久慈茂雄のブログ

日本共産党岩手2区国政対策委員長のブログです。政治への思いや日常活動をご紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

総選挙の結果について

2012-12-18 07:41:14 | 活動報告
 16日投開票された総選挙、岩手2区は鈴木俊一氏が当選。「未来」の畑浩二氏は比例で復活当選となり、議席に届かなかったの自分だけであった。そもそも、立候補表明が公示の13日前であり、知名度も限りなくゼロに近い私が勝利できるはずもないのだが、得票は10,491票で1万票ラインに到達できた。何よりも東北ブロックの高橋ちづ子氏の議席を確保できたことで、私の役割は十分果たせたと思う。私は12日間、5つのビジョンを示して支持を訴え続けた。行く先々で、党員の方々や、後援会の皆さんはじめ、党を支持してこられた方々から激励が寄せられ、不十分な選挙態勢の中でも選挙車を休むことなく走らせてくださった皆さんに感謝している。
 全国的には自民党圧勝で、共産党は1マイナスの8議席どまり比例得票は参院選の比例より伸ばしたが、まだ400万に届かないという結果だった。自民圧勝、維新の進出で、憲法改悪の策動が一層強まることが予想される。しかし、選挙の結果は「政治の安定」を望みこそすれ、憲法改悪、軍事大国化などを託したわけではない。これからは、草の根の党の一員として「生涯一党員」の立場で、日本列島の一隅を照らす役割を果たしたいと思う。
 11月中ごろに急きょ立ち上げた「久慈茂雄のブログ」でしたが、たくさんの方にご訪問いただいたことに感謝を申し上げます。私の、国政への役割はこれで終わりますので、今後は本来の私のブログ「山クジラの田舎暮らし」へのご訪問をお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

投稿は中止中

2012-12-09 07:13:37 | 日記
 当ブログにご訪問いただきありがとうございます。
 選挙期間中は選挙にかかわっての投稿は、公選法上「できない??」ことになっているようなので、現在投稿は自粛中ですので、ご理解をお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日は公示、最後の準備中

2012-12-03 07:17:45 | 活動報告
 いよいよ明日、衆院選の火ぶたが切られる。候補者である私は本日は外での活動はしないで、明日の第一声以後の演説の練り上げに時間を費やすことになる。わずか12日くらいの遊説だったが、演説をするたびに手を加え、構成も変えながら試行錯誤をしてきた。そして、30日の公開討論会で前職、元職と渡り合って彼らとの違いも確認できたし、この間の党首討論などで展開された論戦の発展を反映させた原稿をつくらないとならない。材料は十分すぎるくらいあるのだが、わずか10分の演説にそれを盛り込み、情熱をこめなおかつ自分の言葉で語るというのは、簡単そうに見えて簡単ではない。これまで、たくさんの候補(国政で3人、県議選で1人、市町村議選は10数人)のお世話をしてきて、その都度「こう改善してはと」と意見を言ってきた身ではあるが、自分のこととなるなかなか大変なことではある。
 本日は、午後に二戸駅から盛岡に向かい、盛岡で前泊。明日は、午前9時過ぎから滝沢村牧野林交差点付近で第一声。玉山区で訴えた後、岩手町、葛巻町を流して平庭峠を通って久慈市内に入り、選挙事務所前での第一声。その後洋野町大野に向かい地元であいさつをして、夜は6時30分から大野の「しも地区生活館」で個人演説会の予定である。ぜひ、街頭や室内で私の話を聞いてほしいと願う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事務所開き、いよいよ本番へ

2012-12-02 18:35:52 | 活動報告
 今日(12月1日)、私と比例代表・日本共産党の事務所開きが午後2時から「土風館」で開催され、60近い党員、後援会員らが駆けつけてくれた。
 私は、あいさつで、「この間広い2区を一回りはしてきたが、私が選対をやっていたころは候補者にはとにかく歩けと指示をしてきたが、歩けたのはわずかに自分の住む町内だけとなった。公開討論会を通じて論戦は十分太刀打ちできることがわかったが、組織戦は候補者一人では何ともならない、皆さんが頼り、広げに広げてほしい」と訴えた。労働者、業者、女性の各後援会、久慈地区議員団の小野寺団長(久慈市議)らから過分のお褒めと、激励をいただいた。最後に、この選挙をいっしょにたたかう、宮古地区の田中委員長(宮古市議)、北部地区の久保委員長(元2区候補)、盛岡地区の桜井滝沢村委員長(滝沢村議)からも、ともに戦う決意の表明をいただいた。心強い限りである。
 事務所開き終了後、記者の皆さんから「囲み取材」を受けた、その中で青森県の地元紙の記者が、「『未来』前職の陣営では、くじさんの立候補表明を聞いてため息を漏らしていた」と話していたが、前回総選挙では共産党の支持者が少なからず当時民主党だった前議員を支持したことは確かで、今回、もともと日本共産党支持のみなさんは、勇んで私を支持するだろうし、これだけ国政がメタクチャで、明日存在しているかどうかさえわからない政党や、さんざんこの国を誤らせてきた自民党から離れるだろうと思う。この人たちに日本共産党の魅力を自分の言葉で語るのが、私の役目であろうと自覚している。「いざ出陣にうれいなし」(武田節の一節)である。
 3日朝、昨日投稿した記事を見ると途中で途切れ意味不明のことが書いてあった。2区一回りの強行軍の疲れが出て、途中で居眠りをしたらしい。改めて書き直したのでお読みください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は事務所開き

2012-12-02 07:59:46 | 日記
 今日は選挙本番に向けてのくじ茂雄事務所開きが、久慈市の道の駅にある「土風館」で開かれる。記者会見での発表から2週間しかないので、全体の集会はこれ1回きりである。とにもかくにも、事務所開きで選挙本番の体制に入る。あれもやりたかった、これもやりたかったという思いはあるが、これも今回の総選挙の情勢のなせるわざであろうと思う。共産党の小選挙区への立候補予定者が299人になった。沖縄2区は「自主投票」だそうで、これで全区立候補となった。公開討論会の前の雑談で、自民党の元議員の鈴木氏も共産党が298人も出すと聞いて「たいしたもんですね」と感心していた。299人の一人として論戦力を発揮し、訴えて訴えて訴えぬくつもりだ。幸い12日近い遊説でも声はつぶれていない、あと12日間のたたかいに全力をつくす決意だ。
 ところで、私より後に4区の民主、1区の「未来」と2人の立候補表明があった。分裂した民主、「未来」のメンツをかけた泥仕合の感じになってきている。喜んでいるのは自民党だけだろう。私たち共産党は4小選挙区に候補を立て、自民党型政治と真正面から対決する論戦を愚直にやっていくしかない。選択するのは有権者である。
 掲載した写真は、宮古駅前での演説(26日)。

 選挙事務所の住所 久慈市長内町6-11-1 日本共産党久慈地区委員会内
 電 話 0194‐52‐1741
 FAX 0194‐52‐1742
 選挙対策本部長 橋上辰夫(党久慈地区委員会委員長)

 私は、広い2区の遊説で不在ですが、お気軽にお立ち寄りください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加