ゆけゆけ 桃太郎日記

岡山に単身赴任して帰ってきたサラリーマンの思ひ出ぽろぽろ

第34回 ジャパンカップ

2014-11-30 08:30:04 | 競馬

本当に豪華メンバーが揃った今回のジャパンカップ(G1) 

 

今年は遂に外国馬の出走も3頭だけとなり、しかも3頭とも二桁人気・・・ということで、国際競走として相応しいかどうか微妙ですねえ。

ま、日本馬のレベルがそれだけ上がったということと、類似時期に香港で国際競走があるためでしょう。

 

さて、実力伯仲のこのレース。

三連覇という偉業を狙うジェンティルドンナ、現在世界ランキング1位のジャスタウェイ、天皇賞連覇のフェノーメノ、今年の凱旋門賞の日本馬最先着ハープスター、今年の皐月賞馬イスラボニータや日本ダービー馬ワンアンドオンリーなど多士済々。

 

そんな中、ひろぽんは角居厩舎の2頭に注目 

 

エピファネイア

現在6番人気。

昨年の3歳牡馬クラシックにおいて皐月賞・日本ダービーが2着、菊花賞優勝という実績を持っていますが、今年に入って3戦、まだ勝ち星なし。

これは煩い気性面が災いしていると思いますが、今の馬場にマッチしそうな馬力がありそうなんですよね 

 

鞍上はスミヨン騎手に乗り替わり。

こういう混戦の中では外国人ジョッキーの腕っぷしの強さはプラスですし、4年前のこのレースでブエナビスタに騎乗した際、2着に降着となった悔しさもあるはず。

いい枠も引いたし、馬群を割って出てくるイメージを持っています 

 

 

相手筆頭格は、

デニムアンドルビー

現在8番人気。

言わずと知れた昨年の2着馬で、しかもハナ差。あとゴール番が数十センチ先なら・・・という接戦でした。

それ以来、今年に入ってからはG1ばかりを4戦して未勝利(5着が最高)ですが、休養明けの前走(天皇賞)の末脚に見せ場 

このメンバーだとやや格下の感もありますが、府中の2400メートルはオークス3着の実績もあり、好相性かもしれません。

 

少なくとも天皇賞の緩いペースで前に残ったジェンティルやイスラボニータよりも、差してきた角居厩舎の2騎の、叩き2走目の方が期待大ですわ  

 

 

あとは、本調子になっているかどうか・・・に尽きますが。

ジャスタウェイ

現在3番人気。

マイルから2000メートルまでの中距離タイプだとは思いますが、2000メートルの天皇賞や1800メートルのドバイDFでの圧勝劇を見ると、乗り方ひとつで克服可能な気も 

凱旋門賞でも直線でジリジリと伸びてきたし、ロンシャンよりも全然軽い東京芝コースなら・・・の期待はありますね。

 

この他、天皇賞で本命にしてお世話になったスピルバーグと軽量ハープスターの末脚比べも見物ですよ。

 

 

理由はないけど、今回は何か荒れそうな香りがするんですよねえ 

(人気同士なのに思いのほか好配当、というのもあるかも・・・ですが。)

ヒットザターゲットやデサイファ、アンコイルド、外国馬などにも全く可能性がないわけじゃないと思いますわ。

 

 

そして、ジャパンカップに勝ったら・・・

京都最終レースの京阪杯(G3、芝1200メートル)で、もっと懐をあったかくしたいもんですな 

 

アフォード

現在10番人気あたりの伏兵馬。

今の京都の馬場はかなり差しが利くようになってきたので、距離短縮となる今回は狙い頃でしょう 

 

あっ、ジャパンカップに負けたときのことも考えて、先に買っとこうかなあ 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ノーヒッター誕生

2014-11-29 23:10:01 | 家族

今日は朝から雨模様でしたが、しばらくすれば止むという予報 

 

KTチームは、県大会へと続くS結成記念トーナメントの初戦(対YGチーム)だったので、ひろぽんは選手の運転手として8時過ぎに出発 

 

