ゆけゆけ 桃太郎日記

岡山に単身赴任して帰ってきたサラリーマンの思ひ出ぽろぽろ

親子でブリメジロ

2015-04-29 22:56:55 | 釣り

先日のJKチームのバーべキュー大会での釣りのボウズが響いたんでしょうか? 

今日はゆうと選手のたっての希望で、海上釣堀に出陣してきました。

 

朝5時半に自宅を出発し、約100キロ離れた南あわじ市の海上釣堀へ 

こちらには昨年6月、J1チームの釣り部でやってきましたね。

ゆうと選手はもちろん初めて。

ゆうと選手は羨ましいことに、ここに来る道中の3分の2は爆睡していたので、スッキリ爽やか 

 

以前来たときは古い設備だったのですが、この春リニューアルしたらしく、

立派な建物に変わっていました 

 

調理場もこのとおり。

儲かってるんでしょうな  (←ゲス)

 

さて、今日は祝日なので人が一杯じゃないか・・・と心配していたんですが、予約の必要なイカダコースは割と多めだったものの、

ひろぽん達の選んだ一般コースの方は、

ゆったりと釣りができそうな感じ 

イカダコースと違って釣座を決めなくてよいというのが、親子連れにとっては有難いところ。

 

餌は青物用の活きアジのほか、

(これを持って帰っても、それなりの釣果って言えるかも 

 

定番のマダイイエローに加え、

あとは自作のもの中心に。

 

鶏のささみ、ほたるいか、むきえび、ブラックタイガー、いわし、ミニトマトまで持ってきちゃいました。

スタッフの方に伺うと、最近は青物が特に不調とのことなので、どれかが当たるといいのですがね。

 

そんなスタッフのおじさんのアドバイスにしっかりと耳を傾けるゆうと選手。

釣りに対する姿勢は真摯です。

 

ほらほら鯛が入れられちゃうよ~ 

ゆうと選手、スタンバイしなきゃ 

 

で、

 

テケテテッテテー 

いいサイズの鯛を幸先よくゲッチュ 

 

ひとりで喜んでいるクソオヤジを横目に、ゆうと選手も俄かにスタートを切りました。

ですがね、親子仲良く、ウキに動きがありません 

こんなところで仲良くしなくてもいいのに・・・ 

 

今日は曇天 

炎天下でないぶん、過ごしやすい日。

 

これで爆釣なら言うことなしなのですが、魚の活性が低く、周りの皆さんもいたって静か 

ひろぽんも最初のラッキーパンチ以降、棚を変え、餌を変えてチャレンジしていますが、残念ながら快音なし。。。 

 

ゆうと選手も開始早々ながら、ボウズとなってしまうことも少しチラついたみたいですが、

ここでなんと予想外の魚種をゲットすることに。

 

ソイです 

カサゴ科で、北海道の鯛とも呼ばれ、なかなかの美味だとか。

とりあえず親子ともども(あってはならない)ボウズをのがれて、ホッと一安心 

魚の反応がないのは辛いものの、一匹でも釣った事実によって、穏やかな気持ちで過ごすことができました。

 

 

スタッフの皆さんは節目節目で鯛や青物をしっかりと運んで持ってきては、

入れてくれるんですけど、

ぜ~んぜん反応なし 

今日入れた魚だけじゃなく、既に入っていた魚も餌に見向きもせず、目の前を悠然と泳いだりしているくらいですから。

どんだけ活性が低いねんっ 

 

 

すると、目の前のゆうと選手のウキがスーッと深く、深く沈んでいくのが見えました 

そしてすかさずこの構え 

実はこの少し前、ほたるいかを餌にして青物が掛かった(?)ものの、思い切った合わせができていなくて、逃げられていたんですよね。

 

同じミスはしない。

偶然通りがかったスタッフのお姉さんの指示に従って格闘するゆうと選手。

 

リールを巻くことができないほどの一進一退の攻防 

これは大物ですぞ~。

 

基本に忠実に竿を立てて、大物との戦いに挑んでいます 

クソオヤジはたもを持ってスタンバイをしながら、応援していました 

 

