ゆけゆけ 桃太郎日記

岡山に単身赴任して帰ってきたサラリーマンの思ひ出ぽろぽろ

NY ~going&sightseeing①

2017-11-19 21:14:18 | 旅行

先週、11月12~16日までニューヨークを訪問しました。

 

ひろぽんにとっては初めてのアメリカ本土上陸でしたが、そのときの模様を小出しに紹介しておきます。

観光地と食事(昼食及び夕食)、仕事回り・・・というふうに分けてみますね。

 

12日、日曜日。

朝8時半過ぎに羽田空港に到着。

 

チェックイン済ませた後、両替商に並ぶも長蛇の列。。。 

みんな考えることは一緒やの~。

 

ひろぽんが手間取っている間に、同行者のオノクズさんはさっさと出国審査を受けていました。

彼は数日前にひとりだけ事前両替を済ませていた、したたかな男です 

 

なんとか搭乗口で捕まえましたが、とても出張とは思えない軽装。

まあ、この日は日曜日だし、14時間というフライト時間を考えたら身軽な方がいいですよね。

 

さあ、行ってきますか。

長丁場の戦いに向けて 

 

搭乗するとさっそくランチタイム 

ただし、現地時間では夜の9~10時くらいなので、夕食と思って食べた方がよいのでしょうか? 

このあたりがビギナーの辛いところです。

 

しばらく味わえないと思い、和食を選択。

メインディッシュは銀鱈の味噌焼き。

 

「君の膵臓を食べたい」を観ながら。

この映画を絶賛していたDSさん同様、オッサンは涙が止まりませんでした 

 

他にもデザートをいただいたり、

小腹が空いたときに一風堂ラーメンに挑戦したり。

機内ですから、調理には限界があるでしょうし、インスタントラーメンに毛の生えた感じ。

 

個人的にはこれが当たりでした 

機内で殆ど寝ることができなかったので、ビデオ鑑賞のお供にしていた「香るかぼすジュース」。

はちみつ入りの優しい味。

 

 

そして、フライト14時間、映画5~6本観賞、睡眠時間30分ほどで、ジョン・F・ケネディ国際空港に到着。

写真撮影不可でしたが、税関での入国審査が異様に時間がかかりました。

テロ等に備えて厳密なチェックをしているとも言えますが、そもそも数人しかスタッフが配置されていません。。。

こっちは寝不足でしんどいんだから、ちゃんとせ~~い 

 

こちらは日曜日の朝10時過ぎなので、もう一度日曜日がスタートしたような感覚。

(出国ロビーはややさみしい。)

 

空港からタクシーでホテルまで。

アメリカ大陸上陸に心躍らせるオノクズさん。

 

眠い目をこすりながら窓の外を見ていると、

いよいよマンハッタン島の高層ビルが見えてきました。

アメリカであってアメリカではないと言われるマンハッタン。

 

橋を超えたら、そこがマンハッタン。

 

そして、ここが今回宿泊するキタノ・ニューヨークホテル。

ニューヨーク唯一の日本人オーナーが経営するホテル。

フロントにも日本人の方がいらっしゃったりして、ドメスティックオヤジにとっては有難かったですね。

 

さすが、日系ホテルです。

ホテル前にニンジャを発見しました(爆)。

 

ホテル前の街並み。

信号機。

何もかも新鮮に映ります。

 

 

 

 グランド・セントラル駅と地下鉄

マンハッタンで最も大きなターミナル。

 

室内は豪華。

が、

ホームはそうでもありません。

時刻表や案内ボードなどもなく、館内アナウンスとかもなかったですね。

勝手に電車が来て、それぞれが思い思いの電車の乗るっていう感じでしょうか。

乗車したい電車がなかなか来ないものですから、ホームには人が膨れ上がってきます 

日本でも日々の通勤時に超満員電車を経験済みですが、ニューヨークではそこまでおしくらまんじゅう状態にはならないとのこと。

「押し過ぎたら、やられてしまう」そうで、みんな程ほどのところで次の電車を待つみたい 

 

地下鉄乗車にはメトロカード。20ドルで購入。

ニューヨークの地下鉄は定額(1回$2.75)らしいので、これで7回くらい乗ることができるでしょうかね。

同伴してくれた現地勤務のストーンさんによれば、地下鉄は独占企業らしく、年々運賃がアップしていくのだとか 

 

