せっかち歌仙・その36 芝刈りの巻

参加者=長者巻・紅蓮・晩菊・茶目猫・良流娯・逐電



発句.....芝刈りの草の香薫る隣家より   長者巻      
脇句.....家族がそろひバーベキューする  紅蓮      
3...........黄昏て何時か煙も消えるらん  晩菊    
4...........縁に持ち出す碁盤のセット  茶目猫     
5(月)...名月や勝って寂しき美少年  逐電   
6............俤残し引退の秋  良流娯    
(初折裏)
7............さわやかに笑顔を浮かべ走り去る  紅  
8............追いかけて真央尚追いかけて  長     
9............ラブコールすれど留守てふ電子音  茶     
10..........味気なきことこの世の習い  晩     
11...........気まぐれに野の花一つ光さす  良
12...........もっとと叫び文豪は逝き  逐   
13(月)..犬の目に淋しく浮かぶ寒の月  長 
14...........オオタカ啼いて空を飛び交う  紅    
15..........湖の真中の島へ舟を出す  茶   
16..........別荘いつしか本宅となり  逐   
17(花)..花明り心を癒す頼り甲斐  晩 
18..........鶯さがししばし足止む  良   
(名残折表)
19..........子どもらは素足になりて野に遊ぶ 紅   
20..........日が暮れてなお土管に潜む  長    
21..........ポケットにどこでもドアを忍ばせて  茶   
22..........モリカケ忖度謎の解明  晩   
23..........夏至の日に失せ物捜し浮かぬ顔  良    
24..........蛇蝎憩えるひまわりの影  逐    
25..........ガラパゴスひとは遠慮し片隅に  長   
26..........声聞くだけで幸せな瞬間(とき)  紅   
27..........時鳥郭公達も恋の唄  晩   
28..........井戸掘って知る地球の温度  逐   
29(月)..月光のひたひたと満つ水の底  茶   
30..........早朝たどる鹿の足跡  良    
(名残折裏)
31..........尾根に出で空を仰げばいわし雲  紅    
32..........真っ白な朝今日を祈る  長   
33..........何事も起こらず無事に日は西に  茶    
34..........明けて都民はやっと目覚めし  晩    
35(花)..花の色そこかしこ染む柔らかく  良   
36..........たにし身を巻け棚田の泥に  逐

<2017 年6月2日~7月4日>

コメント ( 52 ) | Trackback ( 0 )
« せっかち歌仙... せっかち歌仙... »
 
コメント
 
 
 
2句 (紅蓮)
2017-06-02 06:53:19
いつもは夫婦二人暮らしだが、久しぶりに子供たちが孫もつれてきたので、庭でバーベキューを楽しむ。初夏の風が、芝の香りを運んでくる。
 
 
 
Unknown (晩菊)
2017-06-02 11:39:39
3句目、

   黄昏て何時か煙も消えるらん。

       宜しくお願い致します。
 
 
 
4句 (茶目猫)
2017-06-04 17:55:38
縁に持ち出す碁盤のセット

宜しくお願い致します。
 
 
 
勝って寂しき (逐電)
2017-06-05 09:09:48
名月や勝って寂しき美少年

戦場の場面。馬上で斬り結んだ相手を斬り倒し、また勝ってしまったかと、名月を背に引き上げていく少年剣士。
熊本には美少年という酒があります。

また父ちゃんに碁で勝ってしまったと、父ちゃんの衰えにまた気づかされる次男。
 
 
 
6句 (良流娯)
2017-06-05 12:20:06
俤残し引退の秋

アランドロンが今年引退するらしいです。
時期は不明ですが。
 
 
 
7句 (紅蓮)
2017-06-05 14:43:46
今年リンクを去った浅田真央選手のイメージです。
 
 
 
8句 ()
2017-06-07 20:27:56
追いかけて真央尚追いかけて

恋の句ですから、許してください。
 
 
 
9句 (茶目猫)
2017-06-10 02:55:17
ラブコールすれど留守てふ電子音

よろしくお願い致します。
 
 
 
Unknown (晩菊)
2017-06-10 09:02:34
10句目

   味気なき対応なれど世の習い。

      宜しくお願い致します。
 
 
 
10句 (良流娯)
2017-06-10 21:17:45
晩菊さま
10句が長句になっています。
 
 
 
Unknown (晩菊)
2017-06-11 19:00:18
良流娯さん、紅蓮さん、
申し訳有りません。遅く成りましたが、10句目。

   味気なきことこの世の習い、

      訂正致します、宜しく。
 
 
 
11句 (良流娯)
2017-06-11 22:14:50
気まぐれに野花一つ光さす
 
 
 
良流娯さんへ (紅蓮)
2017-06-12 06:44:14
野花の季語は、いつでしょうか? 
多分ここは、春だとまずいと思うのだけど。
 
 
 
11句 (良流娯)
2017-06-12 15:46:50
季語ではないので雑の句として作ったんですが。
季語になるのかしら?
 