すると、ゆうと選手が悲願の青物、ブリをゲッチュ 

スタッフのお姉さんから写真を撮られていましたね 

更にゆうと選手の後ろの方では、退店手続き中の貸切団体客の皆さんが拍手をしてくれていました 

これでスターの仲間入り?(爆)。

それはさておき、立派なブリでしたわ 

 

 

その後は、のんびりとしたもんでしたよ。

ひろぽんがタイ2匹、ゆうと選手がブリとソイ1匹ずつを釣っただけで、後は一般コースの中で場所をチェンジしてみますが、何もなく。。。

 

雑食の鯛ですから、土俵際でこんなものも試してみたのですが、釣れませんでしたね。

ミニトマトとバナナ。

ひろぽんの食べかけでしたが 

 

 

こうして淡々と時間が経過し、あと15分ほどでタイムアップというところで、隣の堀で青物フィーバーが

勃発 

お父さんにムリヤリ?連れてこられたかのような女の子が青物を上げた途端、連チャンで上がるようになり、それが周辺に伝播し、大騒ぎに 

色んな堀からここに人が一気に集まってきて、ほぼ定員オーバーという有り様 

 

まあ、ひろぽんとゆうと選手も、そのおこぼれに預かろうと移動してきました。

そしたらね。

きましたよ、ひろぽんにも春がやってきました 

メジロでしょうか(ハマチの可能性もあり)。

 

とにかく青物が釣れたのは本当に嬉しい。

滑り込みセーフというドラマチックな展開もなお嬉しい 

 

 

で、終了時間がやってきたので、受付場所へ 

ゆうと選手に数では勝ったものの、大きさでは負けた・・・かな 

 

ゆうと選手の釣り人生においても、今回のブリとの格闘は強く印象に残ったらしく、ごきげんでした 

イルカちゃんとともに。

(イルカちゃんが見送ってくれました。)

 

今日の一般コースで青物が爆釣したのは四分割となっているイカダのうちの1つだけ。

他のイカダにはたくさん青物が残っていて、まだどこかで大爆発があると思いますよ。

GW中に行かれる方は、是非がんばってください 

 

 

ブリとメジロ(ハマチ)。

家に帰ってその重さを測ってみると、後者メジロの3.4キロに対して、前者は5.6キロでした 

ゆうと選手、負けましたわ。。。

 

釣りもここまでなら、いいんですがね。

そこから魚釣りの定番(?)ですが、さばくのが大変 

とにかく魚がデカ過ぎてさばくのもかなり体力勝負だし、ある意味、ゆうと選手とブリ以上の戦いでしたわ(爆)。

 

 

料理も、頭だけでも十分な量。

でかいっ。

 

ご近所さんに配っても、まだまだ残っています。

これから当面は魚づくしといきましょうか 

 

 

なかなかハードだったけど、ゆうと選手と楽しく過ごすことができた一日でした 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東海会 ~島根編

2015-04-28 08:51:02 | 日記

今日はセクションJ(ノースエリア)の一斉休暇。

さて、何をしましょうかね 

 

そんなGWの狭間ですが、昨日(27日)は久しぶりの東海会でした 

約10年前に東海エリアの同じラインで仕事をしていたいつものメンバーで一杯やるわけですが、今回も(?)テクニハン・ながっちゃんは不参加です。

何よりも仕事を大事にする男ですから 

っていうのは冗談で、今回は調整が難しい日になってしまったけど、次回は参加してくださいよ。

 

今日のお店も、既に半永久的幹事に任命されているバカヲさんのチョイス。

店選びのポイントも勝手に整理したらしく、今回から

メンバーの出身地の郷土料理を食べるぞ!

というシリーズ企画を始めたみたいです。

 

一緒にお店まで歩いて行くはずだった、あんさんとお兄ちゃん(カッキーさん)に(仕事理由で)見捨てられ、1人寂しく向かいます 

初めて通る玉造駅前の商店街。

 

記念すべき第1回目のお店は、当然のごとく(?)島根県 

島根の店なんてそんなにないのに・・・バカヲさん、よく見つけてきたものです。

 

バカヲさんが探し出した店は、『活旬 大枡』。

最寄り駅が「玉造」というのも、郷土の誇る温泉地を思い出させ、島根県人によっては何かしら感じるものがありますねえ 

(それが店側の狙いでしょうか?)

