中央競馬徹底研究!

2015年は「横の比較、縦の比較を徹底する」と客観的に予想を見てみることをモットーとします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

有馬記念(GI)徹底研究!

2016-12-20 21:33:10 | 見解


【キタサンブラック】 2番手
前走のジャパンC1着は、1番枠から抜群の発馬を決めてスッとハナへ。トモが発達している証拠。2ハロン目で外からワンアンドオンリー、リアルスティールが競りかけるも、手綱を抑えて番手で落ち着く。こうなればキタサンのペース。1~2角で息を入れ、向こう正面もスムーズ。まったく力みのないリラックスした道中。馬場の悪い内を避け、外めに進路を取ったのも豊マジック。キタサンの操作性の良さも寄与している。ペースが上った4角で後続との差が縮まるが、そこから11.2-11.4と二の脚で一気に突き放す。危なげなく逃げ切った。スッとハナへ立てるトモの強さ、素直な気性、二の脚、すべてが完璧なレース運びだった。逆にホームストレッチが長く番手のワンアンド、トーホウが競りかけてきた3走前の宝塚記念はテンの5ハロン59秒1のハイラップ。土が掘れる稍重の馬場を考えれば尚更。先行馬総崩れの中、ゴール前まで粘ったのは地力の成せる業。スッと先手を奪えるし、気性が素直なだけに道中の仕掛けも容易にできる。最後は二の脚も使える。死角は見当たらない。今回は逃げ宣言のマルターズアポリの2番手が有力。更に後ろにはゴールドアクター、サトノノブレスが控える。前走のような楽な展開は望めない。絞れたゴールドアクターなら、昨年の覇者でもあるし、強気の競馬で来るだろう。持久力戦になる。

【マリアライト】 好位
前走のエリザベス女王杯6着は、2番枠から気合いを付けて好位を窺う。しかし、1角でゴチャつき、手綱を引っ張る大きな不利があり、後方までポディションを下げる。そこからは、後方の外めを追走する。4角の下り坂から手綱をしごいて仕掛けを開始するも、反応は鈍い。ジリジリとしか伸び切れなかった。1角で不利があった上にペースが落ち着き決め手勝負になってしまった。速い脚がない同馬にとって辛い展開だった。速い脚はないが、上がりの掛る展開なら確実に脚が使える。洋芝で最終週の中山の馬場は望むところ。ポディションは、展開、枠順次第で中団から好位と自在。

【サトノダイヤモンド】中団
前走の菊花賞1着は、3番枠から好発を決めるも、グッと手綱を抑えて中団までポディションを下げる。長丁場を考えれば賢明な判断だ。その甲斐あって道中の折り合いは非常にスムーズ。向こう正面でペースが一気に落ちても慌てない。この時に馬込みに包まれない為に、外めにポディションを取っているのは、さすがルメール。勝負どころの三分三厘でも持ったままの痺れる手応え。馬なりで先頭に躍り出ると、左ステッキ2発で突き抜けた。秋緒戦となった前々走の神戸新聞杯は、菊花賞も見据えて折り合いに専念する道中。三分三厘で馬なりのままスーッと先団との差を縮める。直線で一旦は完全に抜け出すも、ソラを使ったのは2着馬に馬体を併せられる。そこからまたひと伸びして競り合いを制した。スパッと切れる脚には欠けるが、大トビで長くいい脚の使えるタイプ。パワータイプでもあるので、最終週の時計の掛る馬場は大歓迎。あとは小回りコーナー6回の中山コースで、コーナーで加速できるかどうか。

【サウンズオブアース】 好位
前走のジャパンC2着は、好発を決めスーッと先団へ。ひと叩きしてよほど体調が良いのだろう。その前の京都大賞典などは発馬でなかなか行き脚がつかず、押して掛るチグハグな競馬だった。ペースの落ち着いた2角からは中団の外めで落ち着く。道中の折り合いはピタリ。直線で馬場のいい大外へ持ち出す。ジワジワと長くいい脚を使い追い込むも、勝ち馬も速い脚を使った分、最後は同じ脚色になった。発馬を決めて、テンに手綱を動かすことがなかったのは良かった。勝負どころで少しズブいのと、使える脚が短い分、勝ち切れない。中間は坂路主体で、疲れを取るのに専念。上積みは望めない。小回りの中山で一瞬の脚を使える点は魅力だが、ズブい分、三分三厘でゴチャつくと痛い。前の有力どころが早めに動いてくれるのは歓迎だ。