 
 
11句 (紅蓮)
2017-06-12 16:52:08
季語でないなら、このまま雑の句としてすすめましょう。
 
 
 
ゲオルグとは俺のことかとゲーテ言い (逐電)
2017-06-12 21:24:21
もっとと叫び文豪は逝き
もっとと叫び文豪は逝き

ゲーテがいまはの時に叫んだ言葉、もっと光を。


良流娯さん

前句の意味は、たくさんの野の花の中でたまたまこの一本に一条の光が当たっているという意味ですか。よくわからない。
 
 
 
もっと光を (逐電)
2017-06-13 04:46:23
第12句の投句は

もっとと叫び文豪は逝き

です。よろしくお願いします。

ゲオルグとは、はドイツの人名の日本語読みを皮肉った
川柳で逐電作ではありません。
 
 
 
失礼しました (紅蓮)
2017-06-13 07:04:44
なおしました。
 
 
 
逐電様 (良流娯)
2017-06-13 07:49:12
味気ない殺風景な部屋に、野の花を一輪さした情景です。そこだけちょっと明るくなっているという感じ。
 
 
 
11句 (良流娯)
2017-06-13 12:28:11
紅蓮様

私の句字足らずですね。野花を野の花にしてください。お願いします。
 
 
 
きまぐれに (逐電)
2017-06-13 12:44:27
良流娯さん。きまぐれに、が気まぐれにどうするのかと悩みましたが、わかりました。

鹿児島は曇天。
列島南下、気分急上昇とはいきません。
 
 
 
13句 ()
2017-06-13 17:17:13
犬の目に淋しく浮かぶ夏の月

よろしくお願いします。
夏の月は、夏の月しか言いようがないのでしょうか。
 
 
 
逐電様 (良流娯)
2017-06-13 18:06:13
でも読んだらすぐに誰にでも映像化できるような句を作るように心掛けた方がいいのでしょうね。

皆様
私事ですが10月12日から2泊3日で涸沢の紅葉を見にいく計画が上がっていて逐電さんの上京とかぶるなあと思っています。逐電さんの日程は変わらないと思いますが、こちらは変わる可能性もあります。でももしかすると残念なことに反省会に参加できないかもしれません。
 
 
 
14句 (紅蓮)
2017-06-13 20:56:43
良流娯さんへ
その時期の涸沢、すごいいい時期ですね。連休は混みすぎで、山小屋では夜寝られないほどだというけど、ちょっとずれてるから晴れれば素晴らしい紅葉が見られるでしょう。
ほかの人の都合がつけば、私は三宅島から出てきます。

長者巻氏へ、
春ならおぼろ月、冬なら寒の月ってあるけど、そういえば、夏の月にはそういう言葉はないのかしらね。

そして、14句、犬が寂しく空を見上げると、カッコウが気持ちよく飛んでいるのが見えたという句です。この場合、鳥が飛ぶのは、夜というより、明け方近くでしょうか。
 
 
 
Unknown (晩菊)
2017-06-14 09:17:51
すみません、長者巻さん、紅蓮さん、13,14は冬ではないでしょうか? 発句は夏ですから・・・。
 
 
 
長者巻氏へ (紅蓮)
2017-06-14 09:37:43
一応、配置表によると、晩菊さんが書いてくれた通り、冬の月になりますね。
でも、月の定座で、どこかに秋以外出せばいいので、夏の月でも間違ってはいないと思います。でも、長者巻氏は、配置表通りに詠むといってたので、もし冬の月に変えるようでしたら、14句も変えます。
 
 
 
Unknown (晩菊)
2017-06-14 12:50:14
そんなに拘ってません、ちょっと気になっただけですから進めて下さい。
 
 
 
一応待ってください (紅蓮)
2017-06-14 13:19:57
長者巻氏に、どうするか聞いていますので、もうちょっと待ってください。
 
 
 
15句 (茶目猫)
2017-06-15 03:41:00
遅くなりました。暫く開けていなかった間に色々盛り上がっていましたね。15句は雑句なので、一応以下に。

 湖の真中の島へ舟を出す

今日明日と娘のところへ行くので、句が変わるようならまた帰ってから修正します。取りあえずよろしく。
 
 
 
別荘 (逐電)
2017-06-16 05:12:48
別荘いつしか本宅となり


栄枯盛衰は世の常、あれ程羽振りがよかったのに本宅を手放し、別荘に住む。この男は落ちぶれてしまっても、この別荘暮らしが案外悪くないぞと意気軒高。
 
 
 