 

ご当地メニューとしては、赤天、野焼かまぼこ、割子そば、豆腐うどんなどがあるみたい。

ですが、それって島根の郷土料理だったっけ?と思うものもいくつかありますね。

この歳になっても、地元のことを知っているようで知っていないことは多いものです 

この地図を肴に酒が飲めますわ 

 

野焼きかまぼこ。

あご、つまりトビウオですね。

子どもの頃からよく食べました。

 

こちらは島根県西部の誇る、赤天。

酒に合います 

これはメンバーから絶賛の声が上がりました。

自分が褒められたわけじゃないけど、なんだか嬉しい 

 

 

刺身盛り合わせ。

 

「これぞ本物の」タン。

肉厚でジューシー。

 

寿司の盛り合わせ。

この日はなんと寿司が全品半額 

ただ、途中からジャパンをグイグイといっちゃって、寿司を摘まんだ記憶があんまり。。。

 

 

あ、憶えていること 

あんさんが遅れて到着したのですが、そのときバカヲさんは素早く(あんさんの)スーツの上着をハンガーに掛けました。

その手前でグジャグジャになっている、ひろぽんの上着。

バカヲさんにとっては2人とも元上司なんですが、この扱いの違いって一体なんだろう? 

 

その腹いせかもしれませんが、ひろぽんとバカヲさんがじゃれあっていたら、ビールやら何やらが倒れて思いっきりあんさんのパンツに 

大洪水でございました 

 

店員さんが何人もやってきてそれはもう大騒ぎで、あんさんにはご迷惑をお掛けしました。

まあ、「大人の解決」をしたので、心配無用です 

 

 

その後、先日大分で大暴れをしたという噂のお兄ちゃんも到着。

最も暴れまくったのは結果的にパパイヤさんだったようですけど 

 

おっと、これはひろぽんが島根県出身と聞いて、お店のお父さんとお母さんのサービスでいただいたジャパン。

『李白 やまたのおろち』。

辛口で飲みやすくて、バカヲさんやお兄ちゃんと一緒にグビグビいっちゃっていました 

 

締めの割子そば。

う~ん、やっぱり出雲そばはうまいっ 

 

褒めたくはないけど、気の利いたチョイスのできるバカヲさんは筋がいい。

これだけでリーマンとしてメシを食ってきたのも納得です(爆)。

 

 

グッチーさんやサトマキさんも含めてワイワイやっていたところに、グッチーさん宛てに邪魔な電話が 

高知家のP仮面こと、のぶじさんでした。

たいした用もないのに電話してくるのは昔から変わりませんな。

よって、他愛もない会話をして切っちゃいました 

 

 

そして、だんだん酔いが回ってくると、この2人の独演会となりました。

日頃の鬱憤晴らしの相手をさせられた感はありましたが、ひとつひとつがネタになっていて面白かったですねえ 

(その名のとおり、バカヲさん)

(その名のとおり、グッチーさん)

 

「当事者たち」は全然面白くないようですけど。

 

約4時間の飲み会もあっという間。

まだまだ話足りなかったみたいなので、次の機会にでも新ネタを披露していただきましょう 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JK-BBQ大会

2015-04-27 00:38:15 | 日記

JKチームの春イベントは・・・え~と、第何弾だったっけ? 

それはともかく、この土曜日(25日)は速報どおり、BBQでした。

 

昔からこの時期に担当単位で実施してはいましたが、今やJKチーム全体の施策になっちゃったんですね。

昨年まで会場となっていたのは豊中の服部緑地公園だったようですが、今回は場所をチェンジ。

 

東垂水の平磯海釣り公園です 

 

その名のとおり、釣り付きBBQ。

断っておきますが、ひろぽんの入れ知恵は一切ありませんので、あしからず 

ひょっとして無言のプレッシャーでもあったのか。。。

 

朝から電車を乗り継いで、乗り継いで。

平磯公園、結構遠い。

電車で結構西に向かっていきますが、最寄り駅に着いてしまえば、徒歩3分であっという間。

だだっ広いですなあ。

 

JKチームの日頃の行いが良いからでしょうね。

土曜日は行楽日和のピーカンデイ 

 

