someday somewhere

いつかどこかで

瀬戸芸2016in本島 vol.1

2016-10-14 16:59:19 | 瀬戸芸
秋晴れです。絶好のアート日和です。

3年ぶりに本島へ上陸。

2度目ということでなんとなく土地勘が蘇ってきます。

2013年作品はとりあえず後廻しで遠くの作品から。

徒歩20分





143 産屋から、殯屋から(もがりや)


両墓制の墓に着目し生と死を見つめ、過去からの力を未来へとつなぐ場となるような作品

両墓制とは、遺体の埋葬と墓参りの用のため、故人一人につき二つの墓を用意すること。

ひとことで言ってちょっと気味悪く独特の空気感があります。

夜ひとりで行く勇気はないな。(夜は見れないんでしょうけど)


143から徒歩10分くらいでしょうか。

丸亀の著名な建築家斎藤正さん作品。

3年前はまだ建築途中でしたけれど。





146 善根湯×版築プロジェクト

なにかわかりません。

多数の建築雑誌に紹介されてますので、(新建築とか)そちらでどうぞ。


おまけ



空と海の間には、鷲羽山ハイランド

30年くらい前に行ったっきり。まだあるんだ。




つづく





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見上げてごらん | トップ | 瀬戸芸2016in本島 vol.2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。