東京シダ日記

僕が、散策して見つけたシダや亜熱帯植物の越冬などを紹介しています。新聞の取材も受けたオタクです。

9a -4℃以下の地域でみた熱帯植物

2017年02月21日 | 屋外で見た亜熱帯植物

久しぶりです。

私の住んでる地域は、氷点下4度になる事も珍しくありません。

しかし、そこでも越冬している熱帯植物をみます




<軒下植栽>



アオノリュウゼツランとアロエ

軒下に植栽されていて、乾燥気味な土壌がと保てるのが良いのだと思います。

軒下に植えられたホンコン・カポック

本種は、昔はやったがよく放置されるがこの個体は寒い地域のためか軒下に植栽されている。

ユッカ、ドラセナドラゴ、リュウセツランetc....

ここも、軒下で周囲が交通の多い道路沿いやコンクリート熱で暖かく、おしゃれな店先の植えこみ。。

軒下に植栽されたシュロチク ディズニーシーで撮影

本種は生育適応が広く、霜害をさけられればこのように無機質になりがちな部分にも活用でいる。

壁沿い植栽

温室の壁近くに植栽されたベロペロネ

本種は元もと丈夫ですが、温室近くの暖気や周りの植栽により越冬可能になっています。

建造物近くのワシントンヤシ モドキではないので幹は太い

建造物に近いので寒風にあたりにくいので限界温度-5℃になっても越冬している。


壁沿いに植栽されたアロエ・ベラ




壁沿いで寒さから守られ、周囲が砂利で敷かれているのでマルチング効果で氷点下4度の地域でも越冬している。


壁沿いで越冬するコルジリネストレクタ

ここは、寒くもろに雪をかぶる地域だが、位置が良くちょうど周囲の建物にもかこまれ北風が当たらないのが良いのだろうか。

沿いで生育するクワズイモ




本種は室戸岬が北限と言われていたが、ここ-3度で積雪のある地域でも越冬している



<応用編+a周囲の植栽により霜害回避>

地植えされたムラサキツユクサ


本種は、丈夫な地下茎を持つので、軒下で霜害回避などしなくてもよい。しかし、マリチング(保温効果)を考慮すべきである植栽の茂みを利用が有効策
このムラサキツユクサは、ツツジが周りの霜などからふせいでくれているから越冬しているのだろうか。

公園内の生垣近くのシュロチク -4℃地域





近くの生垣が防風林のような役目をしているのだろうか、それでもはは2月には霜害をうけるが越冬可能。

建造物の間に植栽されたシャフレラ

日当たり、交通量の多い道、コンクリ蓄熱と好条件であるためか霜害もすら見られない。ここは-4℃近くか以上に冷え込むのだが。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南房総 熱帯植物越冬 | トップ | ブーゲンビリア 越冬状況 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。