でしたが、試合会場近くまで向かったところで、「雨天中止」の連絡が・・・ 

雨雲レーダーを見ても、もう雨雲は通り過ぎようとしていたので、やれると思ったんですがねえ。

グラウンドコンディションが悪かったのかもしれませんね。

 

今日はエースで4番のリュウ選手が所用で欠場のため、ゆうと選手が大事なトーナメント初戦の先発を任されるって聞いて、緊張しながらハンドルを握っていたんですけど 

 

一旦、自宅に帰って、昼から再び出陣 

風はやや強いものの、すっかり青空が広がって日差しもほどよく受けて、過ごしやすかったですね。

午後の試合はKSリーグ戦。対レッドチーム。

思い起こすと、試合巧者のレッドチームには下級時代から辛酸を舐めさせられた試合が多かったですね。

4番でエース不在の中、どこまで食い下がれますか? 

 

水分を含んだグラウンドコンディションはやっぱり今ひとつ。

これを見ると、(試合会場は異なるとはいえ)午前中の試合開催はムリだったという気がしてきました 

 

試合前練習にて。

ゆうと選手、スライド登板ですな。

先週のリリーフ失敗を挽回することができますか 

 

強い相手だけに思い切ってぶつかって欲しいもんです。

初回のマウンドに上がり、足でならすゆうと選手。

格好だけは一人前か?(爆)

 

そんなクソオヤジの心配をよそに、初回を3人で仕留めて上々の滑り出し 

今日は、グレッグ・マダックスになれるでしょうかね? 

 

相手投手は、約1年前のオールスター戦にてゆうと選手とともに戦った彼。

そのとき彼は先発投手とトップバッターで活躍して最優秀賞、ゆうと選手は会長賞でしたね。

1年って早いなあ 

 

その彼も、この試合の初回はランナーを出して二死2塁のピンチを作りながらも、相手の4番をボールカウント3-2から見逃し三振に打ち取りました。

その4番バッターこそがゆうと選手なんですがね 

(ひいき目ですが、ボール臭かったけどなあ。でも、追い込まれたらストライクゾーンは広めに取らんとな。)

 

 

対するゆうと選手も2回、3回も出塁を許すことなく、落ち着いたピッチング 

ブログ構成上、便利なコマ送りで(笑)。

おおっ、一気にページ数が進んだ 

 

 

そして、迎えた3回裏。

KTチームもそろそろ先取点が欲しいところ。

初回に続いて、二死2塁のチャンスで打席に入ったのがゆうと選手。自分を楽にする大事な場面。

すると、相手投手の間合いを上手に盗んで、2塁走者のヒデ選手が三盗 

それを見て、キャッチャーがサードへ送球 

 

 

で、

 

次の瞬間、視界からボールが消え、何が起こったか分からなくなりました 

すると、ヒデ選手がそのままホームイン。

なんだかよく分からないけど、1点をちょうだいしました。

 

この後、「空白の時間」に一体何があったのかを理解することができました。

左手を押さえるゆうと選手。

 

「大丈夫か?」と審判に確認されています。

そう、キャッチャーの送球をもろに左手で受けてしまったんですな。

あんな至近距離から当てられたら、そりゃ痛いわ 

 

かなり痛そうにしていたし、打つのはムリかも~と思っていたら、おあつらえ向きの(?)フォアボール。

そして、続く打者も四球で二死1,2塁となったところで、タカ選手のサードへの内野安打が相手ミスも誘って、

ゆうと選手が2塁からドタドタと激走し、ホームインッ 

これで2点目。

 

ベンチに帰ってきたゆうと選手。

ヒロ選手からスプレー冷却してもらっていましたが、

Whooooo~~~

と、もの凄いでかい声の雄叫びを上げていました 

 

本人の痛みは相当だったかもしれないけど、周囲の皆さんは大爆笑でした。

 

 

