味園博之のブログ-文武両道「空手道と南洲翁遺訓」他古典から学ぼう

平成の今蘇る、現代版薩摩の郷中教育 
文武両道 「空手道」と『南洲翁遺訓』を紹介するブログ

身体髪膚、之を父母に受く。

2017-07-13 14:28:37 | ブログ
第3118号 29.07.14(金)

孔子曽子に謂ひて曰く、身体髪膚、之を父母に受く。敢て毀傷せざるは、孝の始なり。身を立て道を行ひ、名を後世に揚げて、以て父母を顕はすは、孝の終なり。『小学』(明倫第二)68

 孔子が門人の曾子に告げていう。この身体は、毛髪・皮膚まで一切父母から受けたものである。衛生に最大限の注意を払い、行動に気をつけて、軽々しくこれを傷つけたりしないようにと努力する。これが孝のはじめである。人生の経験を積み、この身の内容を充実し、確乎たる人格者としての自己を完成して、人の世に規範をもたらし、よって、この賢者を生みしは、この人よと父母の名を千載の後までも明かにするのは、孝の完成である。69

 【コメント】大変良い教えだと思います。お互いに幸せにして有意義な人生を送るためにこういう訓戒を身につけるべく努力したいものです。

 自分だけでなく、家族のみんなも、そして友人知人もと広げたいものです。

 昨夜は第二道場での空手道教室でした。7人で御稽古しました。御稽古をしていたら、子供をつれた母親が稽古風景をみていましたので、空手に興味があるのですか、と聞いてみました処、2歳児の息子におけいこさせたいと申しましたので、いろいろ説明してあげました。

 丁度、『南洲翁遺訓』女王のカナコサマが見得ましたので、御稽古風景を見て貰いました。空手道の意義と青少年教育の必要性をお話してあげました。そしてカナコリーダーが主導で『南洲翁遺訓』第一章を元気よく唱和しました。見学した若いお母様はとにかく吃驚しました。

 二度とない人生、空手道で身体を鍛え、そして精神面の練成をし、人生を誤ることのなきようにしないと、子供に万一の事態が発生してからでは遅いのです。

 私は70年間空手道をし、そして三千人以上の子供たちに空手道を教えてきていますので、人生に有意義ならしめるものでなくてはならないと何時も考えています。

 要はやる気さえあればいいと思うのです。昨夜は田上さんと男の空手道稽古をしました。大変上達してきたのですが、ただ、甘えがあるのでそれをどうにかしなければならないと考えています。

 途中、腰を落とせとか、漢詩の忘れに厳しく注意をしましたら、跳びかかってきました。そこで組手がはじまりました。田上さんの腕は、鍛えられていて、幾ら打っても全く効果がなく、組み合ったまま倒れてしまいました。

 田上さんの『南洲翁遺訓』と西郷さんの漢詩を朗誦する姿は最高です。

 兎に角性格がいいし、ナニクソと対峙する気概があるので大変結構だと捉えています。先週お休みした新中学生もやってきました。その人の幸せへの道程ですから、諦めることなく、指導し続けたいと思っています。

-----------------
『人としての生き方』(第72回)

 それから、福島女子短大に秘書課が出来ます時に、どうしても講師をやってほしいということで、二年程いたしました。その時、関東・東北の秘書課を持っておられる先生方のセミナーで基調講演を致しました。そして、その内容をまとめた『秘書に求められる人間像』という本を出しました。当時、秘書課の先生で秘書の経験のある方が殆どおられず、単に頭の中で考えたものを知識として教えておられる。幸いわたくしは長く秘書の仕事に携わってきましたから、その立場から話したものを纏めました。そうしましたら、これを読んだ福島医大の先生から、今度は「医師に求められる人間像を書いてくれ」という要請がありました。「私は医者ではないし、その方面の知識も無いから」とお断わりしたのですが、どうしてもということで、医者のことはわからないが、”医者に診てもらう立場から”ということで、『医者に求める人間像』という本を書きました。或いは、わたくしどもが活動をしております「新樹会」の運動としてやっておりました政治セミナーで話したものをまとめた『いま、政治家に求めるもの』を書きました。これらはすべて安岡先生から教わったといいますか、直接というよりも、先生のご本を通じて、わたくしが求めた人間学、そしてそのあり方を述べたものに過ぎません。
----------------
「死に代えた『南洲翁遺訓』」(第63回)

 またある日の日記には、「当時はこぞって文明開化である。ひとり旧習を墨守し、外国事情に通暁せずして、大知識とはいい難い。一方新奇の文化に走って上古の道を忘れ、経書、史書などなんの役にもたたぬという者も、あながち愚者ともいえぬ。私はかつて東京に出て兵学を学んだので、大いに西洋人の教えを尊重する。国家に洋学に詳しい学者がいなくては、立国の道を誤る。いま庄内に帰って、国の賢人善者といわれる人たちを見て感ずるのは、学問の広いことが、まさにその篤行を損なっている、ということである」
 と。これを田辺儀兵衛先生(戊辰戦直後、江戸にあって菅たちと共に庄内と藩主の安堵に奔走して功績があった)は、
「漢も洋も二つながらなくてはならぬものである」
 と、いわれたので納得した、とあります。

----------------
安倍総理が外遊から帰国し、国会閉鎖中の審議に応じるとのことです。内閣支持率がドンゾコの状態ですから回復させるためにもと思っているらしいが、効果は期待できないという識者の分析です。

 思うに森友学園の名誉校長が出だしのミスであったと思います。「有難いことと存じていますが、私ごとには不似合いでございます」といって断るべきであったと思うのです。

 そして離婚をしていないのですから、その辺のアバズレ女がするようなことはすべきではないと思います。そういうのを見識というのですが、全くもってデタラメです。

 話代わってケントギルバードを読んでいますが、国民の皆様も必読すべきだと思います。アメリカの方がいろいろ言及してくれるというのは有難いことだと思います。

------------
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父母之を愛すれば、喜びて忘... | トップ | 夫れ孝は、親に事ふるに始まり、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事