鹿児島市の司法書士喜山修三のブログ

相続や売買の不動産登記,会社設立や役員変更,債務整理,成年後見等を業とする司法書士事務所の所長の法律や日々の雑感を掲載。

突然の幸福

2016年09月18日 | Weblog

 

 

世の中には突然の不幸というものがある。
 例えば,階段で足を滑らせて怪我をした,駐車しようとして車をこすってしまった,料理をして指を切ってしまった,温泉に行って水虫を移された等々。数えるときりがない。
 しかし,世の中よくしたもので,突然の幸福というものもある。
  先日宮古島に行ったときに,豪華なホテルの一室に案内された。その部屋は海側に面していて,眺めも素晴らしく,部屋がばかでかくて,ソファーの応接セットが二組,テレビが二台,学生向けのワンルームマンションほどの大きさのお風呂が装備されていた。
 部屋に案内されて直ぐに「この部屋本当に1万〇千円ですか。本当は倍以上するでしょう」というと,その女性の方はにっこり微笑んで,倍ではありませんせんこのくらいですと言って,親指を曲げて四本の指を伸ばした。そうそう,簡単に言うと4倍です。ということは,1万〇千円×2×4=8万〇千円。なるほどそれくらいはすると思われる大きさであった。
 ベッドに入りながら,「世の中には普通にこんな部屋に泊まる人もいるんだろなぁ」とため息が出た。しかし幾ら部屋が大きくても,私と友人は泡盛を飲みながら一緒にテレビを見て眠っただけである。お風呂も,大浴場に行ったので,浴槽には触れることもなく,片隅の洗面台で歯磨きをしただけであった。
 部屋にはちゃんと歯磨きが用意されていたので,感じの良いホテルの方に,どこかのタレントさんの様に歯磨きを所望したりはしなかった。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美味しそうなグーグル | トップ | 台風16号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。