【シュヴァルグラン】 差し
前走のジャパンC3着は、大外17番枠から慎重に1角へ。無理にポディションを取りに行くことなく、後方の外めを追走する。道中の折り合いはスムーズ。直線は大外へ。ハミを掛け直されても、ズブさを見せて反応は鈍い。鞍上のステッキに応え、一完歩毎に粘り強く伸びる。残り100㍍からグーンと伸びて2着馬に迫った。緩急のある流れでズブさは見せたが、長くいい脚は使えた。最後は2着馬を凌ぐ脚色だった。少しズブい分、勝負どころからスムーズに加速できるかがポイント。そうすれば、長くいい脚を使うことができる。

【ゴールドアクター】 3番手
前走のジャパンC5着は、8㌔増。下見どころから発汗が目立ち、チャカついていた。レースではスッと3番手に取り付くもキタサンに無理に競りかけることはない。この辺りは太め残りで無理できない事が影響している。道中はインでジッと我慢。直線を向き、ステッキが入るも、ジリ脚で伸び切れなかった。1週前にビシッと長めから追われ、最終追い切りも負荷を掛けたが、絞り切れなかった。本来は昨年の有馬記念のように、スッと先団に取り付き、勝負どころでスッと反応してひと脚使える。絞れれば、もう少しキタサンに対してプレッシャーを掛けられる。この馬の出方が、展開のカギを握るのは間違いない。この中間は、1週前にビシッとやられて496キロまで絞れている。絞れれば、昨年制覇したレースだし、強気に乗ることができる。長くいい脚を使って連覇へ。
 
【デニムアンドルビー】 追い込み
前走の金鯱賞8着は、屈腱炎明けで1年5か月ぶり。レースでは、発馬直後から無理することなく馬任せでポツンと離れた後方2番手からの競馬。スローの上に縦長の展開。自身の3ハロン通過が39秒4とかなり緩い流れ。3、4角でインに潜り込み、馬群に取り付く。一瞬の脚でジリジリと差を縮めたが、ゴール前で前が詰まり手綱を引っ張る大きな不利もあり、8着だった。休養明けとしては及第点の内容だ。道中で急がせると末をなくすが、タメれば一瞬の決め手はGI級。ここは、持久力のある流れが予想され、有力どころは早めに動くだろう。最後の1ハロンで時計が掛れば。アドマイヤモナークの再現を狙う。

【ヤマカツエース】 差し
前走の金鯱賞1着は、大外13番枠から馬任せで1角へ。超スローで馬込みがギュッと縮まった為、1~2角は中団馬群の外めを追走する。縦長になった向こう正面からは、前のサトノノブレスを見ながらの追走。3角手前からサトノが仕掛けても慌てない。ジッと我慢し、直線は大外へ。一瞬の脚を使い、差し切った。前々走の天皇賞15着は長距離輸送で馬体が減り、本調子になかった。しかも、13番枠から好位を取りに行った分、掛ってしまった。スッと好位まで行ける脚があるし、鞍上のゴーサインに対して瞬時に反応できる。最後も一瞬の脚が使える。まさに中山コース向きのタイプ。首を柔らかく使えて、収縮の利いた走りができるタイプ。1週前の動きも絶好だった。絶好調。京都記念の内容を見る限りは、2500メートルは少し長い印象。内枠を引いて、道中ジッと我慢し、一瞬の脚を生かせれば。トゥザグローリーの再現を狙う。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第60回 有馬記念(GⅠ) 最... | トップ | 第61回 有馬記念(GI)短評 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

見解」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。