付きましたが、そのトウモロコシはみんなで分けて食べるやつじゃなかったっけ 

 

でも、これでミノーンさんもご機嫌に 

沖縄勤務時代からの愛弟子のリアクションを見ながら、ジャパンがいい感じで効いてきたんでしょうね。

 

マーズとマーズ

もしくは

マーズのマーズ

といったようなことを叫んでいました 

 

すると、場は乱れまくり、

ナデさんがアイスキャンディー入りのドリンクで遊び出し、

 

マーズさん、もとい、ミノーンさんも追っ掛けていきます 

余りにも醜いので加工しておきます。

ご了承ください 

 

そんな上司の姿は見たくないっ、とばかりのポーズをとるシンスケさん。

あと2営業日のガマンですから 

 

この日、遂に弾けてしまったのがナデさん 

この秘技は凄まじかった。。。

(どかべんさん撮影)

ですが、余りにも禁断の技ですから、こちらも加工させていただきます 

 

その代わりに、ダイアン・津田とナデさんのツーショットをお届けしましょう 

ミノーンさんとキハさんの愛犬のツーショットに匹敵しますね(爆)。

 

気持ちよく暴れるだけ暴れたナデさんはお休みになりました 

この日の主役は誰なのか分からなくなりましたが、同僚のシンスケさんの送別会ということでスイッチの入ったナデさんの気持ちはよく伝わってきました 

 

 

4時間弱騒ぎまくって送別会も終了。

あれっ、ミノーンさんは?

 

と思ったら、ゴキゲンでシンスケさんを拉致していきました 

更にモーリーさんも捕まっていましたけど。

笑顔のミノーンさんの隣で、どうも笑ってなさそうなシンスケさん 

 

 

2人から「裏切り者~」と言われながら、ひろぽんと地下鉄にやってきたどかべんさんがホームでパチリ。

あの~、他のお客さんに不審に思われるので、やめてもらえますかね・・・ 

 

 

シンスケさん、ご栄転おめでとうございました 

異動先は近くだし、業務上も密接な関係にあるので、これからも遠慮なくJKチームにお越しください。

新しい職場でも思う存分、オーバーアクションで暴れまくることができるといいですね(爆)。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

JKチーム送別会 ~ベスアホ2015

2015-06-26 23:43:16 | 仕事

今日はご近所さんにいただいたチケットで、甲子園球場に野球観戦(阪神対DeNA)に家族と行く予定でしたが、

 

 

で中止でした。。。 

 

そんなときに、どかべんさんから救いの声が 

「飲みに行きましょう」

で、SD担当の面々と、自称「シンスケさんの送別会」に行ってきました。

これも結局ボロボロの会でしたが、別の機会に 

 

 

さて、一昨日(24日)はJKチーム恒例の大送別会、ベスアホ2015が開催されました 

かつてひろぽんがこの会の1回目を始めたのが2008年ですから、今年でもう第8回目になりますか。

 

場所は、毎度お馴染みパーティースペース・モリシタ。

新地にございます。

 

別館を貸切。

まあ、とても他人様に見せられるシロモノじゃありませんから、これでよしっ 

 

ビールも赤・白ワインも揃い踏み。

鹿児島のオカチャンなら、これだけでヘベレケです。

 

貸切ですので、勝手に取って、好きに飲んじゃってくださ~い、ってなもんですわ。

さりとて、そんなに飲めるもんじゃありませんがね 

 

そして、今回の受賞者(異動者)に贈られるトロフィーが3つ。

JKチームのメンバーにとっては、ベストオブベストの勲章、まさに最大の栄誉なんですな(爆)。

 

・・・。

ほんまかな 

 

では、式典がスタート。

最初だけは(?)真面目に、少し時間を頂戴してひろぽんから受賞者への贈る言葉と乾杯。

ちょっと、2つのテーブルの距離が開きすぎてるけど 

 

厳かな式典の雰囲気にはマッチしない、どかべんさんのラフ&スーパークールビズ。

この格好ってことは、どかべんさんは受賞者じゃないってことですな。

 

そう、受賞者はやはり白シャツで統一されてますもん。

(準主役のカッシーさんはブルーシャツでした。)

この日に勝負をかけてきた(?)御三方。

 

 

すると、受賞者を讃えるムービーがスタート 

 