この怪我の影響が気になったものの、その後の第3打席目もフルスイングができていたし、大丈夫でしょう。

結果は、いい当たりが正面を突いてサードゴロでしたが。

 

打つ方は今ひとつのゆうと選手でしたが、投げる方は快調 

比較的アウトコース低めにコントロールされていて、一球一球丁寧に投げていましたね。

その結果、なんと5回が終わって・・・

 

パーフェクトピッチング

 

KTチームベンチや一緒に見ていた隣のお父さんたちも「あれっ、まだランナーを出してないんじゃないの?」と言ったりして、落ち着かなくなってきました 

得てしてこういう風な雰囲気が出てしまうと、記録は途絶えたりするんですが、はてさてど~なりますやら。

 

 

そして迎えた6回。

試合は最長7回までですが、時間的にやれるのはここまで。

つまり、実質的には最終回。

 

先頭打者を三振に打ち取り、夢のパーフェクトまであと2人 

カメラを持つ手が震えました(・・・かな?)。

 

次の打者もボールカウント1-2と追い込み、抜いたスローボールを勝負手に 

山なりボールは相手打者の足に当たって転々。。。

デッドボール 

この時点でパーフェクトはなくなってしまいました。

 

「普通に直球で勝負しとけばなあ」などと先週の被弾と同じように思いましたが、勝負事にタラレバは禁物。

2点差ですし、ここが勝利を目指しての踏ん張りどころ 

 

そこから後続をセカンドの小フライ、

続いてセンターフライに打ち取り、ゲームセット 

2対0でKTチームの勝利。

遂にレッドチームを倒すことができました 

 

さらに、ゆうと選手。

初めての完封勝利、そして初めてのノーヒットノーランを達成 

あのデッドボールこそがゆうと選手らしくもあり、あのデッドボールがあってこその達成だったかもしれませんね。

 

せっかくなので、ノーヒットノーランの道を記録しておきましょう 

 

1回 投ゴロ 三ゴロ 左飛

2回 三振 捕ゴロ 三振

3回 一ゴロ 三振 三振

4回 投飛 遊ゴロ 三振

5回 三振 遊飛 二ゴロ

6回 三振 死球 二飛 中飛

 

全72球の熱投。

ナイスピッチングでした。

ゆうと選手、おめでとう 

 

そして、何よりもチームメイトに感謝やな、ゆうと選手。

バックやベンチからの声援というのは、何物にも代えがたい大きな力になっていたはずだから 

 

 

明日は、(今日中止となった)S結成記念トーナメントとSCS決勝トーナメントが予定されています(いずれも初戦で、しかもどっちもYGチームとの対戦)。

相手は豪速球ピッチャーを擁する強敵ですが、この勢いで付き進め、KTチーム 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石垣島より

2014-11-28 22:23:31 | 釣り

といっても、ひろぽんが石垣島に行っているわけじゃありません 

6月までの同僚たち、J1チームの忘年旅行第一班は今日から石垣島へ。

 

現地のひらめもっつ漁労長から、さっそく石垣通信が届いたので紹介しておきます 

あったかそうなところで、大きな船にゆったりと乗って船釣りを満喫してますね~ 

 

なんだか小汚くみえるニセヒロポン。

マリンブルーの空と海には不釣り合いか? 

 

今年はツアーの「会長秘書」の肩書を外してもらい、肩の荷が降りたK山さん。

ミョーに弾けた感じが伝わってきます 

 

この日の竿頭はニオさん。

こんなちっちゃい魚もいっぱいカウントしたうえでの竿頭だったんでしょうか(爆)。

 

そして、メールの主、ひらめもっつ漁労長はやっぱり何か持っているんですね~。

これで大物賞をゲッチュしたとか 

確かにでかいっ。

 

 

で、これが釣果らしい。

これを多いとみるか、少ないとみるか、現地に居合わせていないので、全く分かりませんねえ。

 

 

