てくてく草紙 (ぱすてるとらっぷ)

旅のエッセイマンガ・イラスト・写真・つぶやきなど・・・
エネルギーチャージしたくて、あちこち出かけてます

パワスポマンガ「諏訪大社・ミシャクジ編」(5)奇祭?妖祭?「御頭祭」

2017-03-07 20:11:34 | 諏訪大社・ミシャクジ マンガ 

 

上社・本宮から車で5~6分。 上社・前宮に到着します。

御神体は本宮と同じ「守屋山」です。 

前宮には本殿があり、やはり緑と御柱に囲まれて建っていますが、

その「二の御柱」と「三の御柱」周辺が特に素晴らしかった・・・(*^ー^*)

 

 

 

ここここここ、この場所・・・ 本当に清々しくて・・・っ!!(*T T*)

今までいろんな神社・仏閣を回りましたが、その中でもホントにイイ!!

はぼさんに描いてもらった表紙イラストはこの「三の御柱」前です。

 

周りには、のどかに山裾が広がり、民家がちらほらあるだけなんですが、

綺麗な小川に囲まれて鎮座する御柱は、健やかに青空に向かっているし、

パワースポットってこういう所を言うんだ―― と勝手に思ってしまいました。

 

 

・・・実はこの前宮には、「御柱祭」と並ぶ、不思議なお祭りがあります。

 

 

本宮例大祭の後に行われる「御頭祭」(おんとうさい)

古くからの儀式や重要な神事は、本宮ではなく「前宮」で行われるそうです。

 

 

75頭もの動物の頭を捧げる「御頭祭」や巨木を祀る「御柱祭」は諏訪大社にしか

見られないそうで・・・   

(3)で紹介した、「古代イスラエル・ルーツ説」ではモレヤ山に捧げられる「生贄」と

重なるものだ―― と言う方もおられるそうです。

 

ちょっと怖いですが、御頭祭の雰囲気がわかる写真を、記事の下に出したので、

良かったらご覧くださいね。(^^;)

 

 

 

こちら諏訪大社・上社前の宮「本殿」

昭和7年の伊勢神宮「式年遷宮」の際に、下賜された古材で建てられたものだそうです。

 

そして上社・前宮、三の御柱。

美しい小川が、ほとばしるように流れています。

 

 

その小川の水を「御手水」として使います。

 

自然の川が「手水舎」なんて、私は伊勢神宮くらいしか見たことないかな・・・

「水眼の清流」と呼ばれる名水だそうです。

「本宮」の温泉に続き、とっても優しいパワーを頂きました。(^^)

 

 

「御頭祭」が行われる「十間廊」  本殿あたりとはまったく別の雰囲気が漂います。

 

中はこんな感じ。

 

 

ここに、こういう感じの捧げものが、ずらりと並ぶわけですね・・・

 

鹿だけじゃなくて、イノシシやウサギなんかも。

 

確かに頭のお祭りだ・・・ (--;)   

明治の初めくらいまで本物を並べていたそうで、想像するとちょっと怖いですね。

 

そして生贄の鹿の中には、かならず耳が裂けた鹿がいたそうです。(写真の鹿・参照)

旧約聖書の創世記にも、「耳が裂けた羊を生贄で捧げる」という話があるとかで、

これもまた、古代イスラエルとの関連を言われる理由のひとつなんだとか・・・

 

とても不思議な「諏訪大社」

その中でもこの前宮は、特にいろんなパワーを感じる不思議な宮でした。

さて、次はようやく下社に向かいますが、その前に「モレヤ」(守矢)さんと

ミシャクジさまのお社に寄って行こうと思います。

 

宜しかったら、お付き合い下さいまし。(^^)

 

 

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ

『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LCCと、沖縄のサロンパス味 | トップ | パワスポマンガ「諏訪大社・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

諏訪大社・ミシャクジ マンガ 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。