これがですね、本当は受賞者を嵌め倒すムービーのはずなんですが・・・

早朝の我が家にJKチームメンバーのどかべんさん、カッシーさん、レッドさん、ダマさんの4人がやってきていました 

ひろぽんの家の壁やドアにいっぱい貼り紙を貼り付けて。

「今すぐ解雇をやめろ!!」

ですって 

 

そのうちに馬人間が登場。

人の家の前で裸はやめなさい、裸は 

これはたぶんレッドさんやな。

 

おーーーい、そこはオレの寝室の入り口やないけ。

とつげき~~~ 

 

って感じだったんでしょうな。

これは完敗です 

「受賞者でもないから今年は何もないだろう」という油断が全てであり、ひろぽん、迂闊にもやられちゃいました 

 

その後はしばらくはリビングで反省会。

なんでオレが反省せにゃ、あかんねん 

ですが、朝6時前から職場のメンバーとともに自宅で朝食を食べている姿というのはなんだか不思議 

 

そんなオープニングが終了した後は、ようやく受賞者メインの出し物。

自身が主役のムービーを睨みつけるジョーさん 

 

電車の中で、ものすごいアクロバチックな体勢で寝ていらっしゃいました 

体操選手の吊り輪競技みたい 

9.88点 

 

その日のことを丁寧に解説してくれるジョーさん。

懸命に取り繕ってはいますが、ムービーの中のハンパない泥酔ぶりのジョーさんには一同大爆笑 

 

 

お次はヒラメ・ケンジロウさん。

なんだか照れくさそうですが、

 

本当に照れくさい内容が展開されました。

よくテレビで見かける「あなたは誰が好きでスカ?」的な街角アンケートを実施中。

JKチームで激戦の「男前王座決定戦」が繰り広げられていました。

当然のことながら、チャンピオンはケンジロウさん・・・ではなく、男前の高橋・コーヘイ・克典さんでしたがね 

 

その中でケンジロウさんの同期の桜、かつてのJKチームに在職したジョージくんが久しぶりに登場。

新入社員の佐賀時代のマル秘話やケンジロウさんの特徴等を見抜いた話を矢継ぎ早に展開してくれました 

ジョージくん、ありがとう。

 

そんな話を受けて放心状態になりつつあるケンジロウさん。

すぐさまもう一人の受賞者にバトンタッチされたので、ホッと一安心。

 

で、その該当する受賞者ですが、なんだかモーリーさんが風呂に入ってくつろいでいる映像が流れると、

そのシンスケさんも、やられた感満載。

そして、こんな絵も。

これが問題の大人げない反応に終始した、アケボノ・シンスケさんのワンシーン。

ここから下も流れていましたが、映せません 

 

 

そんなシンスケさんに喝を入れだすミノーンさん 

でしたが、

 

同じジャーマネでも、そんなことは大食漢にとってはどーでもいい話ですな。

とにかく隙あらば食べまくるプイプイさん。

ほんまにダイエットしてんのかな?

 

俄かに酒も回ってきて脱線しまくりですが、今一度式典モードに軌道修正し、上司・先輩から受賞者に対してトロフィーと感謝の言葉の贈呈式 

バンブーさんから、これから金沢に出稼ぎに向かうジョーさんへ。

ゴリヅーメの過去が鮮明に蘇ってきてるでしょうか?

 

ドラゴンさんから、東京のゴールドジムに行っちゃう、ヒラメ・クローク・ケンジロウさんへ。

ケンジロウさん、思わず涙が溢れてしまいました 

 

どかべんさんから、1キロ強先の会社にご栄転されるシンスケさんへ。

左側に亡霊が映っています 

ちなみに、シンスケさんはこの会の迷いです。

 

輝かしい超軽量のトロフィーを見せてもらいました。

「使うことができる」ものはコレだけかな。

受賞名 : 「ブルドッグって、まぁ~ず、マズいい名前だったで賞」

受賞者 : まるちゃん井上・ブル・ひ○む・しんすけ 様

こうなると、シンスケさんが受賞者というよりも、

この名前をみる限り、この人の賞みたいな気がしますけど 

キハサンの愛犬(ブルちゃん)と並ぶミノーンさん。

 

 

その後は、ミノーンさんとモーリーさんのバチーン対決 

モーリーさんの手に、なんとなくバチーンの余韻が。。。 

 

今度はミノーンさんのモノマネで(?)腕組みポーズのモーリーさん。

受賞者でもないのに、この暴れっぷり。

 

上司のミノーンさんから、「受賞者は無礼講」という有り難い言葉がありながらも、

どんなに煽られても、固くなって動けないシンスケさん 

 