今回のBBQは、JKチームの殆どのメンバー・・・というか、T-カッシーさんを除いてフル出場。

T-カッシーさんは明石海峡大橋の向こう側で華やかなイベントに参列中とのことでしたが、「持っていない」彼の欠場が結果的に天気に影響したかもしれません 

 

もちろんこのBBQ大会は家族参加OK。

ただし、奥さまの参加は1名もなかった点に、各メンバーがこの会特有の危険な香りを察知していたのかもしれません(爆)。

 

ひろぽん家では珍しくゆうと選手が暇だったことから、この日、ひろぽんに付き合ってくれました 

この御方は、「小人」カウントをしてもらっていますが、体つきや食欲等を考えると、本当にその扱いでよいのかどうか、オヤジとしては悩みます 

 

ちなみに、BBQ自体は11~14時の3時間ですが、釣りをやる人は9時集合。

マジでやるなら開門時間の6時スタートにすべきでしょうが、そんなに気合の入ったヤツはいません 

9時前に到着すると、電車の中でモーリーさん、駅から出るとニューキャッスルさん、ナデさん、シンスケさんと会いました。

モーリーさんの娘さんたち、朝からハイテンション 

 

こちらに来たことは初めてでしたが、その広さ(長さ)に驚きましたね。

自転車に乗った移動売店のおばちゃんもいるくらい 

 

家族連れなど多くの釣り客もいましたが、

全然釣れている様子がありません。

 

ネットで最近の釣果情報を覗いてみても、カレイやメバルがぼちぼち上がっているくらいでしたから 

 

よって、子ども達ととにかく楽しむ、釣りで(BBQスタートの11時まで)時間をつぶす、

というのが基本コンセプト。

 

どかべんさん&ホソゴロウさん親子。

もちろん釣れません。

ホソゴロウ・ジュニアは釣りの姿勢がなかなか様になっていましたね 

 

どかべんジュニアは食欲が旺盛。

移動売店のおばちゃんをつかまえて、アイスクリームも食べちゃっていました 

 

海の向こうには淡路島。

前回の釣りの嫌な思い出が少しだけオーバーラップします 

 

まったりとした時間が流れます。

釣る気のなさそうなモーリーさんとホソゴロウさん親子。

 

竿、リール、仕掛け、餌は全て公園のレンタル等で調達。

ちょっと投げただけでラインが殆どなくなります 

 

みんな胴突き仕掛けでやっていましたが、ウンともスンともいわないので、ゆうと選手は浮き釣りにチェンジ。

ですが、反応なし 

 

静かに浮きを見つめるゆうと選手。

あまりにも暇すぎて、

 

本当に退屈そう。

挙げ句の果てには、

 

こんな格好でお休みになっていました 

頭に血が上っちゃうぞ~ 

 

次のBBQのことがそろそろ気になってきた幹事のナデさんの向こうで、徹底したガシラ狙いを敢行するマーズ・カマバイヨ・・・ではなく、ミノーンさん。

ですが、厳しい戦いのようです。

 

その先には花の独身、もしくはまだ子どものいないヤンジェネ軍団。

活躍ぶりを覗いてみましょう。

 

やはり魚も男前のところに集まっていくのか?

と思いきや、根掛かり中のコーヘイさん 

 

もはや諦めたのか、スマホに夢中のニューキャッスルさん。

ひろぽんも釣りをそっちのけでゆうと選手とキャッチボールに興じていたくらいなので、その気持ち、分かります 

 

ですが、こっちの気持ちは分かりません。

釣り針にエサのアオムシを付けるのに悪戦苦闘のヒラメ・ケンジロウさん 

 

なにせムシを掴めないのだから、受け皿に乗せたムシに針を引っ掛けようとしています。

そりゃ、高等テクニックですわ 

 

最後は痺れをきらして、当然のごとく後輩に助けを求めます。

嫌そうなそぶりをみせず(?)、先輩の頼みを聞いてあげたキハさん。

内心は、思いっきり見下していたことでしょう 

 

 

おっ、最近、分裂の危機が叫ばれている、ミノーンさん、ナデさん、モーリーさんというSD担当軍団がワイガヤで盛り上がっていました 

もちろん釣れちゃあ、いませんでしたがね。

 

