ひろこの山旅

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

宮城県  三方倉岳  オボコンベ山

2017-08-10 21:41:51 | ブログ

平成29年6月30日(金) 曇り 晴れ 少雨

三方倉岳 971.1m 

三方倉岳・駐車場4:16→ブナ平コース分岐4:24→水道施設4:32→柱状節理の岸壁5:36→

分岐6:16→三方倉岳・山頂6:20/25→6:32→シロヤシロコース分岐7:54→

ブナ平コース分岐8:14→三方倉岳・駐車場8:22/50

 地形図 作並   行動時間 4時間10分

 

                    トイレ も  ある  三方倉岳・駐車場 から  出発 です

 

                                    堰堤風 の 橋 を  渡り   川床 へ  降ります

 

                  ブナ平コース を  登りに  使い シロヤシオコース で  下山 します

    

      柱状節理の岸壁                    岩場登り

 

                  シロヤシロコース分岐

                      山頂 を   踏んだ 後   ここに 戻って きます

 

                                                                  三方倉岳・山頂

             1 8 年前 に  のぼった  大東岳 が  ちらりと  見えて います

 

                                                                                     面白い  花 ですね

 

                         三方倉岳 は 安心して 歩ける  山 ですので 心も 軽く です

  

                                                              遊歩道 を  歩いて

 

                                                      三方倉岳・駐車場 へ  戻ります

オボコンベ山 595m  (奇岩の山)

オボコンベ登山口9:35/45→尾根取り付き点10:59→マンモス岩11:40→オボコンベ山11:50

→林道(左へ)13:05→渡渉→車道13:14→オボコンベ登山口13:27/40=

秋保温泉共同浴場14:14/50=道の駅よねやま17:14

地形図 作並 今宿     行動時間 3時間45分

 

  今日 二つ目の山 オボコンベ山の 名の 由来は (おぼこをおんぶした形の岩)

 

                                   この  道標 が  尾根コース  の  入り口  です

          手ごわい  山 なの です        無理でしたら 戻ります

        我が会の  創立者が  とても  気に していた  山 なの です

         

           荒れた沢 を  アスレチック の  ごとく 歩いて 行きます

 

      もし 戻る 場合 ここは  登り返せないのではと  言う 所 も  ありました

 

                            必死に  赤フ を  追って 尾根取り付き点に  着きました

 

                                                山頂まで  迷うことは ありません

 

                             いよいよ   岩  が 出てきました

              

                      マンモス岩

         

                                  素晴らしい 景観  です

                                          岩稜帯を  嬉々と して 登って  行きます

 

                                         オボコンベ山・山頂 

                                     素晴らしい 展望 の 山頂 です

  

                                                山頂からは  垂直な  崖 下りです

         

            尾根道は 分かりやすいのですが

   平っぽくなってから 不安を  感じる 道と なりました

 

 ヤブもあり 何とか 地形図とにらめっこで 歩き切りました            最後の渡渉

  

  車で 通った 林道へ 出ました     何 の  印も  ありません 

 近くに 69の 電柱が   ありました  7 分 くらい でしょうか  車に 戻りりました

               不安 だらけ の 道中 でしたが 成功です   とても 嬉しいですー

 

 秋保温泉共同浴場で ゆっくり 汗 を 流し  ざわざわ した 心 を    静めました

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳仙丈山 鯨山 階上山 | トップ | 蛤山 青麻山 秋保大滝 二... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。