座席はプラスチック製で固い。

品のない落書きあり。

これは日本でも同じか。

そして、ストーンさん曰く、地下鉄にはネズミが住んでいて、走っているのをよく見かけるそうです 

もうちょっとサービスに還元した方が良さそうですね。

 

 

 ウォール街

銀行や証券会社が集まり、世界経済の中心となっているエリア。

 

ネットの普及により、分散傾向にあるようですが、それでも歴史を感じさせる街並み。

この日は日曜日だったので、ビジネスマンが闊歩する姿は見えず、観光客だらけでしたけど 

 

我々も金融系ビジネスマンの端くれとして記念撮影しておきました 

フェデラル・ホールのワシントン像を前にして、今回の出張トリオ、オノクズさん、ヨシさん、ひろぽん。

 

アメリカって国旗を掲揚するのが好きなのでしょうか。

(ニューヨーク証券取引所)

 

今回の出張中、至るところで見かけましたね。

まあ、それを一生懸命撮っているジャパニーズ、オノクズさんがいましたが 

 

ウォール街には、強気相場を象徴する「突進する雄牛」像とその前に力強く立つ「恐れ知らずの少女」があります。

今年3月で撤去予定だったようですが、観光客が数多く訪れることから1年間延長となったみたい。

確かにすごい人でした 

 

勇敢な少女の像を撮り忘れ、ご利益でもあるかと牛を触りまくる残念なジャパニーズの私。

(オノクズさん撮影)

 

 

 バッテリー・パーク(自由の女神)

この公園からフェリーに乗って、リバティ島に向かえば自由の女神を間近に間近にみることができます。

 

が、我々には時間とお金がありません 

遠い。

遠すぎる。

 

スマホでは限界があり、デジカメにチェンジ。

おおっ、もっと、もっと。

見えました 

でも、横顔だ~。

こっちを向いてくれ~ 

 

さて、ニューヨークの公園にはリスが走り回っています。

このバッテリー・パークも同様。

 

地下鉄はネズミ、公園はリスですか。

ですが、菌を持っているので、触っちゃダメとのこと 

 

やっぱり自由の女神はホンモノの方がいいですね。

 

 

 ワン・ワールド・トレード・センター周辺

9.11の慰霊碑等のあるWTCへ。

 

この人の軽装だけが・・・

どの角度からみても、

気になってしょうがないのですがね 

 

ワン・ワールド・トレード・センターに到着。

木々が紅葉している周囲の自然とのコントラストが素晴らしかったですね。

100階には展望台もあるのですが、時間もなく、残念ながらショートカットとなりました。

 

犠牲者の名前が刻まれた慰霊碑。

お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りします。

 

こちらは滝がプールに流れ落ちる設計になっています。

(目の前に立ち塞がるオノクズさん。。。)

 

このエリアには建設中の施設もありましたが、

それぞれの建築物を観るにつけ、アメリカの意地と誇りを感じさせてくれました。

 

 

 パート1のおまけ

公衆電話。

 

ビル横の螺旋階段。

映画とかでよく見かけますが、老朽化が激しそう。

 

ブロードウェイの看板。

この名前をみると思わず踊りたくなりますが、オッサンは踊ることができません 

 

 

長くなったのでパート1はここまで。

パート2は帰国版とセットで取り上げたいと思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第34回 マイルCS | トップ | NY ~business »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ニューヨーカー?! (アドリアン・アドニス)
2017-11-19 21:38:40
マンハッタン・ドロップの名手です。

ひろぽんさん、ニューヨーク出張ですか
NOニューヨークby;ヒムロックかと思いました>ウソ

お仕事ですので、JK旅行のような珍道中は期待出来ないかもですが()、続報も楽しみにしています!
Re:ニューヨーカー?! (ひろぽん)
2017-11-19 23:45:36
アドリアン・アドニスこと、ミノッチさん、こんばんは。
ディック・マードックです。

お察しのとおり、お仕事ですので、JK旅行のような弾けっぷりはございません
ただ、JK旅行エリアを飛び越えて、島国中年の現実をヒシヒシと感じることができたり、いい勉強になりました。

もちろん「聖地」にも立ち寄りましたよ。
そのときの気分はキラー・カーンでした

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事