「おわら節」に挑む !

爺さんが 唄と踊りの両方を欲張って始めてみたのだが - - 

たかが ブログ されど ブログ

2016-09-19 20:20:50 | 日記

久ひさぶりにブログを開いて見て驚いた !

ほったらかしのブログにも関わらず、訪問してくれている方がいるのだ 開いてくれる方も

いるのだ- - - ありがとうございます。

暑さのせいか 齢のせいか とんと根気がなく面倒だと感ずることが多く 「ま- - いいか!」

で済ますことが多くなったにゃー。

ただ、「おわら」は間違いなく 前進してまする。

踊りの講習と練習は、一年半以上で抜けたのは一回だけという上出来の出席率であります。

しかし、わたしにはどちらかと言うと 踊りより唄の方が合っているように思えるだが

唄をうたうにも踊りをちゃんと理解していないと唄えないので 踊りもずっと続けて行く。

唄の方は 月三回の練習を4月から始めているが 先月、笠寺観音の祭りで初めて人前で

唄わせてもらったが、踊りが付いているので間違いは許されず 独唱ではなく、練習仲間との

合唱となったが少なからず緊張した。

また先週の土曜日は「かすりの会」さん関係の催しが栄の久屋の舞台であり、囃しの一部を

独唱で唄わせてもらったが、間違えなかったという点でなんとからOKだったようだ。

わたしの声は中音で おわら四本 は少し苦しいが 長囃しと囃しの音程ならなんとかいけ

そうなのでこの方向で頑張ってみたい。

ただこの囃し方は唄、踊り、三味線 胡弓のすべてのリズムを理解していなければならず

容易なことでない。

ブログは ポツンポツン でも続けてみる予定ですが- - オワリ

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 越中おわら は 複雑怪奇 ! | トップ | 「本場おわら」が来る ! »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事