安らぎの里

ホッとすること・笑う事・泣くこと・前向きに考える事・・とうとう・・
日々つれづれなるままにつぶやいています。。

古文 徒然草パート2

2017-07-12 19:43:23 | 古文

徒然草をもう少しくわしく・・





 徒然草(つれづれぐさ)は鎌倉時代末期、1330年代あたりに
成立したとされるエッセイ。

全243段の内容は世俗への辛辣な批判からユーモア、
死生観にいたるまでさまざまあり、多岐多様である。

枕草子、方丈記とともに日本三大随筆といわれる。

作者は卜部兼好(うらべかねよし「吉田兼好」)。

京都・吉田神社の神職の子として生まれた。 
後宇多天皇に仕えたが、三十代の初め頃出家し、
仁和寺近くの双が丘に住んだ 

当時の和歌四天王の一人といわれ、二条派の歌人としても活躍した。
歌人であり、古典学者でもあり、能書家でもあった 。

序段
つれづれなるまゝに、日ぐらし硯に向かひて、
心にうつりゆくよしなしごとを
そこはかとなく書き付くれば、
あやしうこそ物狂ほしけれ

現代語訳
暇に飽かせて一日中、硯(すずり)に向かって、
思い浮かぶ どうでもいいことをつらつらと書き連ねていると、
妙にばかばかしくなってくるものだ。 


ではまた~~



『イラスト』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次男の絵  | トップ | 母の思い出 手作り人形 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。