2017年 新年の風景

寒中お見舞い申しげます

新年早々には暖冬かしら? と思いきや,小寒 大寒 になるや 
寒波に見舞われて、氷点下10度近い厳しい寒さの日々。
諏訪湖の 御神渡り 確認も期待できそうでしょうか。

河口湖周辺の  どんど焼き祭りの飾り物  を観に出かけました。富士山は拝めず。

又後日 雪の松本城へ。明日から 氷彫フェスティバルとかで賑わっていました。

 

 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

11月に 雪の朝?!

突然冬がやって来ました!

ゆ~ったりと小春日和の日々を気分良く過ごしておりました。
目覚めて突然の 大雪 に震えあがる程、真冬並みの寒い一日でし。

秋の景色を 何もアップしないで 冬? 大変です。
ごく最近の 秋最後の撮影 銀杏林の シーンを 急きょアップすることに。


朝 雪を被ったパンジー

 

 

 


 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

秋 東北 の旅

9月 半ば 東北3県へ2泊3日の旅をしました。

 山形県ーー宝珠山立石寺(山寺)、銀山温泉 泊   
 宮城県ーー ニッカウィスキー工場、正宗山 瑞鳳寺、五色沼(毘沙門沼) 会津若松 泊
 福島県ーー 会津飯盛山。大内宿

              銀 山寺(立石寺)・・・参道は鬱蒼とした急な石段が1千段以上続く。
               銀山温泉・・・大正ロマンの趣き漂う三峡の温泉。 
               政宗山。瑞鳳寺・・・伊達政宗公が眠る。
              大内宿・・・茅葺き屋根の民家が連なり 長閑な山里風景です。

               台風上陸 長雨の続いた9月でしたがこの3日間は好天気で幸いでした。                                 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

夏の風物 その2

全国新作花火大会

諏訪湖畔で約30万人の人出の賑わいの中
新作花火競技大会 が開かれた。

締めくくりにふさわしく 1万8000発の大輪の花火が夜空を彩りました。
度重なる台風到来の合間をぬって、
最終日にふさわしい締めくくりとなりました。



湖面に映る

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

夏 の 風物

岡谷市 灯籠流しと 花火
    諏訪の夜景  稲妻 

暑さに参りそうな日々 でしたが そろそろ夏も終盤。
秋を呼ぶマツムシが 奏ではじめました。
駆け込み夏の景色。 サラリと単発花火 と
やっと捉えた 今年の 稲妻 です。

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

夏 です

梅雨の行方は??  いつの間に  本番。

6月末 梅雨のさ中に、ほたる祭りに行きました。
良く跳んでいましたが、どうにか撮れた一枚です。

7月、古くから伝わる 塩尻市 阿礼神社例大祭 を観に行きました。
市内の 7町内から 豪壮な山車が繰りだします。
塩嶺峠の向こうにこんなお祭りが あったなんて・・・感動しました。

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

5月 初夏の景色 あれこれ

賑やかに御柱が終わりました。
初夏の花々も順調に咲きました。

5月に撮りためた写真をざっと並べ、忙しく過ぎ去った日々を顧みました。

タラの芽 コゴミ コシアブラ ワラビ 蕗 などの 山菜採りも兼ねて。
 
季節ごとに 咲き見頃の花たちは 色鮮やかに誇り高く咲いていました。

 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

春の終わり~初夏の 景色

 最後を告げる 花 たち

良く晴れた一日、少し高地の野山を歩きました。
そこには まだ 春の名残が そちこちに ありました。
もう一度健気に咲く 春の花たちにめぐり合いました。


 

石楠花 咲く 定光寺  と  牡丹 の花咲く 玄向寺 へ

両寺とも ちょうど 見頃で 楽しく散策しました。
続いて ピンクの絨毯を敷きつめたように咲き乱れる
日本サクラソウウは 山奥の沢地にひっそりと咲いていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あしかがフラワーパーク

春は 大藤 (樹齢200年)

恒例のお花見は足利へ出かけました。広大な敷地に咲きほこる数々の花は圧巻でした。

春、桜に始まり ツツジ バラ 花菖蒲  アジサイ・・・など季節ごとに夏から秋へ
そして冬にはイルミネーションへと続き、一年中楽しめるパークです。

 

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

春 

御柱

先ず、地元の人間としては、今年の春は 何たって 御柱。
思いがけず観覧券が手に入り、2日目の柱を観る。

満杯の観客が散々待たされあっという間、だったけれど スムーズで見応えがありました。


 

 春の 景色あれこれ

今年の桜前線、本州を通り抜け 早や北海道へ 渡ったようです。
御柱に振り回され 後手後手となりながら 駆け足で 一回りしました。
春たけなわも過ぎ去り、遅きの更新ですが、ちょっと眺めてみてください。





コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