Unknown (晩菊)
2017-06-16 18:48:40
17句目

   花明り心を癒す頼り甲斐、

       宜しくお願い致します。
 
 
 
18句 (良流娯)
2017-06-16 20:57:40
鶯さがししばし足止む

近くの林でよく鶯がないています。
すぐ近くの木にいるようなのに、なかなか姿を見ることはできません。でもちょっと癒される時間です。
 
 
 
20句 ()
2017-06-17 07:52:13
日が暮れてなお土管に潜む

空き地に並ぶ土管
家に帰らない悪ガキ時代
 
 
 
21句 (茶目猫)
2017-06-20 23:53:50
遅くなりました。

ポケットにどこでもドアを忍ばせて
 
 
 
Unknown (晩菊)
2017-06-21 12:05:15
22句目

    モリカケ忖度謎の解明、

      宜しくお願い致します。
 
 
 
23句 (良流娯)
2017-06-21 17:47:58
夏至の日に失せ物捜し浮かぬ顔

車のキーを無くしてショックをうけています。
 
 
 
向日葵 (逐電)
2017-06-21 22:11:29
蛇蝎憩えるひまわりの影

きゃあ、
光っているキーの向こうにはトカゲがじっと動かない
 
 
 
25句 ()
2017-06-23 20:58:00
ガラパゴスひとは遠慮し片隅に

よろしくお願いします。
 
 
 
26句 (紅蓮)
2017-06-25 12:53:40
パソコンつながりました。良流娯さん、ありがとう。

ひところみんなが持っていた折り畳み携帯は、ガラパゴス携帯(ガラケイ)などといわれているが、声を聞くだけで幸せだという人たちには、これで十分。私は今もガラケイです。
 
 
 
Unknown (晩菊)
2017-06-25 16:30:16
27句目

   時鳥鶯達も恋の唄。

 梅採りの助っ人で、越生の山里へ今年も二週間
 通いましたが、鳥達の声に癒されました。
 
 
 
恋の季節 (逐電)
2017-06-26 13:02:56
鶯は前の句に出てきていて季節は春、時鳥は夏?。


恋の句では、季語になる言葉をだすのは構いませんか。その季語は自由に、恋が自由なように、入り乱れて自由にだして構いませんか。
 
 
 
晩菊さんへ (紅蓮)
2017-06-26 13:22:43
季語が出てくるのはかまわないと思いますが、ウグイスの春はまずいですね。ウグイスを、ほかの鳴き声のきれいな、春ではない鳥に変えられないかしら?
 
 
 
Unknown (晩菊)
2017-06-26 13:48:53
27句目、老鶯のつもりでしたが次の通り変更致します。

  時鳥郭公達も恋の唄、

  お手数お掛けしました、宜しくお願い致します。
 
 
 
あつい (逐電)
2017-06-26 19:55:58
井戸掘って知る地球の温度

井戸を掘る人は最後は3-5メートルもの下で、湧いて出た水に腰までつかりながら汗びっしょりです。井戸掘りは田舎では日常茶飯でしたので何度か見ましたが、それ位掘っただけでとにかく暑いのだそうです。
そう、恋の渦中にいるように断然厚い。
 
 
 
29句 (茶目猫)
2017-06-30 03:38:30
遅くなりました。以下に。

月光のひたひたと満つ水の底
 
 
 
30句 (良流娯)
2017-06-30 07:53:09
早朝たどる鹿の足跡

よろしくお願いします。
 
 
 
31句 (紅蓮)
2017-06-30 18:26:17
鹿の足跡を追いかけているうちに、尾根まで上ってしまった。頭上には、いわし雲がわいている。
 
 
 
32句 ()
2017-07-01 17:25:16
真っ白な朝今日を祈る

よろしくお願いします。
 
 
 
33句 (茶目猫)
2017-07-02 23:49:14
何事も起こらず無事に日は西に

よろしくお願い致します。
 
 
 
Unknown (晩菊)
2017-07-03 07:27:11
34句目、

   明けて都民はやっと目覚めし。

       宜しくお願い致します。
 
 
 
35句 (良流娯)
2017-07-03 08:47:03
花の色そこかしこ染む柔らかく

起きて窓から外を見ると、森も通りも
桜色。
 
 
 
春はアベックも (逐電)
2017-07-03 17:21:30
たにし身を巻け棚田の泥に


地表の営みに水中のぐるぐる巻きの営みもあって、ああ、春は皆静かに澄まして頑張っている、桜もたにしも人間もアベックも(おっとこう書くとアベックは人間と異なる生き物みたい)。

これにて歌仙ひとまずおしまい。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。