あ、でも、SD担当のシンスケさんがヒトデを釣っていました。

ちなみに、この日の釣りの優勝者には4500円のステーキが贈呈されることになっていました 

 

ですが、結局、誰ひとりとして魚を釣った人がでないまま、2時間が経過。

みんなで片付けをして、道路を挟んで向かいのバーベキューに移動。

 

全く釣れませんでしたが、もともと期待していなかったし、バーベキューがメインですから、次にいきましょ 

これがバーベキュー会場。

JKチームが全体の3分の2を押さえていました。

 

トイレにはこんな貼り紙も。

釣りコン 

 

釣るって一体何を 

まあ、魚釣りには集中できんでしょうな 

 

 

こちらにはモーリーさんの娘さんたちしか女性はいませんが、楽しんでいきましょう。

プイプイさんはこのときまだ到着していませんでしたが、メンバーはちゃんと買っていましたよ。

プイプイさん好物の牛タンを。

 

こちらは優勝賞品だった4500円のステーキ。

ですが、値段を手書きで修正していますな、誰かが。

ペンで黒く塗りつぶした下には「758円」と表示されていました 

 

 

う~ん 

赤辛チキンや生わさび、生にんにくって、バーベキューに必要でしょうかね。。。

 

何かを仕掛けようとしながら、働くヤンジェネ軍団。

 

バンブーさん親子。

ジュニアはオヤジ譲りのツッコミが武器 

 

マサ斎藤テーブルではナデさんが焼き奉行。

ナデさんといえば、

 

ナデさんの奥さまに作っていただいたおむずび。

白飯大好きのゆうと選手などは喜んで平らげていました 

 

厚切りベーコンかと思いきや

超薄切りだったり、

 

ゆうと選手が高級肉をたんまり抱え込んだり、

で、こんな有り様に。

肉質はどうあれ、みんなで食べるだけで美味いってもんです 

 

おっと、遅ればせながらプイプイさんが登場。

プイプイさんのぶっこみ挨拶に戦々恐々とするモーリーさん。

どかべんさんはジュニアを気遣うフリをして他人事です 

 

プイプイさんが来たとなれば、

タンが登場 

この日もプイプイさんは黙々と一人でタンを平らげていました。

 

 

食べたら運動。

隣の芝生ゾーンでは、元野球部コンビのどらごんさんとモーリーさんがキャッチボールを始めました 

 

最近、上司のミノーンさんと距離を置きがちなモーリーさんは徹底して芝生ゾーン 

ゆうと選手もそちらへ進出。

すると、ドラゴンさんに色々と教えてもらっていました。

変化球の投げ方でしょうか?

何か感じることがあったのか、ゆうと選手は帰る道中、このときの話になって、「ドラゴンコーチ」と呼んでいましたね 

この姿をみたどかべんさんが、

 

「二流に教えてもらうと三流になるぞ」

「変化球なんていらん、直球で勝負しろ!」

 

などと、ぶっこんでいました 

 

そうそう。ぶっこむといえばこちらも。

悪い顔をするキハさんがミノーンさんに見せたのは・・・

 

ミノーンさんにそっくりだと(シンスケさんが言っている)ブルドックの愛犬。

こちらを見せていました。

危険球ですな 

 

 

すると、ここで司会のレッドさんが子ども向けのゲームを始めました。

お隣の釣りコングループへのアピールか(?)、耳には花飾りを付けています 

 

ゲームはいたってシンプル。

子ども達がクジを引き、そこに書かれた指示内容を(指示された)大人が完遂できれば、子ども達にお菓子のプレゼント、というもの。

 

あ、生わさびの用途はこれです。

これくらいシューにわさびが入ると、

表情もメリハリが出てきますね 

 

 

シンスケさんのこの表情は、わさびシューのせいではありません。

指示によるものです。

シンスケさんが好きな人1人にあだなをつけると・・・

 

もちろん、大好きな上司のイエ崎課長・・・じゃなくって、ミノーンさんのモノマネが始まりました。

が、ややウケ 

 

「(マネをされている)オレがあかんみたいやんけ」

と説教を受けていました。

 

そして、更に思い切ったモノマネをした後は、

ダッシュで芝生ゾーンへ大逃げ 

 

