「おわら節」に挑む !

爺さんが 唄と踊りの両方を欲張って始めてみたのだが - - 

前奏・間奏(三味線の)に何でそんなにこだわるの?

2016-10-18 02:18:16 | 日記

踊りをやってる方から(表題のように)言われそうだが、踊りは 入り囃しの後のチョチョチョンのチョン

のタイミングを間違わなければ 後は約束どうりの順番に踊れば終わりの形もちやんと皆んな

一緒になるが、唄はそうはいかない。

つまり、唄は前奏でも間奏でも(おわら用語としてはなく私が言っているだけ)その拍数(長さ)

の後唄いだすのであるが、例えばある町内の唄い手とある町内の唄い手二人が、打ち合わせ無

しで三味線の前奏や間奏が始まって唄いだした場合、唄いだしの場所が違ってくるのではなか

ろうか?

おそらく、八尾の方がこの書き込みを見た場合、「わけのわからない者がわけの分からない

ことを言ってわい」と一笑されそうだが おわら求道爺さんの悩みは続きまする^^;

 

 

 

 

ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 間奏の長さ(拍数)が変化する(... | トップ | 高い音で唄うという宿命 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。