あ、アッシーさんも船には乗っていたそうですが、写真では姿が見えません。

聞くところによれば、メンバー中で唯一、船酔いをしちゃったようですわ 

ひろぽんがいれば、その姿を激写していたのに~ 

 

 

その後、釣った魚を居酒屋に持ち込んで、沖縄組のみんなで食べたみたい。

(ひらめもっつさんの嫌がらせか、左のヨーヘイさんらしき顔は半分以上カットされていました。。。)

色とりどりの魚でしたが、果たして美味かったんでしょうか 

 

 

ひろぽんもみんなと一緒に釣りをしたかったところですが、メコン川での釣りも控えているので(爆)、ガマンですな 

J1チームの皆さん、存分に楽しんできてください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風邪出張

2014-11-27 23:35:06 | 仕事

昨日の午後から東京出張。

2日掛かりで打合せをして、今夕帰ってきました 

一昨日くらいから風邪気味でしたが、いよいよ悪化してきて、なんだか疲れてしまいました。。。

 

さて、今回の出張はオダニさんとプイプイさんと一緒だったんですけど、東京に向かう新大阪駅でちょっとしたアクシデントが 

改札口でオダニさんがエクスプレスカードで通過しようとしたら、

 

ププー

 

と、アラームが鳴り、通ることができません。

何度やっても、ピッといいません、ピッと。

 

半分怒りながら、駅員さんのところへ 

「ナデさんに予約してもらったんだけどなあ」と首をかしげるオダニさん。

ですが、結局、調べてもらったところ、予約できていませんでした。このカードでは 

 

そう、(予約したのはナデさんですが)このカードをオダニさんに渡したのはシンスケさん。

そのカードというのが、オダニさんのではなくて、実は(出張しない)どかべんさんのだったんですな 

2人が似ているからといって、そんなことせんでも~(爆)。

 

まあ、先日のオダニさんの九州出張でイチャモンをつけられた仕返しってとこですかね、シンスケさんは 

リベンジ、リベンジ。

 

 

ひとしきり笑わせてもらってから乗車すると、恒例の(?)駅弁タイム 

焼きとり重弁当です。

風邪ですので、栄養ドリンクとのど飴も添えて。

 

風邪なんだけど、食欲はある 

それが救いですかね。

 

 

その後、花の都・大東京に到着して、19時過ぎまでみっちりと打合せ。

この日の東京は肌寒くて、しかも雨 

目の前では、歩きながら、かじやんさんとげっちんさんが何やら意味深な打合せ中。

 

「今日はチェーン店でもいいっすか 

 

そんなことをげっちんさんが言っていたかもしれません 

 

というのも、この日の懇親会は『やるき茶屋』でしたから。

打合せメンバーとの懇親会 

ひろぽんの仕事の同業の皆さんと一緒です。

 

オダニさんとげっちんさん。2人はカウンターパートナー。

げっちんさんは、10年前のひろぽんの東京勤務時代の部下ですね。

ひろぽんはすっかり忘れていましたが、当時の傍若無人ぶりをオダニさんにチクっていました 

 

そのげっちんさんが、ひろぽんのために注文してくれたのが300グラムのステーキ。

当時からプロレス話で盛り上がっていたこともあってか、メニュー表にあった「プロレスラーサイズ」っていう謳い文句に乗っかっただけですけど 

 

かじやんさん、ササさん、カミさん、げっちんさん、タテさんと我々3人。

会えるのを楽しみにしていたマリオさんはロングバケーション(!)でお休み中でした。げっちんさんがもっと勝手なことを言ってましたけど 

かじやんさんは大好きなジャパンを控えておられるように見えましたが・・・

 

気がつけば途中からひろぽんの前にはジャパンが 

風邪に効くかも~、なんて都合のいい解釈をして、遠慮なく飲ませていただきました 

ちょっと飲み過ぎたか。

 

途中から、このテーブルでは至る所でダミ声が響き渡っていましたが、その話は割愛しときましょ 

色々と意見交換もできたし、楽しかったですねえ。

みなさん、お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

その会も22時くらいにお開きとなり、大阪組の3人で神田方面のホテルに向かって歩いていると・・・

 

