逆輸入家族 大阪で暮す

アメリカでの丸8年の生活から一転、出身地の大阪で、子どもたちは初の、
主人は20数年ぶりの日本ライフです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海外離乳食事情

2007-06-08 11:29:43 | Weblog
ところで、今直(8ヶ月)は離乳食真っ只中。
下の歯2本が顔を出し、上も時間の問題。
5月に日本に一時帰国し、
一通り、買いだめをしてきました。
もちろん、これは上の大の時の経験から。
日本の離乳食って、本当凄い。
栄養はもちろん、段階ごとにいろいろあって、
こっちは、本当に簡単と言うか、
こちらの食生活を物語っています。
主食は、ライスシリアルやオートミールシリアル。
粉末になっていて、ミルクやお湯で溶かします。
なんだか、どろどろしていて、美味しくなさそう。
大の時は、一切使わなかったけど、
二人目ってかわいそうだなー。
結構活用しています。
それに、フルーツのペースト。
これは、日本より種類があって、使えます。
ブルーベリーとかチェリーとか。
マンゴーやパイアップルなどのその名も、
「ハワイアンミックス」や「バナナヨーグルト」とか。
日本では、リンゴと桃ぐらいしか見なかったんですけど。
おかずは、最悪です。
食べさせている人には申し訳ないけど。
ハムと何とか、とかチキンとワイルドライスとか。
こんな早くから、そんなものいいの?
と思うようなものがたくさんあります。
なので、それは使っていません。
スナック類も、そんなに豊富にはなく、
一体こちらの人は、何を食べさせているのか?
と、疑問に思っていました。
そうしたら、こちらの友達いわく、
結構早くから、チキンの焼いたのとか、
野菜のスープだとか食べさせるらしいです。
日本ほど、食生活を気遣う民族はない。と
彼女は言ってました。
実際、2歳になる姪っ子にコーヒーを飲ませてました。
日本じゃ、ありえない。
そのくせ、子供が学校に持っていく、
ランチの種類はたくさんあります。
そのまま持っていけるようなパッケージになっている、
クラッカーとハムのセットや、
チーズとハムとパンのセットなど。
同じ友達が言うには、
キッチンはほとんど使わない。
出来合いのもの温める、電子レンジと、
オーブンさえあれば、何もいらないと・・・。

そんな中で、日本の食文化を保つのは、
たやすい事ではありません。
40分かけて食材を買いに行き、
日本の食事の2,3倍の費用をかけ、
それでもできるのは、日本の半分、
そんな感じです。
食生活は、心を豊かにする、
そう信じて、頑張るしかないのですが。
でも、色々と工夫もできるようになるものです。
違う食材で、いかに日本風にするか。
最近はそれに嵌っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガソリンスタンド | トップ | 休みの日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ミルク(粉末)をたくさん集めました (ミルクをいっぱい集めました)
愛猫の為に購入しました。年を取ってからなぜか突然牛乳が好きになった様で、私が飲んでいると欲しがるんです。でも猫には牛乳は良くないと獣医さんから言われたので、ヤギのミルクを与える事にしました。このミルクを沢山飲んでも下痢する事もなく、うんちも良好です。栄...