北京より帰任してもう何日?

4年3ヶ月間の北京赴任から日本に帰ってきて…

棚の整理の後に出てきた物は…

2017-08-13 17:40:00 | アホ親とバカ息子

 棚を整理して出てきた物は、京劇面のミニチュアです。このミニチュアは、北京にあるドイツのルフトハンザ航空系列のケンピンスキーホテル(凱賓斯基飯店)に宿泊したお客さんがプレゼントされる物です。裏側にホテルのマークとホテル名が印刷されてます。
 嫁さんと息子が2002年の春ごろ最初に北京を訪問したときに宿泊したホテルが、ケンピンスキーでした。実は私はケンピンスキーの公寓(アパート)に住んでました。ホテルに宿泊出来るツアーがあり、ホテルに泊まることにしました。アパートの部屋は薄暗かったですが、ホテルの部屋は明るかったです。
 京劇面のミニチュアは、夕方にホテルのスタッフが部屋に持って来てくれました。最初の日に、当時4歳の息子がドアを開けて、見た瞬間に泣き出しました。変な顔にびっくりしたようです。
 翌日も持って来てくれましたが、呼び鈴が鳴った瞬間に泣き出しました。4個あったので、息子は毎日泣き出したと思います。さすがに今は、泣きません。
 棚に置いてあった理由は、分かりません。嫁さん達が2005年6月頃、先に帰国しており、船便の荷物がその2カ月後に届いたはずなので、息子の目に触れられない場所に隠したと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月13日昼 華色そうめん | トップ | 8月13日夕 赤魚粕漬、冷... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アホ親とバカ息子」カテゴリの最新記事