余計な看板を見つけちゃいました 

『三田製麺所』。

2Qのラーメン倶楽部の会長・副会長であるバンブーさんとニューキャッスルさんが大好きだというお店。

 

たくさんのお客さんで賑わっていました。

しばらく待たされてから入店。

 

ひろぽんは初めてですから、ドキドキしていたんですが、

経験者のプイプイさんが優しく、

 

「麺の量は、並(200g)も中(300g)も大(400g)も同じ値段ですから、やっぱり大ですよ 

「大といっても普通に食べられますよ 

 

と、教えてくれました。

悪魔の囁きにしか感じませんでしたけど 

 

オダニさんとともに悩みながらも、経験者のアドバイスに従って大を注文。

後悔先に立たず 

太麺に加えて、このてんこ盛り具合。。。

 

果敢にチャレンジしていく2人。

あ、違った。

この人にとっては、ノープロブレムでした 

ひろぽんが2~3口食べたところで、早くも終盤戦を迎えていました。

しかも、スープが空っぽになるくらい、たっぷりと麺にしみ込ませて一気に 

 

こちらは途中から苦行でしたけど、なんとか克服。

しばらくラーメンは見たくない感じ。

 

で、ラーメンを一気に平らげた後遺症か、プイプイさんは間違ったホテルに引率してくれました 

慌ててスマホで検索するプイプイさん。

 

そんなこんなでホテルに到着すると23時過ぎ。

風邪だからゆっくりと休まにゃあと今更ながら思って、風呂に入ろうとしたら、

 

部屋に風呂がありませんでした 

あまりの衝撃にボケちゃった。

まあ、地下に大浴場がありましたけど。

 

 

今朝、起きると、やっぱり体調はよろしくないので、ホテル前のコンビニでゼナをグイッと飲んで出陣 

なんとか気合で3時間1本勝負の会議を乗り切りましたね。

しんどかったけど、なかなか勉強になった会議でした。

 

会議終了後、13時の新幹線に飛び乗り、大阪へ。

昼食は『タン塩弁当』。

何度も言いますが、風邪なのに食欲はあります。

ですが、味はあんまりしないな~ 

 

 

夕方職場に戻ってきてちょこっと仕事をした後は、ランナーズの決起集会へ 

ナデさん作の賞状が登場していましたね。

なんだか嬉しかったなあ。

 

 

風邪を早く治したいけど、この調子だと明日は声がかすれてるかもしれませんね。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お土産3

2014-11-26 00:24:08 | 日記

なんだかこの表題、シリーズ化してきましたか?(爆)

 

 

さて、昨日(25日)の午後のこと。

雨の降りしきる中、先日の「篭行脚」のお返しとばかり、関連会社のKJさんとサダヲ・ニイヤンさんがいらっしゃいました 

仕事が大変になるのはこれから先も・・・なんですが、ひと区切りということで。

 

さらに、お世話になったのはこちらの方なので来てもらうだけ申し訳ないのに、なんとお土産まで 

 

ヴィタメールのマカダミア・ショコラ 

仕事中のプイプイさんとともに。

 

武士の中の武士・・・という血筋を持っているニイヤンさん(自称)ゆえに、さすがのお土産です 

それもこれも、先方に出向いて奮闘してくれたコーヘイさんやキハさんの活躍があってこそでしょうね。

 

それもあってか、余計に美味しく感じました 

上品で、しつこくない甘さがいいっ 

こりゃ、うまいわ~。

 

 

JKチームのお土産定位置である書庫の上で、ホソゴロウさんのお土産『やま柿』とともに。

KJさん、そして(JKチームのヤンジェネたちから「ちゃんこ若」と呼ばれている)ニイヤンさん、お気遣いいただき、ありがとうございました。

仕上げの時期までもう少し時間がありますが、引き続きよろしくお願いします 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加