ひろこの山旅

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

華厳山南尾根~経ヶ岳

2016-12-13 19:53:29 | ブログ

平成28年12月18日(日) 快晴 田島 中原 計 2 名 軽自動車と自転車 利用

自宅5:45=中原宅6:06/30=寺鐘橋7:30=道の駅・清川7:35/40=自転車で=寺鐘橋7:52/57

→金網扉7:57→図根点8:14→アンテナ8:20→アンテナ8:46→右に鹿網9:15→464m煤ヶ谷高取山

9:46→危険な急登10:00/30→稜線10:30→△522.1m荻野高取山10:50/52→発句石11:02/08→

△522.1m荻野高取山11:18→華厳山11:44/12:05→荻野越12:20→モミの木地蔵12:33→経ヶ岳

12:50/55→経石12:57→半原越13:20/25→リッチランド・分岐13:35→591m13:43→仏果山・

分岐13:52→524m14:03→法論堂(おろんど)林道入口14:28→ゲート(石仏群)14:58→

坂尻バス停15:13→道の駅・清川15:27/50=自転車・回収15:55=中原宅17:30=自宅18:00

地形図 厚木 上溝 SCH 602   行動時間 7 : 3 0

  平成 1 7 年   1 1 年前 に  歩いた コースです   久しぶり に  歩きたく なりました

  

  寺鐘橋を 渡り 左の 舗装路の 終点まで 行きます            金網扉を 通ります

 寺鐘橋 で  友 を  降ろし 私 は  道の駅・清川 に  車 を  デ ポ し 自転車 で  戻りました

 

    左の 木段を 利用 して すぐ 尾根へ 取り 付きます   展望の 良い 尾根です

   

     図根点の よう なのが ありました                  しょっぱな から 自然林で 気持ちが 良いです

         

                                        1 番目 の  アンテナ  標高 2 2 0 m

    

                                            2 番目 の  アンテナ    標高 3 0 5 m

   

                壊れた  鹿柵 が  出て きました   潜らず そのまま 歩いて行きます  

 

      NO255 煤ヶ谷高取山     山名版 は  ありませんでした

                   5 0 m  下ると  いよいよ  恐怖 の  急登 が  待って います

         

  恐怖 の 急登は  稜線まで  3 0 分 かかりました      3 段階 あります

  1 段階 は 足の 置き場 も  あり まあ まあ 安全に 登れました

   

                          この 大岩は 右から 回ると 安全でした        

  問題 は  2 段階目 です   足の 置き場 の ない 急登です

  つかむ  根っこも  少なく    1 ~ 2 歩 を 慎重に 動かし つかめる 所まで 体を 運びます

         この 繰り返しで 何とか 切り 抜け ました  

  

                                     1 9 才 の  若者達 は 力強く  

3 段階目 は   少しは  危険度 が   少なく なりましたが やはり まだ  すごい 急登です 

 

                                               稜線 に  出ました 

 命 を 張った 急登を こなした 後には  素晴らしい  縦走路 が  待って いました

 

 この 表示で 右の 尾根を 登ります                △522.1m 荻野高取山

        おおらかな 道 を 下り 穏やかに 荻野高取山 に  着きました    良い 感じです

   

   ロープ や  看板で  立ち入り 禁止 に  なっていますが   発句石まで 行って 良い 様です

             

                         発句石                                                  一 人  先客 が  おりました

 下荻野 の 俳人 が  華厳山 で  遊んだ 時  読んだ 歌 を  刻んだ  大岩だ そうです

 

                                                          発句石 の 様子

       発句石 まで 来て  よかったー   素晴らしい 所 です

        

                  発句石 の 様子                                        戻ります

 

     △522.1m 荻野高取山 に  戻って きました   素晴らしいですねー

 

      華厳山 で  昼食に しました 

      予定より 時間が  かかっているので 20分 で  済ませました

荻野高取山から 大平登山口 へ  下ると 言う 大勢の方々 に  出会いました

    荻野西山 登山 マップ が    各 山頂 ポスト に  入って おりました

 それを  参考 に  今度  大平登山口 や   大沢登山口 の コース に  行って みたくなりました

 

         素晴らしい 展望尾根 です                                経ヶ岳 へ   ロープ の ある 急下降 です

            

    経ヶ岳 へ   ロープ の ある 急登 です                           木の根 に  抱かれた   モミの木地蔵

 

                                            急登 を  頑張 って  経ヶ岳 へ                     

  

                                経ヶ岳・山頂                                                        

    

                                      経ヶ岳・山頂  直下 の  経石

  経石 は 弘法大師 が  煤ヶ谷村 で  華厳経 を  研究して

      その  写本を  山上 に ある 大石函 に  納めた ものだそ うです 

                        その  研究地 を  法論堂(おろんど) と  呼んだ そうです

 

                                      素晴らしい  展望 の 中 を   急下降 です

 

                                         美しい 展望 に 酔い  しびれ ます

       

                                         毎度  お馴染み の  半原越 です

  昭和 の 初期まで  煤ヶ谷 は  養蚕 が  盛んで   当時  糸の町 として  栄えた いた  半原 へ

     繭 を  背負って  この 峠 を  超えた 事 から  この 名が 付いた よう ですね

 

   きつい 木段 を  こなして   仏果山分岐 まで  きました

  ここから また  初めて の  コース です    果たして 予定通り 行けるで しょうか

 

                 素敵 な  下り です                                            土山峠 の 道標に したがって

      法論堂(おろんど)林道入口 は   標高 3 6 0 m が   目安 です

 

    立派 な  林道 に  降りました              3 0 m 位  先 が  法論堂(おろんど)林道入口 でした

 

                                                法論堂(おろんど)林道

         養蚕 が  盛んだった頃 繭 を  運ぶのに  使われていた 林道 の  ようです

 

          法論堂(おろんど)林道                              ゲート 何やら  階段 の  上 に 

 

                                               多数 の  石仏様 が  在りました

            昔の人が  繭 を  運ぶ   安全 を  祈願 したのでしょうか

 

                                                   道の駅・清川 の 愛車

   ぶらぶらと  道の駅・清川 に  帰り  自転車 を  回収して  帰宅 の 途 に  就きました

       ハード でしたが    展望 良し   変化 の  ある  登山道 で    素晴らしい  コース でした    

            友よ ありがとうー

           

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤野鷹取山~一ノ尾根~栃谷... | トップ | 北高尾山稜~高尾山ダイヤモ... »
最近の画像もっと見る