【KTF】小熊山古墳・築山古墳(石棺様)ファンクラブ【KTF】

大分市本神崎にある築山古墳と、杵築市狩宿にある小熊山古墳を愛し、卑弥呼の墓だと応援する人のためのサイトです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小熊山古墳史跡指定

2017-05-04 10:33:22 | 日記
うれしいことに、昨年(2016)の11月18日に杵築市の小熊山古墳が史跡に指定されました。
以下のURLは杵築市役所のホームページです。
http://www.city.kitsuki.lg.jp/soshiki/24/kogumayamaotouyama.html
史跡というものがどういうものなのかはよく分かりませんが、考古学上重要な古墳であると認められたということに変わりはありません。
今後本格的な調査が実施されることを切に願います。ホームページ上では小熊山古墳の築造年代について以下のように書かれています。

/////小熊山古墳は、墳長116.5mの大型の前方後円墳【ぜんぽうこうえんふん】で、古墳時代前期前半(3世紀後半から4世紀初頭)に築かれたものです。九州では、最古級の円筒埴輪【えんとうはにわ】が出土しました。当時の政治的中心であった畿内から地域にひろがった埴輪祭祀【はにわさいし】の、九州での展開状況を知ることができます。/////

3世紀後半という部分はだいたい250年~290年頃かと思われます。卑弥呼は魏志倭人伝の248年の記事を最後に消息を絶っているので、おそらく248年以降に死亡したものと思われます。正確な年代は分かりません。
卑弥呼の死後すぐか、死後数十年(250~310ぐらい)の間に作られた古墳であるということになります。

卑弥呼が死んでから古墳が作られ、何年かかかったとすれば、年代的には十分可能性はあると思いませんか。
『大分県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファンクラブ設立のお知らせ... | トップ | 邪馬台国は豊後国にあった!? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。