実はこの後、もう一度同じ指示書が出ることになるのですが、クドイので割愛しますね。

シンスケさん、モノマネをするたびに何度もダッシュをしていました。。。

 

子ども達はお菓子がもらえるので、レッドさんの読み上げる指示書を楽しそうに見ていますが、

大人たちは戦々恐々。

 

釣りコンチームをさりげなく見やる、男前のコーヘイさんの爽やかさが際立ちます。

笑うだけでいいっていう指示書あり。

 

モーリーさんは娘完全にさん達のいいなり。

「上司のミノーンさんのモノマネを」というオーダーに対して、娘さんからは

「はやくやりなさいよ」

の突っ込み 

 

で、

ゴールキーパーに見立てて、新技のモノマネをしちゃっていました 

 

そんな大人たちの微妙なせめぎ合いはお構いなく、子どもたちは

美味しいシュー

をジャンジャン作っては、

食べるっ 

 

頑張って口に入れてみても、

「はやく飲み込みなさいよ」

とお姉ちゃんから厳しく指導されるモーリーさん。

 

こうして繰り広げられる戦いの中、

ホルモンをたっぷりと焼きあげて

食べるプイプイさんでしたが、

「この中で一番偉い人を探して500円をもらう」という指示書を得たホソゴロウジュニアはプイプイさんのもとへ 

 

ブツブツ言いながら、まんざらでもないのか、お小遣いをあげていました。

この後、ホソゴロウさんが妙に気を遣って、プイプイさん用の焼肉を焼きまくっていたのは、リーマンの秘密です 

 

その後も、プイプイさんは飲んだり、

焼いたり

忙しそうにしていましたわ。

1人焼肉が本当に似合いますなあ 

 

 

ホルモン焼きそば、美味かったなあ。

このときにはかなり酔っていたけど。

 

野菜をカットしていたニューキャッスルさんの貢献度も高かったかもしれないですね。

そのニューキャッスルさんも途中では・・・

 

こんな感じに仕上がっていました 

いつもなら真剣に聞く(フリをする)上司のバンブーさんの話も、これだと聞いてないことが明白ですな 

 

上司部下の熱い抱擁があったりしたゲームも一段落。

(ケンジロウさん&ドラゴンさん)

 

ふたたび外ではボール遊び。

子どもたちは元気ですなあ。

 

上半身裸で動き回ります 

そこにもう一人子どもが参戦 

ダマさんでした。

 

大人たちが興じるゲームも。

 

男前対決 

 

レッドさんに焚き付けられて

ミノーンさんが釣りコングループに突撃 

ですが、お約束で(?)失敗 

 

そして、男前コーヘイさんが行けば

ド楽勝 

(レッドさんが念入りに下準備をしていました。)

 

 

子ども達はお菓子作りに夢中。

学校や幼稚園では教えてくれないお菓子作り。

生にんにくが渦を巻いていますなあ 

 

えっ、そんなに赤辛チキンを 

シューの姿も見えなくなりました。

 

辛いもの大好きのバンブーさん。

子ども達の声援を受けたら逃げるわけにはいきません 

 

熱き抱擁を経て勢いに乗るケンジロウさんがミノーンさんを小馬鹿にしたようなモノマネを披露。

おそらくこの2人のお父さんを応援するため。

バンブーさん、ホソゴロウさん。

男気を魅せてくれました 

子ども達、リーマンって大変なんですよ。

 

頑張る父親の姿は子ども達の目にどう映ったのでしょうか。

聞きたいような、聞くのが怖いような。。。 

そういえば、「バンブーバーベキュー」って芸人がいることを、土曜日の朝の情報番組で知りましたわ。

 

そのジュニアはお菓子作りにハマったみたいですな。

司会として頑張っていたレッドさんにささやかなプレゼント。

ステキな笑顔も・・・

 

一瞬でこうなります。

すさまじいシュー地獄 

 

で、今度は子ども達が何をしているのかっていうと、

おいおい、煽り過ぎるなよ。。。

そうです。

ひろぽんにもお菓子を作ってくれたんですね。

うーーーん 

 

楽しそうな子ども達の仕事ぶりを不安そうに(爆)覗きこむひろぽん。

(レッドさん撮影)

