河童の居酒屋

遊迷人のたまり場。酒は馬車(うまかー)。客は余暇人(よかひと)。店主は駄洒落好き。ま~一杯・・・。

第4417弾・新聞や野党の二重基準

2017年06月19日 08時21分05秒 | ブック
本日の天気予報・気温は20~27度。天候は曇りのち晴れ。

自分たちの過去の言動を忘れ
高飛車に他者を非難する。
そんな新聞や野党の二重基準には、
うんざりする。

平成22年9月に尖閣諸島沖で
中国漁船が海上保安庁の巡視船に
体当たりする事件があった。

当時の民主党の菅直人内閣は
海保が即日公開する予定だった
衝突映像を隠蔽したため
海上保安官だった一色正春氏が義憤にかられ
映像をインターネットに流した。

この時、朝日社説は
『国家公務員が政権の方針と国会の判断に公然と異を唱えた
…倒閣運動である…と決めつけた。

仙谷官房長官は
由々しき事件だ。徹底的に調べないと、いけない…と強調。

菅内閣の『御意向』に反する公務員はけしからんと説いた新聞が、
今では、文書を漏らした職員を英雄扱いして持ち上げている。

民進党共々是非を悔いて
一色氏に謝罪して、出直したらどうか。

* 産経抄から抜粋。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第4416弾・今国会最大の懸案…... | トップ | 第4418弾・豊洲問題 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
都合がいい解釈 (原 辰代)
2017-06-19 18:20:32
ああ これが現在の政治家か
ジャーナリストか   

信用失墜 (店主)
2017-06-20 08:13:00
野党が政権をとれば、朝日・毎日新聞は、政権擁護の論説を応援。
安部政権だと、朝日・毎日新聞は、目の敵の論説を張る。
ジャーナリズムは、どうも左翼傾向を好むらしい。
論説員や評論家も同じ傾向。

反日思想の首謀者が、そこに潜んでいるとしか思えない。
愛国主義は、日本には不在のようだ。

コメントを投稿

ブック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。