河童の居酒屋

遊迷人のたまり場。酒は馬車(うまかー)。客は余暇人(よかひと)。店主は駄洒落好き。ま~一杯・・・。

第4416弾・今国会最大の懸案…ようやく成立

2017年06月18日 08時44分44秒 | ブック
本日の天気予報・気温は18~23度。天候は曇りのち雨。

改正組織犯罪処罰法』は、徹夜の与野党攻防の末
ようやく成立したが、
何とも言えない後味の悪さが残った。
民進党など4党は、一体何のために抵抗したのか?

もし、改正案を時間切れで廃案に追い詰める可能性があったならば
金田勝年法相らにたいする問責決議案や
内閣不信任案を次々にぶつけて採決を先送りしたことに
多少の意味を見いだせる。

しかし、会期を4日間も残した時点で
こんな戦術に出ても、その可能性はゼロ。
単なるパフォーマンスに過ぎない。
時間の浪費以外の何物でもない。

法相の問責決議案や
参院法務委員長の解任議決案を早々に出したのは…野党だ。
与党がこれを『審議打ち切りと宣言』と受け取ったのは当然のこと。

TOC条約に署名しながら、締結しないのは、国際公約違反
民進党もそれが分かっていたから、現幹事長の野田佳彦政権時代に
国会提出をを試みたはずだ。
それを今となって、『法律がなくても条約締結は可能』と言い出すのは実に不可解。

いずれにしても、今国会での成立した『改正組織犯罪処罰法』によって
TOC条約締結が可能となった


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第4415弾・我が家のピーマン | トップ | 第4417弾・新聞や野党の二重基準 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
法相の問責決議案 (肥後まり)
2017-06-20 07:45:12
助産師・看護師という経歴のもち
南野千恵子法務大臣がいた
この方も答弁を出来なかった

今の金田勝年法務大臣も
見るも哀れな姿をTVでみかけるのだ

よくもこの様な人を大臣に任命したという 
 七不思議

 
野党は対案が不毛 (店主)
2017-06-20 08:18:36
野党のだらしなさは、反対・反対の連発。
対案を出して、堂々と論戦を挑むのが、本来の姿ではないのか。
国民を騙しているのは、野党の無能じゃないのか。

それにしても、野党時代も、与党時代も…法相大臣の人材が不足しているようだ。

勉強不足も甚だしい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。