ここまで来たら逃げも隠れもしません。

 

ピヨピヨしちゃいました。

お菓子は不味かったけど、酔いと勢いがカバーしてくれましたわ 

 

こちらも勢いに任せてプイプイさんがピヨピヨ。

オオサンショウウオ 

 

プイプイさんが何かをしだすと、どうも遠くに避難し出す傾向のあるSD担当。

どかべんさんとシンスケさん。

 

この2人違って、健全に芝生ゾーンで遊ぶ子ども達。

ヤンジェネ軍団にも遊んでもらって楽しそうでしたね。

 

予定の14時を迎え、バーベキュー大会も終了。

 

いい天気で良かったですね。

太陽と、

 

兵藤さん。

ひとり何を思うミノーンさん。。。

 

山陽電車で帰るとき、ミノーンさんとも一緒になりました。

途中でゴソゴソと消えていきましたけど 

 

ゆうと選手も楽しかったようで何より。

魚が釣れなかったのは残念そうだったけど、いっぱいお菓子ももらったしなあ 

 

それにゆうと選手は、電車の中で爆睡しているひろぽんを、乗り換えの駅でちゃんと起こしてくれました。

 

あ。

このカードは・・・ 

やってもうた。。。

 

 

家族水入らず(敢えて家族を呼ばない選択をした人もいるけど・・・)で、盛り上がったイベントでした。

 

プロジェクトリーダーのナデさんをはじめ、準備に奔走し、イベントを盛り上げてくれたヤンジェネ軍団の皆さん、ありがとうございました 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

読売マイラーズカップなど

2015-04-26 08:25:26 | 競馬

今日もいい天気。

両選手も新たなステージに進み、何かとモノ入りの時期だけに、みんなで買い物でも行ってきますか 

 

 

さて、好天に恵まれ、開幕週ということで絶好の馬場状態の京都と東京。

ひろぽんシステムでは、いつも以上に苦手としているシーズンに突入です 

 

京都メインは、マイラーズカップ(G2、芝1600メートル)。

パンパンの良馬場で、メンバー的にもスローペースが必至ですから、内枠の4頭あたりが気になりますねえ。

 

ですが、ひろぽんは敢えて追込み馬のこの馬から。

エキストラエンド

現在5番人気。

角居厩舎は有力馬3頭出しですが、この馬が最も人気がないかな?

展開に恵まれず、直線差し込んでくるも届かず・・・っていう可能性大ですが、ヨーイドンの競馬が逆にこの馬に向くと信じましょうか 

 

もちろん、角居厩舎で同枠のもう一頭、フルーキーも怖いですよ。

現在3番人気。

どっちかは広く、芝の生えそろった新緑の直線を駆け上がってくると思うんですがね 

 

この他にも、人気薄ですが、タガノグランパ、マジェスティハーツ、マイネルホウオウ、サンライズメジャー、シャイニープリンスなども展開次第で一角崩しのチャンスも。

 

 

東京メインのフローラステークス(G2、芝2000メートル)は人気の有無に関係なく、実力的には横一線。

若い女の子のレースはよく分かりませんわ 

どちらも10番人気あたりに落ち着くのでしょうが、アドマイヤピンクエバーシャルマンにも脈あり、かな。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

速報BBQ

2015-04-25 21:15:05 | 日記

今日は明石海峡大橋を挟んで、JKチームが集結。

ひとりだけ橋の南側にいたそうですが 

今日はBBQでございました 

 

昼から飲むと大変ですねー。

帰りの電車の中では爆睡でした 

 

そこら中に暴走特急がいましたし 

よって・・・

 

こんなこと

(レッドさん)

 

あんなこと

(ホソゴロウさん)

 

そんなこと

(ブルちゃん大好き、キハさん)

 

うえっぷ・・・なこと

(バンブーさん)

 

やってはならないこと 

(ヒラメケンジロウさん)

 

そのケンジロウさんと「一卵性双生児」という噂の男前&ケンジロウさんにマネをされた人のコラボレーション 

すっかり泥酔しちゃったので、詳しくはまた別途 

 

とにもかくにも、しっかりと段取りをしてくれたヤンジェネ軍団の皆さん、本当にご苦労さまでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加