そんな葛藤を乗り越えて、受賞者を代表してジョーさんの挨拶。

いい挨拶でしたが、部下のコーヘイさんとダマさんがソッポを向いているのが気になります 

 

そこで、ジョーさんと同期の19軍団として黙っていられなくなった、モーリーさんが故横山やすし師匠ばりのオーバーアクションで「バチーン」を披露 

もはや上司の目は見ません 

 

笑ってごまかすのみ。

みんなも大爆笑 

ぼやけてしまった写真と、その中でも笑うことなく、俯く(モーリーさんの)上司、ミノーンさん。

 

 

そこから2次会(祝賀会)の会場へ 

西梅田にある『一鴻』。

なかなかセンスの良いお店でした。

 

祝賀会はテレビスター(プイプイさん)からの威厳溢れる挨拶。

そんな有難い話でも、明らかに話を聞いていないどかべんさん 

これは日頃の恨みでしょうか。

 

そんな微妙な駆け引きはさておき、ナデさんチョイスのこのお店の阿波尾鶏は美味かった 

さすがベスアホ祝賀会 

 

ジョーさんの思い出の一品、スライストマトも。

スライストマトはジョーさんのかつての上司、スカーリー大佐の大好物。

 

 

こちらのカッシーさんも実は7月から担当が替わるので、準主役ではあるのですが、

みんなからさんざん注文を突きつけられます 

 

みんなが盛り上がっている中、電話で悪態をついていたのはゴリヅーメ・バンブー王子。

「おれさ~、W大の本流だけどさあ、今、忙しいんだよな。お前と付き合ってられないんだよー」

などと、スマホに向かってゴリヅメ状態でした 

 

 

その後は、急になぜか海苔遊びが始まりました。

カッシーさんがチャレンジ。

どうも何かに怯えながら海苔を巻き付けて、ミノーンさんにハイボールを運んで、急ぎ足で戻ってきました 

オリンピックの競歩級の逃げ足。

 

カッシーさんの後輩ながら、「オレの生き様をみとかんかいっ」と登場したのはシンスケさん。

これは・・・やりすぎです・・・ 

 

気が付けば、この後、ミノーンさんから説教を受けていました 

まあ、他人事ですけど。

 

その後も入れ替わり立ち替わり、なぜかミノーンさんのテーブルに人が集まります。

そんな人たちをバックにしながら、

レッドさんが海苔とともに悪い顔 

その海苔は太いぞっ 

 

更に隣の席にやってきたプイプイさんを眺めていたら、胸元から伸びる海苔が。。。

ぶっこみ過ぎですわ。

 

ケンジロウさん、歯の間から海苔が 

それは次の異動先、東京での上司の「得意技」ですよ。

 

ジョーさんは海苔を鼻と耳に突っ込んでいました。

このすっとぼけた表情がなんとも微妙 

最終的にはこの海苔を食べちゃっていたのが、もっと微妙でした 

 

どかべんさんは海苔ゴルゴ 

暴走特急が止まらなくなったことから、幹事のナデさんがミニストップ 

その後は、受賞者からの挨拶。

シンスケさん。

 

ケンジロウさん。

男泣きでした 

 

こちらの送る側も。

マーズ・・・いや、ミノーンさんの感極まった表情。

 

最後はシンスケさんのバチーン締めでした 

結果的に締まりませんでしたけど 

 

 

その後は新地からお初天神を歩いていると、ろくな人間に会わないもんですね~。

隣のRMチームのお兄ちゃん

と、

同じくRMチームのエッズさん

後ろめたいことがあるんでしょうね。

2人とも気まずそうな表情を浮かべています 

 

 

その後は、梅田界隈を殆どのメンバーと徘徊し、

廃墟ビルでヤンジェネ軍団を切り離して 

 

ひろぽんにとっては初めての『しぇからしか』でラーメンを食べて帰りました 

想像以上に濃厚な香りと味でしたね。

ラーメン大好き、バンブーさんとジョーさんのツーショットもあとわずかか 

 

寂しい気持ちがマンマンですが、これもリーマンとしての宿命。

落ち込むことなく、頑張らねばなりませんね 

 

何はさておき、今回、JKチームから巣立っていかれる御三方、本当にお世話になりました。

ひろぽんがなんとかこの1年間凌げることができたのも皆さんのお陰です。

次の職場での大暴れを期待しています 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加