まゆみ工房

着付け、しぐさなどの和の事や、トウリーディング、アクセスバーズなどの心と身体に関わることを中心に、書いてます。

イベントでのトウリーディングセッション

2017-04-21 23:02:51 | トウリーディング
先日のイベントで、なかなか素晴らしいトウリーディングのセッションができました。


<Kさん 77歳 右利き>
彼女は右の人差し指の黒ずみが気になっていました。
できたのは2月ごろ。
私は彼女にその頃何かがあったのか聞いてみました。しばらく思い出せなかったのですが、少し時間が経った頃急に思い出しました。

知り合いの女性と、中年の男性に同時期に嫌な思いをしたことを心に留めておいて、そのまま忘れていたそうです。
思い出を断片的ながら私に話してくれた彼女は、
「ずっと話したかったの。でもそのうちに忘れてしまって…。話せてスッキリしたわ。」とニッコリされました。

実は彼女はレイキをを習っていて、いつか施術をしたいと思っているそうです。
1年後をめどに、がんばっていきたいと言っていた彼女を見て、いくつになっても夢や目標持って生きていくのは素晴らしいなと思いました。



<Gさん 40歳前後 男性>
彼も爪に問題がありました。両親指にです。
水虫かもしれないと言っていた彼の爪は、厚く、ボロボロしていて、右は巻き爪でした。

ごめんなさい、なんでこんなに、痛い、
かわいそう、本当はこんなんじゃない、
人に見せられない、もっとカッコいいはず…。

指をみた彼の口からは、次々とこのような言葉が出てきました。



爪がおかしくなってきた数年前、彼にはある出来事が起こりました。

それは東日本大震災でした。

彼は被災したわけではなかったのですが、群馬県に住んでいたので毎週末に、被災地に支援に行っていたそうです。約1年近く彼は続けたのですが、ここで起きた現実を目の当たりにし、心が疲れ、1年後には引きこもりになってしまったそうです。引きこもりは約4年間続きました。どうやらその引きこもっている最中に、爪がだんだんと悪くなってきたようです。

私は彼に、いつものように「指に声をかけてみませんか?」と言いました。

すると、驚く言葉が彼の口から出てきました。

(敬称略)
G「ああ、声かけですか?もうやってます。」

私「え⁈本当ですか?トウリーディングを受けたり、何か本を読んだり、どこかで声かけのことを知ることがあったのですか?」

G「いいえ。今回初めて知りました。実は少し前から巻き爪がひどくなって、痛みが出て来たので、声をかけたほうがいいような気がして、1週間ほど前から声をかけ始めたのです。」

私「なんて声をかけているのですか?」

G「最初はごめんなさいと言いました。そして今はありがとうとも言っています。」

私「今痛みはありますか?」

G「声をかけてからは痛みはなくなってきました。」

私「これからも続けて下さいね。」

私は感動で胸がいっぱいになりました。
自ら気づいて、声かけを実践する人には初めて出会ったからです。

彼は少し前からこの指がどうしたら治るのかと問いかけをしていたそうです。そうしたらまさか足の指を診るひとに出会えるなんて!と彼もまた喜んでくださりました。今日はあなたに会うためにここに来たのかもしれないと…(彼は他の出店者さんの友人で、彼女を訪ねてきたのですが…でもわざわざ横浜から町田までです。)

2人ともたった15分位の間。
そんな短い時間で、ものすごく濃密な時間となるトウリーディング…また、改めてその素晴らしさを実感しました。

足指素敵!
そして、人間も素敵!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これからも、ここのブログで… | トップ | タトゥーアーティストさんに... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (G)
2017-04-22 01:03:19
こんなに感動してくれてたなんてめちゃくちゃ嬉しいです♪
足の指それぞれに色んな意味があるなんて本当に知らなかったので僕もめっちゃ感動しました!
やはり答えは全て自分が知っていて問いかければ必ず答えてくれる。その答えは意外なところや予期せぬところや忘れた頃にやってくる。
今回はまゆみさんという素敵な人からトウリーディングという素敵なセッションで教えてもらえて…
本当にありがとうございました♪
Re:ありがとうございます (hironarumi1003)
2017-04-29 01:16:09
こちらこそ、ありがとうございました。
自ら声かけしてくださってた方は、本当に初めてだったので、驚きと感動でした。
どうぞ、足の指を大切にされて下さい。そして、東日本大震災で被災地で支援されていたその頃のGさん自身を、今のGさんがたくさんたくさん抱きしめ、愛してあげて下さいね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。